サークル運営

大学生はサークルに「入る」のではなく絶対に「作る」べき5つの理由

どーも!たろー(@taro01com)です!

 

僕は全大学生に言いたいことがあります。

めっちゃいきなりだけど、言いたいことがあります!笑

たろー
たろー
あなたはサークルに入っていますか?
入ってるなら、そんなことしてないで自分でサークル作りなよ!!
たろー
たろー
なに?サークルに入ってない?
・・・そんなことしてないで自分でサークル作りなよ!!笑

こいつムカつくって思ったそこのあなた、ちょっと待ってくださいw

僕はちゃんとした理由があって、こんなことを言ってますよ!

 

まず、僕は自分の人生を充実させるために、自分のコミュニティ・サークルを作ることを強く推奨しています!

<関連記事⇒自分のコミュニティやサークルを作ると「人生の主人公」になれる?>

<関連記事⇒あなたのコミュニティやサークルを作ると人生が充実する8つの理由>

 

たろー
たろー
そしてこれは大学生にも・・・
というより、大学生にこそ強く推奨したいです!

大人が「学生時代に戻れたら…」とか後悔するのは、よく聞く話ですよね。

僕はもうすぐ28歳ですが、大学生に戻れたらやりたいことはサークルを作る事です。

めちゃくちゃメリットあると思ってるから。

そして今まさに大学生のあなたには、そのメリットに気付いて欲しい!

 

それがどういうことか、これから説明しますね!

それを聞いたうえでやっぱりムカついたら、僕のことを末代まで嫌いになってください。笑

 

大学生はサークルに「入る」のではなく絶対に「作る」べき5つの理由

1.やりたいことをやりたい時にやりたい場所で好きな人と出来るようになる

そもそもサークルって基本的に自分が好きなこと、やりたいことができる場所です。

例えば、あなたは大学で野球サークルに入りたいとします。

あなた
あなた
わざわざ自分でサークルを作らなくても、大学にはたくさんの野球サークルがあるじゃん!

そう思いますよね?

 

でも、仮にあなたは野球の初心者で大学から野球を始めたいと思っていて、

同じような初心者が集まって楽しく野球ができるサークルに入りたいと考えたとします。

そうした場合は一口に野球サークルと言っても、あなたの求める条件に合った既存のサークルってほぼ無くなります。

 

でも、あなたが自ら野球サークルを作ってしまえば、あなたが理想とする条件に100%合致した野球サークルができてしまうんです。

しかも大好きな野球ができるだけでなく、いつどこでやるかも、あなたが決めることができます。

そして一緒にやるメンバーさえも、ある程度はあなたが選べるようになります。

既存のサークルに入る場合だと、いつどこで誰とやるかは、ほとんど自分ではコントロールできないですよね。

 

つまり自分でサークルを作ることで、

好きなことを、好きなときに、好きな場所で、好きな人とできるようになるんです!

 

2.友達が増える

あなたがサークルを作ってメンバーを集めれば、純粋にあなたの大学の友達が増えます。

これだって、既存のサークルに入っても友達はできるよ?

そう思いますよね?

確かにその通りです。

 

たろー
たろー
でも、より多くの人とより親密な関係を築けるという点においては、あなた自身がサークルを作った方が圧倒的に良いんです!

あなたが自らサークルを作ると、

あなたはサークルの代表として一番多くのメンバーと関わる立場となれます。

さらに、サークルの代表としてメンバーから信頼されるため、より深い人間関係を築くことができます。

 

既存のサークルに入るよりも、より多くの人と、より深い人間関係を築くことができるんですね。

 

大学時代の友達関係って一生続くことも多いので、その幅を広げられるというのは人生において大きなメリットになります。

 

3.めっちゃモテる

たろー
たろー
サークルの代表、リーダーはモテます。笑

さっきの友達関係の内容と同様に、代表はメンバーと一番多く関わる立場だし、連絡を取ったり話す機会も多いです。

何より異性からも代表として信頼されて感謝されてるっていうチート状態だから、普通にモテます。笑

僕は周りの人によく言うんだけど、

たろー
たろー
恋人を作る一番良い方法はコミュニティを作ること!
次に良い方法はコミュニティに入ること!

よっぽど本人に問題がなければ、この持論には自信があります。笑

 

4.就活で怖いものなしになる

あなたが今大学生だとしたら、

頭のどこか片隅には、いずれ始まる就職活動のことがあるのではないでしょうか?

そのために、あなたは何か準備をしていますか?

就職活動が始まったら、どうやら自己分析ってやつをして、志望動機と自己PRを考えて、就活本で面接のコツを勉強しなきゃいけないらしい。

そんな噂を聞いて、憂鬱に思ってる学生も多いのではないでしょうか?

