世の中への考え

残業100時間が当たり前な人に警鐘!残業代より大切なものを考えよう!

どーも!たろー(@taro01_com)です!

 

あなたは普段、どれくらい残業をしていますか?

毎日何時間も残業することが当たり前になってしまっていませんか?

 

たろー
たろー
僕は、みんなもっと残業を減らして自分の時間を増やすべきだと考えています。
そして残業を当たり前だと思っている人に警鐘を鳴らします。

今回は、そんな残業についてのお話です。

 

まず大前提として、どうしても仕方ない残業があることは理解できます。

突発的かつ緊急の仕事が舞い込んできたり、業種ごとに繁忙期があったり。

そうではなく、「残業するのが当たり前だから残業する」といったような、

残業することが当たり前になってしまっている「思考停止状態」の人に警鐘を鳴らします。

残業代なんかより、もっと大切なものに気付いてほしい。

 

どうして無駄な残業をしてしまうのか?

残業することを前提に仕事をしている

多くの日本人は残業することを前提に働いています。

日本人
日本人
定時までに仕事が終わらなければ、残業すればいいや。。。

だから常に集中力のない状態だし、効率も悪くダラダラと仕事をしてしまっています。

定時に帰るのは無理だとしても、

  • 残業は1時間以内にする
  • 遅くとも19時には帰る

など、

自分なりに退社時間の目標を決めてその時間にちゃんと帰る習慣を作った方が、メリハリをつけて仕事ができるのは明らかです。

 

残業して長時間働く人が偉いというあきれた勘違い

残業して遅くまで働いている人は頑張ってて偉い!仕事ができる!

こういう考え方をしている人ってすごく多いなーって感じますが、はっきり言います。

 

たろー
たろー
仕事はかけた時間じゃなくて、中身だよ。勘違いしないようにね。

遅くまで働いてる人が偉いなんていうのは、ただの精神論、根性論です。スマートじゃありません。

 

ましてや、定時にキッチリと仕事を切り上げて帰る人を「仕事ができない能無し」と勘違いしちゃう人までいますが、

定時に帰る要領がいい人からすると、毎日遅くまでダラダラ残業している人の方が圧倒的に能無しです。

「どうやったら仕事を効率化させて、残業を少しずつ減らしていけるか」ということを考えられていない証拠だから。

 

たろー
たろー
客観的に考えると、毎日ダラダラと残業しているのは、「私は要領が悪くて仕事ができない人間です」とアピールしているようなものなんです。

残業して当たり前の社風の会社だから、自分だけ残業しないわけにはいかない

これはまぁわかります。

なんたって僕が前に勤めていた会社もそうでした。

でも、そういう考え方の会社って超古くてもはや時代に合ってません。

そういう会社に勤めていると、あなた自身も感じているはずです。

でも、転職をするなど自分を変えるための一歩を踏み出す勇気が出ず、その環境に甘んじてしまう。

若いならなおさら、その会社とあなた自身がじり貧になる前に行動するべきです。

たろー
たろー
他人のせい、環境のせいにして逃げ続けて損するのはあなた自身です。他人と環境は変えられないんだから、自分が変わる努力をするべき。

残業代がないと困る

残業代のために残業をするなんて本末転倒もいいところ。

もっと長期的に考えて、残業を減らして空いた時間で自己成長につながる勉強や副業をした方が合理的です。

たろー
たろー
AIに人間の仕事が奪わていくということがしきりに叫ばれていますが、残業代のために残業しているような人材は真っ先に仕事がなくなっていくでしょう。

 

残業を減らすとできること

自分が本当にやりたいことができる

本当はやりたいことがたくさんあるけど、いつも仕事が遅いから我慢していることってたくさんあると思います。

趣味に没頭したり、スポーツをしてリフレッシュをしたり。ゲームやマンガだってその一つかもしれません。

メリハリをつけて働いて無駄な残業時間を減らせば、自分が本当にやりたいことをする時間を作ることができます。

時間は残業代じゃ買えません。

 

自己投資ができる

今の時代は、会社での仕事の能力しかない人は人材価値が低いです。

それはほとんどその会社でしか通用しない能力であって、もしその会社が潰れたらほとんど活かすことができない能力になります。

つまり、普段は考えもしないですが、1つの会社で働くための能力しかない人は人生の選択肢がかなり狭まった状態で生きていることになります。

残業時間を減らすことによって、自己成長に繋がる勉強をしたり、副業を始めたりする時間が生まれます。

長い目で見たら、夜遅くまでずっと会社の仕事をしているよりも、そっちの方が確実に成長できます。

 

大切な人と過ごす時間が増える

残業を減らして早く家に帰るようにすれば、恋人や家族や友達などの大切な人と過ごす時間を増やすこともできます。

それは残業代でお金を稼ぐことよりも、ずっと価値のあることのはずです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

当たり前のように残業をしてしまっている人に、なにか気づいてもらえるポイントがあったらうれしいです。

もちろん価値観も仕事も人それぞれで、僕のように極端に考えるのは難しい人もたくさんいると思います。

客観的な考え方の1つとして参考にしてもらって、思考停止にだけははならないで欲しいと願っています。

 

  • 具体的にどうしたら効率よく仕事をして残業を減らせるのか?

そんなことが気になったあなたは、こちらの記事も読んでみてください。

>>次に読む記事はこれ!

要領が悪い人必見!要領がいい人の13の特徴!

ABOUT ME
たろー
平成元年生まれの会社員ブロガー!副業で年間100万円以上を稼いでいて、脱サラ&フリーランスを目指しています。仕事の傍ら、100人規模の社会人サークルを複数運営してたりもします。さらに収入を増やすべく、全力でブログ運営中。