お金の知識

宝くじの当選確率は?「愚か者に課せられた税金」と呼ばれる宝くじの真実

どーも!たろー(@taro01com)です!

 

僕は「宝くじ」っていうものを一度も買ったことがないです。

どうせ当たらないと思ってるし、そんなもの買うのにわざわざ列に並ぶなんて、時間とお金の無駄だと思ってるから。

そして最近、お金に関する勉強をしていて、宝くじの裏側というか、「宝くじの真実」について知りました。

それを知って、宝くじを買わないという僕の選択は合理的だったんだなと実感しています。

 

ほとんどの人が知らないけど、絶対に知っておくべき「宝くじの真実」について。

その内容について書いていきます。

 

宝くじの還元率は”約45%”

あなたは、宝くじの「還元率」ってどのくらいか知っていますか?

 

なんと、たったの約45%なんです。

 

わかりやすく言うと、1万円分の宝くじを購入したら5,500円は運営に持っていかれて、残りの4,500円を購入者の当選金として再分配する仕組み。

競馬の還元率が「約74%」、パチンコの還元率が「約85%」なので、そういったギャンブルよりも遥かに低い還元率なんです。

つまり、宝くじって超タチの悪いギャンブル。

 

「宝くじを買う」ということは、1,000円入れたら450円になって出てくる両替機に喜んでお金を入れているのと一緒なんです。

これがいかに暴力的な還元率かわかりますよね。笑

 

宝くじの別名:「愚か者に課せられた税金」

宝くじってどこが運営してるか知っていますか?

 

実は「地方自治体」が運営しています。

 

つまり、運営に持っていかれる55%は「税金」を払ってるのと一緒

残酷な表現として、宝くじは愚か者に課せられた税金とも呼ばれているんです。

宝くじは、この事実を知らない人から購入金額の55%ものお金を巻き上げられるので、国にとってはとっても都合が良い仕組みなんですね。

 

あなたも「愚か者」にならないために、この事実は絶対に知っておいてください。

 

宝くじは「資産運用」や「お金儲け」のために買うものではない

こうやって考えると、宝くじを「資産運用」や「お金儲け」のために買うのは、はっきり言って馬鹿です

文字通り「愚か者」になってしまっています。

お金を儲けようと思って、450円が出てくる両替機に1,000円札を入れないですよね?

 

宝くじを買うなら「夢を買う」ことにお金を払うつもりで

だけど、宝くじを買うことを全否定するわけじゃないです。

  • もしかしたら3億円が当たるかもしれない…!

その「ワクワク感という体験」にお金を払うという考えなら、合理的じゃないにしても健全かもしれません。

 

まとめ

ほとんどの人が知らない「宝くじの真実」について、理解してもらえたでしょうか?

 

  • 「宝くじ」を購入するお金は、暴力的な還元率で国に搾取されています。
  • それを知っている人からは、宝くじは「愚か者に課せられた税金」と呼ばれています。

 

宝くじを買うことを全否定するわけではないですが、

「宝くじを買うという行為によって、自分が何をしているのか?」、その本質を知ることは非常に大切です。

たろー
たろー
まぁ、僕は今後も絶対に宝くじは買わないけどね!

>>次に読む記事はこれ!

お金・金融・投資の知識を学ぶために初心者必読のおすすめ本14選!

ABOUT ME
たろー
平成元年生まれの会社員ブロガー! 100人規模の社会人サークルを2つ運営してたりもします。 ブログ運営について、サークル運営について、大好きな動画配信サービスを中心に発信しています。
関連記事