インデックス投資

インデックス投資とは?初心者にもおすすめな資産運用である理由!

どーも!たろー(@taro01com)です!

 

あなたはちゃんと資産運用していますか?

お金は銀行預金するだけになってしまっていませんか?

 

そんなあなたは超もったいないです。

今すぐ「インデックス投資」を始めて、お金を賢く資産運用しましょう!

 

初心者でも簡単にできて、有名な投資家も推奨している最も合理的な資産運用手法が「インデックス投資」です!

今回はインデックス投資とはなにか、そのメリットについて書いていきます!

 

2種類の投資方法~アクティブ投資とインデックス投資~

投資には、大まかに「アクティブ投資」と「インデックス投資」という2種類があります。

まずはその違いから説明します!

 

アクティブ投資とは

アクティブ投資

株などの個別の銘柄の金融商品を選んで投資することを指します。
プロが「これが伸びる!」と考えた個別銘柄の株や債券を選んでポートフォリオを組んでいる投資信託が、「アクティブファンド」です。

インデックス投資とは

インデックス投資

日経平均やダウ工業平均など、特定の指標の平均点を取りに行く投資を指します。
特定の指標に連動することを目指してポートフォリオを組んだ投資信託が、「インデックスファンド」です。

 

一見、プロがしっかり選んだアクティブファンドの方が儲かるように思いますよね?

インデックスファンドより、アクティブファンドを買う方が良さそうに感じます。

 

でも、そこには落とし穴があるんです・・・!

 

アクティブ投資のデメリット

統計的に、アクティブファンドの運用成績はインデックスファンドを下回る

大前提として、統計的にアクティブファンドはインデックスファンドの運用成績を下回っています。

もちろん一時的にアクティブファンドがかなり良い成績を出すことはありますが、長期的に見たときにインデックスを上回ることはないんです。

 

アクティブファンドはプロが銘柄を選んでるのに、インデックスファンドに勝てないっていうのはおかしいと思いますよね?

でも、それにはちゃんと理由があります。

 

アクティブファンドは取引コストが高い

まず、アクティブファンドはプロがリサーチして銘柄を選ぶがゆえに、人件費がかかって取引手数料のコストが高いことです。

ここでいうコストとは、販売時にかかる販売手数料と、運用中は一定期間ごとにかかる運用報酬(ファンドマネージャーに支払う報酬)のことです。

年利数%を目指す投資信託の長期運用において、この手数料コストが高いというのは、運用益を大きく棄損する要因です。

 

市場は「ランダムウォーク」であるということ

投資の世界には1つの鉄則があります。

投資の鉄則:ランダムウォーク理論

市場の相場は不規則(ランダム)に変動(ウォーク)するもので、将来の価格を先読みすることは絶対に不可能である!

これは投資をある程度勉強している人なら知っている投資界の鉄則ですが、

プロがどんなに頑張って市場予測をしても、確実に価格が上がる金融商品を選ぶことなんて不可能なんです!

よく考えたらわかりますが、それができたらみんな大金持ちですよね。笑

 

↓詳しく知りたい人は、投資家のバイブル「ウォール街のランダム・ウォーカー」を読んでみてください!

 プロのファンドマネージャーはサルに負ける

上記の「ウォール街のランダムウォーカー」にも書いてある衝撃的な事実があります。

目隠しをしたサルに新聞の相場欄めがけてダーツを投げさせ、それで選んだ銘柄でポートフォリオを組んでも、専門家が注意深く選んだポートフォリオとさほど変わらぬ運用成績を上げられる

引用元:ウォール街のランダムウォーカー

 

サルが選んだポートフォリオに、プロが選んだポートフォリオが負けることがざらにあるんです。

なぜなら、市場はランダムウォークで予測不能だから。

いくらプロのファンドマネージャーといえども、確実に株価が上がる銘柄を予測するのは不可能ということ。

 

たろー
たろー

こういった理由により、
プロが選んでいるという理由でアクティブファンドが有利とは言えないんです!

インデックス投資のメリット

では、インデックス投資のメリットはなんでしょうか?

