世の中への考え

副業禁止の会社は超時代遅れ!そもそも副業禁止は法律的に違法!?

どーも!たろー(@taro01_com)です!

 

僕は会社員としての仕事以外にも、いくつかの副業を行っています。

そして、会社以外からの副収入が年間100万円以上あります。

 

そんな僕だからこそ、説得力を持って世間に言いたいことがあります!

たろー
たろー
副業禁止」って言ってる会社は超時代遅れ!時代錯誤もいいところ!

副業禁止を謳っている会社はまだまだ多いですが、そんな世の中を批判していきます。

 

副業禁止が時代遅れな理由

「副業禁止」がどうして時代遅れなのか?

まずは、僕がそう主張する理由を説明していきます!

 

激変の時代に突入し、過去の常識が崩れ去っている

あなたも気づいている通り、高度経済成長時代やバブルの時代を生きていた世代の常識と、僕ら若者の世代の常識は全く変わっています。

たとえば、昔は「終身雇用制度」のもと、1つの会社で定年までずっと勤め上げることが常識でした。

その常識のもと、会社員としてひたむきに働くことが「安定」でした。

特に大企業に勤められたら一生安泰だと。

 

でも現代はそんな常識は崩れ去り、「終身雇用」なんて存在しなくなりました。

世の常識が次々と変わっていく、変化が激しい時代に突入しています。

※時代が変わった最大の要因は「情報化・IT化」と「グローバル化」だと思うけど、その話は長くなるから別の機会に!

大企業の経営悪化によるリストラや、粉飾決済、外資企業への売却なんていうニュースがバンバン飛び交っています。

東芝やシャープのニュースなんて、記憶に新しいですよね。

つまり、大企業だろうと何だろうと、大企業に勤めているだけで「安定」という時代は終了しているんです。

 

たろー
たろー
そういうことをちゃんと考えずに、今でも大企業に勤めることが安定だと思ってる人が多いです。目を覚ますんだ!

そんな時代においては、なにが本当の意味での「安定」か?

そんな激変の時代に、僕が考える本当の「安定」の意味は2つあります。

 

1.個人の能力を高めること

ひとつは、会社に依存しなくても生きていける能力を身に付けること

たとえ勤めている会社から突然リストラされようと、個人で収入を得られたり、転職に困らない能力を身に付けておくことです。

 

2.複数の収入源を持つこと

もうひとつは、会社の給料だけではなく複数の収入源を持つこと

予期せぬできごとが起きてひとつの収入源がなくなったとしても、他の収入源があれば路頭に迷うことはありません。

他の収入源があれば、会社に依存しなくても良くなって余裕が生まれますよね。

 

たろー
たろー
おわかりですよね!この現代の「安定」を得るためには、副業が必須なんです!

そもそも、副業で収入を作れるくらいの思考力と行動力を持った人間の方が使える

会社ってなによりも使える人材を求めているはずです。

  • 会社に依存しているだけの人材
  • 高い思考力と行動力を持ち、副業でも収益をあげている人材

このどちらが会社にとって有能な人材でしょうか?後者なことは明白です。

 

時代の変化を見抜いている賢い企業は副業を認めている。副業奨励も。

最近は副業を認めている企業が増えています。

現代を象徴する企業のサイバーエージェント、ビズリーチ、サイボウズや、

リクルート、ロート製薬などの有名企業も副業を認めています。

さらには、エンファクトリーという企業は「副業禁止」どころか「専業禁止」を謳って副業を奨励しています。

 

時代の変化を見抜いた賢い企業は、このように副業をどんどん認めています。

その方が優秀な人材が確保できることを理解しているんですね。

 

たろー
たろー
僕が副業禁止」の企業は超時代遅れだと主張している意味が理解してもらえたかと思います!

副業を禁止される側のデメリット

そんな時代だっていうことを見抜いているからこそ、僕も副業をしています。

  • 副業ができいということに、どんなデメリットを感じているのか?
  • あなたがもし副業禁止の会社に勤めているとしたら、どんなリスクを負っているのか?

それを説明していきます!

 

収入を増やすのが難しい

冒頭でも言ったとおり、僕は副業で年間100万円以上の収入を作っています。

会社での年収を100万円上げようと思ったら、めちゃくちゃ難しいですよね?

特に僕はコミッション性(成果を出した分だけ給料が増える仕組み)が低い会社に勤めているので、年収を100万円増やすために何年かかるかわかりません。

会社の年収を100万円増やすより、副業の収入で100万円作る方が絶対に簡単です。

現にやっている僕が言うんだから間違いありません。

 

たろー
たろー
収入を増やすために一番簡単な手段である「副業」を禁止されるっていうのは、かなりのリスクだということに気づきましょう!

