ライフハック

ネガティブな人は「後悔」する、ポジティブな人は「反省」する。

どーも!たろー(@taro01_com)です!

 

あなたは何か失敗をしてしまったときに、どのよう向き合いますか?

 

以前の記事にも書いた通り、

「ネガティブな自己嫌悪に陥る」とか、「ただ楽観的に考える」というのは、

あなたの人生にとって決してプラスにはなりません。

<関連記事:ポジティブシンキングってそもそも何なのか、超詳しく解説してみた。>

 

もちろん過去の失敗に対してはちゃんと向き合わないといけないけど、

その「向き合い方」を間違えると、物事はどんどん悪い方向に進んでしまいます。

 

では、過去の失敗に対する正しい向き合い方とはどんなものなのでしょうか?

 

「後悔」と「反省」の違い

簡単な失敗例を交えて考えてみましょう!

【例】

ネットショッピングで2万円もする服を買ったけど、

いざ届いてみるとサイズがちょっと合わないし、デザインも思ってたのと違うなぁ…

返品もできないし、2万円が無駄になっちゃった…

こんな時に、あなたはどう考えますか?

 

ネガティブな人は「後悔」する

ネガティブな人は、こういう時に「後悔」します。

ネガティブさん
ネガティブさん
あぁ、やっぱり買わなきゃよかった…
購入ボタンを押した5分前に戻りたい…

そして一日中そのことで後悔して、うじうじしています。

下手したら3日くらい引きずってます。

 

でも、果たして過去の自分を責めて悩み続けて、

なにか意味があるでしょうか?そこからなにか生まれるでしょうか?

 

ことわざって本当によく言ったものです。

「覆水盆に返らず」

 

起こってしまったことは仕方がないんです。

これ、本当に大事です。

起こってしまったことは仕方がないんです。(2回目)

 

後悔し続けて失敗が帳消しになるのであれば、後悔し続けるべきです。

寝る間も惜しんで後悔するべきでしょう。

でも現実はそうなりませんよね?

であれば、後悔をするって時間の無駄でしかないんです。

 

ポジティブな人は「反省」する

ポジティブな人は、こういう時に「反省」します。

ポジティブさん
ポジティブさん
やっぱり服は試着しないとダメだなぁ。
これを教訓に、今度からは面倒でもお店でちゃんと試着してから買おう!
ちょっと高かったけど、2万円はこの勉強料だと思おう!

つまり、失敗が教訓として未来に活かされるんです。

 

もちろん、多少の「やっちゃったー」という感情は持ちますが、

いつまでもそうしていても時間の無駄だということを知っているから、そこからどうするかを考えることに時間を使います。

 

「後悔」と「反省」違い

「後悔」と「反省」は一見似ていますが、全く別のものということがわかったと思います。

その違いを端的に表現するとこうなります。

後悔=失敗を失敗のままで縛りつけること。

反省=失敗を未来へのエネルギーに転換させること。

後悔するだけのネガティブな人は、同じ失敗を何度も繰り返します。

なぜなら、悩んでうじうじするだけで、失敗が全く次に活かされないから。

それどころか、後悔ばかりしていると失敗を意識しすぎるあまり、それが恐怖心となり新しいことに挑戦できなくなってしまいます。

 

一方、反省するポジティブな人は同じ失敗を繰り返しません。

失敗にくよくよせず、それを教訓にして次の行動につなげます。

もちろん失敗をしなくなるわけではありませんが、次に経験する失敗は一歩レベルが高いものとなっています。

そうやってどんどん高みに登って成長していきます。

 

ポジティブで素晴らしい人生を送るためには、この言葉を心に刻んでください。

たろー
たろー
後悔するな、反省しろ!!

 

ABOUT ME
たろー
平成元年生まれの会社員ブロガー!副業で年間100万円以上を稼いでいて、脱サラ&フリーランスを目指しています。仕事の傍ら、100人規模の社会人サークルを複数運営してたりもします。さらに収入を増やすべく、全力でブログ運営中。