 

インデックスファンドは取引コストが安い

アクティブファンドに比べて、インデックスファンドは取引コストが安いです!

なぜなら、市場の平均値と連動するように組み入れる銘柄を入れ替えればよいだけで、運用に人手がかからないから。

人件費が安い分、取引コストを安く抑えられるんですね。

 

投資信託において、取引コストが安いというのは圧倒的なメリットです!

 

長期的にみると市場は右肩上がり

長期的にみると、市場はすべて右肩上がりという事実があります。

だから市場の平均を目指すインデックス投資をすれば、あなたの資産も右肩上がりになる可能性が非常に高いんです!

 

それもそのはずです。

この世の中は基本的に「資本主義」で回っているからです。

そこでは、会社は世の中をより良くする商品やサービスを提供して利益を増やし続けようとします。

人類はより便利で快適な世界を目指して、どんどん進化していきます。

つまりインデックス投資をするということは、人類の進化に投資するということでもあるんです!

 

もちろん、リーマンショックのような100年に一度と言われる恐慌が起きた際は市場はダメージを受けます。

でも、それを踏まえても長期的に考えると市場は右肩上がりなんです。

 

現に、リーマンショックで慌てて市場が下がった状態で金融資産を売却してしまった人は資産の大部分を失い、

それにも耐えて投資を続けた人の資産はすでに持ち直しています。

 

分散投資ができるからリスクが下がる

投資の基本は分散投資でリスクも分散させ、ポートフォリオ全体のリスクを下げることです。

市場の平均を目指しているインデックスファンドは市場全体に分散投資できるので、究極の分散投資とも言えるんです!

 

基本は長期保有するだけで良いので、初心者にも難しくない

初心者にとって投資のハードルが高いのは、持っている株価の推移をチェックして、常に市場にアンテナを張っていなきゃいけないんじゃないか?と思うことです。

インデックスファンドは長期保有が基本なので、目先の市場の上下に振り回される必要がなく、ほとんどほったらかしておいて大丈夫です!

 

やることと言えば、

  • 最初にどのインデックスファンドに投資するかを決めて、毎月の積立額を決める
  • 半年~1年に1回程度、ポートフォリオのリバランスをする

ほとんどこれだけです。

 

たろー
たろー

だから本業に集中できるし、初心者でも簡単に投資を始めることができます!

そんなに良い「インデックス投資」を金融機関が勧めてこない理由は?

ここまで読んできて、こんなことが気になるんじゃないでしょうか?

 

そんなに良い投資法なのに、どうして金融機関は勧めてこないの?
やっぱり何か怪しいんじゃない??

その答えは簡単です。

インデックス投資を勧めても、金融機関は儲からないからです。

 

金融はよく「手数料ビジネス」って呼ばれます。

語弊を恐れずに言うと、

金融機関は顧客にとって利益がある金融商品ではなく、金融機関にとって利益がある金融商品を勧めるてくるんです。

なぜなら、彼らはビジネスでやってるから。

 

だから、顧客に利益があるっていうことが分かっていても、

わざわざ手数料の安いインデックスファンドを勧めるなんていうことをしないんですね。

 

今すぐインデックス投資を始めよう!

「インデックス投資」とはなにか?そのメリットについて書いてきました。

インデックス投資の魅力について、理解してもらえたでしょうか?

 

この世で一番合理的な投資方法とも言われているのが、この「インデックス投資」なんです!

 

たろー
たろー

お金を銀行に預けているだけの人は、今すぐインデックス投資を始めることをおすすめします!

実際にインデックス投資を始めるには、まずはネット証券に口座を開設しましょう!

銀行窓口などよりも手数料が圧倒的に安いので、絶対にネット証券がおすすめです!

 

おすすめのネット証券は、商品数と実績が抜群の「楽天証券」です!

 

一応最後に書いておきますが、

インデックス投資はリスクが低い投資方法とはいえ、投資である以上は資産が減るリスクももちろんあります。

くれぐれも投資は自己責任でっ!

ABOUT ME
たろー
平成元年生まれの会社員ブロガーです。 ブログでは大好きな動画配信サービスを中心に発信しています。