万が一の時のリスクヘッジができない

副業ができないということは、なんらかの理由で会社の仕事を辞めなければならくなった時に収入がゼロになるということです。

そんなときに、守るべき家族がいたらどうするんでしょうか・・・?

 

たろー
たろー
そんなリスクは負いたくないから、もし会社に副業を辞めろなんて言われたら、僕は間違いなく会社を辞める道を選びます!

副業をするメリット

言わずもがななところも多いけど、副業をするメリットについても解説していきます!

 

収入を増やせる

これが一番単純だけど一番大きいメリットですね!

さっきも言ったとおり、

会社の年収を100万円増やすより、副業の収入で100万円作る方が絶対に簡単です。

 

複数の収入源を持つことができる

副業によって複数の収入源を持つことによって、会社に依存しないで生きていくことができます。

さっき説明した、現代における本当の意味での「安定」を手にすることができるんです!

他人や環境に依存せずどんな状況でも大切な家族を守りたいと思うから、僕は今から副業で稼ぐ力をつけています。

※まだ結婚はしていません。そういう意味での大切な家族はまだいません。笑

 

経験やスキルが身に付く

どんな副業をするにしろ、それを通じて経験やスキルが身に付きます。

たとえば、このブログでの情報発信を通じて僕はこんなスキルを磨いています。

  • 文章力
  • 思考力、それを論理的に相手に伝える能力
  • ブログにアクセスを集めるための知識(SEO、マーケティング)
  • アクセスや収益の分析力 など
たろー
たろー
会社の仕事以外は何もしていない人と比べて、はるかに多くの経験を積んでいる自信があります!
※まだまだだけどね!

仕事にも活かせる

そしてそういった経験やスキルは、確実に仕事にも活きてきます。

 

たろー
たろー
副業での経験が会社への貢献に繋がるんだから、なおさら会社が「副業禁止」にするのはおかしな話です。

会社が副業を禁止することって法律的に違法なんです!

「副業禁止」はなんと憲法違反!

「副業禁止」っていうルールがいかに時代遅れかはわかってもらえたと思いますが、

そもそも論として、会社が社員に「副業禁止」を強制するのって法律違反なんです。

これは意外と知られていない事実です。

※僕もこの記事を書くために調べて知ったっていうのは内緒です。笑

どんな法律を見ても、会社が社員に対して副業を制限することができるという法律はないんです。

むしろ我が国の最高の法律である憲法では「職業選択の自由」が認められていて、「副業禁止」はこの憲法に違反します。

副業禁止っていうルールは会社の就業規則の中にだけ存在するもので、それは法律上許されていません。

 

念のため、副業禁止の規則が有効になる場合もあるよ。

誤解がないように念のために伝えておくと、

いくら憲法で職業選択の自由が守られているといっても、裁判とかになった場合に会社の就業規則の副業禁止規定が有効になる場合もあります。

 

1.疲労などで本業に悪影響を及ぼす場合

副業が長時間に及び、睡眠時間が減って疲労がたまって、本業に悪影響を及ぼす場合はNGです。

2.副業が本業と競業する場合

本業の競業となって、顧客や市場を取り合う副業を行うことはNGです。

3.副業の内容が本業の会社のイメージを損なう場合

マルチ商法や公序良俗に反する内容、反社会的勢力と関わるような副業は、社会通念上NGです。

 

まとめ

副業禁止というルールがいかに時代遅れで非合理的なものか、ご理解いただけたと思います。

もしあなたの会社も副業を禁止していたら、将来的にも本当に信頼して勤めていていい会社なのか、一度考えてみてください。

会社が急に潰れたけど、副業もしてこなかったから収入が一気にゼロ!稼ぐ能力もない!

そんなふうに万が一の時に困るのはあなたです。他の誰もあなたのために考えてくれる人はいません。

 

そして副業に興味を持ったあなたには、ぜひブログ運営などのネットビジネスを始めることを強くお勧めします!

たろー
たろー
下の記事を読んで、ネットビジネスへの一歩を踏み出してみてください!

>>副業に興味を持ったあなたが次に読む記事はこれ!

2018年最新】ブログやネットビジネス初心者必読のおすすめ本14選!

 

ABOUT ME
たろー
平成元年生まれの会社員ブロガー!副業で年間100万円以上を稼いでいて、脱サラ&フリーランスを目指しています。仕事の傍ら、100人規模の社会人サークルを複数運営してたりもします。さらに収入を増やすべく、全力でブログ運営中。