たろー
たろー
はっきり言って、僕は就活のための準備って馬鹿馬鹿しいと思ってます。
もはや、愚の骨頂だと。笑

これは僕の持論ですが、

たろー
たろー
「就活で一番強いやつは、他人と違う考え・行動をしてきたやつ」です。

学生生活の間に人と違うこと考えて実際に行動していれば、就活のための準備とか何もいらないです。

そのためには、他の学生と同じようになんとなく「サークルに入る」のではなく、

あなたの意思で「サークルを作る」ことが、一番合理的だと考えています。

サークルで自分が好きなことやって大学生活を謳歌しながら、他人より抜きんでた経験ができるんだから。

 

そうすれば自己分析とか就活本をしこしこ勉強して、謎の就活テクニックに走って本質から外れたことをやっている有象無象の就活生達から、頭1つどころか7つくらい抜けることができます。

そんなあなたは、就活の準備とか必要ありません。

いきなり面接を受けても、自分がやってきたことに自信を持って答えればいいだけです。

そうすれば、

人事
人事
あ、こいつは他のやつとは違うな。面白いな。

って企業の人事に思わせて、余裕で内定もらえます。

 

だから、あなたが自分の考え・行動でサークルを作って、そこで楽しみながら多くの経験をすれば就活とかヌルゲーです。

「マリオでワールド1−1のゴールに着いたら、いつの間にかクッパ死んでピーチ帰ってきててエンディング迎えた」ってくらい、あっけなく就活が終わります。笑

 

ちなみに、既存サークルを引き継いで幹事長やりましたっていうのは意味ないです。

あくまで、あなたが自分でサークルを作ることに意味があります。

なぜか就活になると、既存のサークルを引き継いで幹事長やってましたってやつが増殖します。

タケノコみたいに増殖します。増えるワカメみたいに増殖します。

それが本当だとしても、

既存のサークルを引き継ぐのってイメージで言うと「10→10」にしてるって感じです。

良くて「12」にできたかもしれないけど、なんなら「8」に下がっちゃってるかもみたいな。

 

それに対して、あなたがサークルを作るっていうのは「0→1」の作業です。

「1」ではなく、「5」にも、「10」にもできるかもしれませんね。

この「0から1を作る能力」って、どこに行っても重宝されます。

 

「10→10」の作業は気付いたら任されちゃってたってパターンもあるけど、

「0→1」の作業は、自分から考えて行動する人じゃないと成し得ません。

そして学生時代にそんな行動・経験をしてきたあなたは、どんな企業からも魅力的な人材に映ります。

人と違う考え・行動をしてきた経験っていうのは、最強の武器になります。

 

5.稼げるからバイトを減らせる、なんならバイトしなくても良くなる。

サークルの代表という立場だと、

活動の参加費だったり運営費だったり、色んなタイミングでメンバーからお金を集めることがあります。

その金額を少し調整して、自分に利益が生まれるようにもできます。

たろー
たろー
実際に僕は、運営している社会人サークルから月5万円程度の副収入が生まれています!
自分のコミュニティのメンバーから利益生んで良いの?
なんか申し訳ない…
たろー
たろー
そんな疑問は僕から言わせれば超絶ナンセンス!
超絶日本人的な発想だぜ!

すぐ調子に乗る性格なのはお許しください。笑

 

でもこれって本当になにも悪いことじゃなくて、

あなたがサークルを立ち上げたおかげで、メンバーには友達が増えて、好きなことができる環境もあって、学生生活が楽しく充実したものになっています。

つまり、あなたはメンバーに価値を与えている存在になれているんです。

そして、対価っていうのは誰かに価値を与えたときに生まれるものです。

そこであなたが利益を得ることは悪ではありません。

サークルのメンバーに対してあなたがしっかりと価値提供をできているのであれば、ありがたく受け取って良いものです。

 

大学生にとって、月5万円って大きいですよね!

サークルであなたが好きなことをたくさんしながら、バイトも減らせちゃいます。

もっと言うと、学生なら時間的に僕より活動を増やしたり、2つ以上のサークルを作ることが可能な人も多いはずです。

そうなるともはやバイトをしなくても、やりたいことをひたすらやりながら大学生活を楽しむことだってできちゃうんです!

 

バイトの経験とか人間関係を大切にしたいっていう人も、自分のサークルからある程度の収入は確保できるので、

時給の高さだけを条件にせず、あなたが本当にやりたいバイトをすることだってできちゃいます。

 

こう考えるとワクワクしませんか?

 

誤解が無いようにこれだけは言っておきますが、

利益だけを考えてサークルを運営してしまったら、すぐに上手くいかなくなります。

人からの信用も失います。

 

だから大前提として、メンバーを学生生活を充実させられる価値あるサークルを作る!っていうのを忘れないでください。

 

まとめ

以上の理由から、僕は大学生が自らサークルを作らない理由は無いと思っています。

ここまで読んで頂いたら、あなたにもその価値を十分に理解して頂けたのではないでしょうか?

サークル作るのが素晴らしいことなのはわかった!実際に作ってみたい!
でも、じゃあ具体的にどうやって作れば良いの?

そう思ったあなたは、ぜひこの記事も読んでみてください!

 

>>次に読む記事はこれ!

社会人サークル・コミュニティの作り方の流れを世界一丁寧に解説してみた。

 

ABOUT ME
たろー
平成元年生まれの会社員ブロガー!副業で年間100万円以上を稼いでいて、脱サラ&フリーランスを目指しています。仕事の傍ら、100人規模の社会人サークルを複数運営してたりもします。さらに収入を増やすべく、全力でブログ運営中。