ライフハック

忙しい人ほど返信が早い!?デキる人はクイックレスポンスが常識。

どーも!たろー(@taro01com)です!

 

最近、堀江貴文さんが書いた「多動力」っていう本を読みました。

 

 

ちなみに僕は堀江さんが大好きです。

周りに流されず、本質を突いた考えができる人をすごく尊敬します。

 

それで、この本もすごく興味深くて面白く読んでたんだけど、途中でこんなフレーズがありました。

 

 

忙しいほど返信が早くて、暇な人ほど返信が遅い。

 

 

たろー
たろー
めっっっっちゃわかる!!!

 

わかる、わかりすぎます。笑

 

共感しすぎて西野カナばりに震えたので、これについて僕の考えを書いていきます。

 

忙しい人ほど返信が早い?

普通に考えたら、忙しい人ほど返信が遅そうですよね。

 

まず、「忙しい人」には2種類のタイプが存在します。

  1. 自分の意志で行動して自ら仕事を作り出す「能動的に忙しい人
  2. 上から指示された仕事をひたすら処理していくだけの「受動的に忙しい人

 

確かに、「受動的に忙しい人」は返信が遅いです。

 

でも「デキる人」というのは、すべからく「能動的な人」です。

そして「能動的に忙しい人」は、返信が早いです。

 

「能動的に忙しい人」は返信が早い理由

時間の貴重さを知ってる。

能動的に行動する人は、やりたいこと、やるべきことが次々と思いつきます。

そのため、ちょっとした時間でも大切にして効率的に物事を進めていきます。

能動的な人にとって、時間はとても貴重なものなんです。

タイムイズマネーです。

 

自分の返信が遅いと、他人の時間を奪ってしまうという自覚を持っている。

そして自分の時間の貴重さを知っているからこそ、他人の時間も自分事のように貴重に感じることができます。

自分の返信が遅いせいで、

「仕事を止めてるんじゃないか?」「予定が立てられないんじゃないか?」

そんなふうに心配になります。

だからこそ、クイックレスポンスになるんです。

 

返信が早い方が信頼されることを知っている。

あなたが誰かに確認や質問の連絡をしたときに、

  • すぐに返信をくれる人
  • 翌日にようやく返信をくれる人

どちらが信頼できると感じますか?確実に前者じゃないでしょうか?

 

考えてみれば当たり前のことだけど、能動的な人はその本質をちゃんとわかってます。

だからこそ、「デキる人」は信頼されて慕われるんです。

 

早く返信した方が、人を使えるから効率的になる。

例えば1つのプロジェクトを進めるときに、

メンバーや取引先からの確認連絡に早く返信すれば、相手はそれを了解してプロジェクトでの役割を進めてくれます。

デキる人は、自分のタスクを進めつつメンバーも円滑に進められるように配慮することで、結果的に自分にメリットがあることを理解しています。

 

能動的な人ほど「めんどくさい」の本質を理解している。

能動的な人は、めんどくさいことを保留にしておくと、めんどくささが倍増するという本質を理解しています。

臭い物にフタをしても、どんどん臭くなるだけです。

あとで処理するときに、余計に臭いものを処理しなきゃいけないハメになります。

 

また、めんどくさいことを保留にしているとこんなデメリットもあります。

  1. 頭の片隅に「早く返さなきゃ」という意識が残って、ストレスになる。
  2. 返信すること自体を忘れてしまうリスクもある。
  3. 返信が遅いと相手の意思決定がストップしてしまう場合もある。

 

めんどくさいことを放置していても何ひとつ良いことなんて無いんだから、

早く処理するのが結果的に一番楽なんです。

 

というか、そもそもシンプルに考えれば分かる。

そもそも、「返信が遅くて良かった!」って思うことってないんじゃないでしょうか?笑

少なくとも、僕の経験上は一度もないです。

 

能動的な人が返事をすぐに返すのに、もはや理由なんてないんです。

返信を保留にしたところで後で答えが変わることなんて滅多にないんだから、そもそももったいぶる必要がないってことです。

 

「受動的に忙しい人」は返信が遅い理由

どうやったら効率化できるかを考えない。

受動的な人は仕事を「こなしていく」だけなので、どうやったら効率化するかを自ら考えません。

だからこそ毎日ダラダラと残業して、結果的に連絡に返信する時間もなくなります。

まさに「受動的に忙しい」状態です。

 

返信が遅い方が忙しくてカッコいいと勘違いしてる。

返信が早いと暇と思われてカッコ悪いんじゃないか?

本質を見誤ってる人は、こういう思考に陥りがちです。

 

それは忙しいんじゃなくて、忙しぶってるだけです。

「ファッション忙しい」なんです。笑

 

「忙しい忙しい」って言ってる人は、デキる人から見たらぶっちゃけ要領の悪いカッコ悪い人です。

 

安倍総理でも、1日に1回くらいはLINEを確認して返信するくらいの時間はあるよきっと!!

 

時間の貴重さに気付いていない。

そしてファッション忙しい人は、日程調整とかの連絡をよく放置します。

そしてこの最大の問題点は、当人に悪気がないことです。笑

他人の時間の貴重さを理解できず、逆に自分がされてもストレスを感じないくらい暇人なんだと思われるから気をつけましょう。

 

まとめ

忙しい人ほど返信が遅いと思いがちだけど、実は全くその逆なんです。

デキるタイプの忙しい人ほど、時間の貴重さを知っているから返信が早いんです。

 

あなたは「忙しい」が口癖になって、連絡を遅らせる癖がついてしまってませんか??

この記事の内容をしっかり理解して、「ファッション忙しい」を卒業しましょう!!

 

※ファッション忙しいって言葉流行らないかな。笑

 

<関連記事⇒要領が悪い人必見!要領がいい人の13の特徴!>

 

ABOUT ME
たろー
平成元年生まれの会社員ブロガー!副業で年間100万円以上を稼いでいて、脱サラ&フリーランスを目指しています。仕事の傍ら、100人規模の社会人サークルを複数運営してたりもします。さらに収入を増やすべく、全力でブログ運営中。