【レビュー】ROOT CO.のiPhoneケースはカッコいいけど注意点もあり│GRAVITY Shock Resist Case Pro

iPhoneSEへの買い替えを機に、前から欲しかったROOT CO.のiPhoneケースを購入しました。

ROOT CO.のケースには色んな種類がありますが、

今回僕が購入したのはiPhone SE用の「GRAVITY Shock Resist Case Pro」というタイプ。

ROOT CO.のiPhoneケース
たろー

カラーはブラックを選びました!

実際に使ってみて、良いところもあれば注意点もあるケースだと感じたので詳しくレビューしていきます!

目次

ROOT CO. iPhoneケースの外観

さっそく外観から見ていきましょう。

ROOT CO.のiPhoneケースのパッケージ

こんなパッケージに入っています。

ROOT CO.のiPhoneケースの同梱物
内容物
  • 本体
  • 説明書
  • 交換用リングパーツ
  • 交換用窓パーツ

右下の袋に乗せているのが交換用のパーツ。

元から付いているパーツが無くなったり割れたりしたときのスペアです。

ROOT CO.のiPhoneケース

こちらがケース本体。

ROOT CO.のiPhoneケースの裏面

裏面はこんな感じ。

こんな見えない部分にもROOT CO.のロゴが入っていてこだわりを感じます。

ROOT CO.のiPhoneケースを装着

iPhoneSEに装着しました。

想像通りのカッコよさです。

ROOT CO.のiPhoneケースを装着

画面側はこんな感じ。

ROOT CO.のiPhoneケースのカラビナループ

上部のループ部分は指で押せばグニャっとできる質感です。

ROOT CO.のiPhoneケースの左ボタン周り

左側のボタン周り。

音量ボタンは押しやすいし、マナーモードのON/OFFもスムーズにできます。

ROOT CO.のiPhoneケースの右ボタン周り

右側のボタン周り。

電源ボタンの押しやすさもばっちりです。

下部にはストラップホールが付いています。

ROOT CO.のiPhoneケースの充電コネクタ回り

底部のコネクタ周り。

スピーカーの穴もしっかりと確保されています。

ROOT CO.のiPhoneケースに純正Lightningケーブルを刺す

純正のLightningケーブル使ってみましたが、かなり余裕をもって刺せます。

コネクタがよほど大きくない限り、ほとんどの充電ケーブルが使えるでしょう。

ROOT CO.のiPhoneケースを手に持つ
たろー

ファーストインプレッションは超良い感じです!

ROOT CO. iPhoneケースのお気に入りポイント

アウトドア好きにはデザインが最高

ROOT CO.のiPhoneケース

とにかくデザインが最高にカッコいいです。

アウトドアらしい雰囲気がありながらも、ゴツすぎないスタイリッシュさが絶妙。

アウトドアにもタウンユースにもバランスよく使えます。

たろー

これを装着すればスマホまでキャンプギアになる感じがテンション上がりますね!

カラーが豊富

出典:Amazon

好みに合わせてカラーを選べるのも魅力です。

僕が買ったiPhone SE用の場合は下記の5カラーがあります。

カラー
  1. ブラック
  2. ホワイト
  3. カーキ
  4. レッド
  5. イエロー
たろー

僕はブラックかホワイトで悩んでブラックにしました!

衝撃に強い

その見た目のとおり、衝撃に強いです。

うっかり落としてしまってもスマホを衝撃から守ってくれます。
(もちろん絶対に大丈夫ではありません。)

たろー

アウトドアでのタフさは嬉しい!

マグリールとセットで最高に映える

同じROOT CO.のマグリール」とセットで使うと最高に映えます

上部のループはこのために付いているようなものですね。

ROOT CO.のiPhoneケースをマグリールでパンツに吊るす

マグリールを使えばパンツのベルトループにも吊るせるし、

ROOT CO.のiPhoneケースをバックパックに吊るす
出典:ROOT CO.

バックパックに吊るしても良い感じです。

ROOT CO.のiPhoneケースと小物
たろー

キャンプ好きだと、こういう身の回りの小物も、何かとアウトドア系で揃えたくなりますよね!

ワイヤレス充電に対応

地味に嬉しいのが、ワイヤレス充電に対応していること。

たろー

今までiPhone7だったのでワイヤレス充電に憧れてました!笑

ROOT CO.のiPhoneケースを付けてワイヤレス充電

厚めのケースなのでワイヤレス充電は反応しないかと思いきや、

ばっちり充電できます。

たろー

公式でもワイヤレス充電対応を謳っていますよ!

Ankerのワイヤレス充電器

ちなみにワイヤレス充電器はAnkerの「PowerWave Sense 2-in-1 Station」を買いました。

2-in-1でイヤホンとかと同時に充電できて便利です。

たろー

これ普通に使いやすいのに、Ankerでは珍しくなぜかレビューが少ないんですよね。

ROOT CO. iPhoneケースの欠点・注意点

デカい&重い

ROOT CO.のiPhoneケースを手に持つ

これは使ってみて最も気になったポイントですが、率直に言ってデカくて重いです

iPhoneが2回りくらい大きくなるイメージ。

僕は今までシンプルなApple純正レザーケースを使っていたので、なおさら大きく感じるのかもしれません。

ROOT CO.のiPhoneケースを純正レザーケースと比較

レザーケースとサイズを比較するとこんな感じ。

数字で言うと数mmの差ですが、指先で使うスマホにおいてこの差はかなり大きいです。

たろー

普通に操作しにくくて気になる!

重量もケース単体で50gとやや重めです。

iPhoneSEの重量が148gなので、トータルで約200gになります。

たろー

大きさも重さも頑丈さとのトレードオフではありますが…頻繁に使うものだからやっぱり気になる!

マグリールとセット使いは普通に不便

ROOT CO.のiPhoneケースにマグリールを付ける

僕もマグリールとセットで使うのに憧れて買った部分がありますが、これは正直、普通に不便です。

確かに見た目は確かにすごく良いんです。

たろー

でも正直に実用性は低いと感じました。

マグリールを外そうとする

まず、これはマグリール側の話ですが、

磁力が強すぎてリールを外すのに結構な力を加える必要があります。

マグリールを外そうとする

これをスマホ側だけ引っ張って外そうものなら、パンツのベルトループが速攻で引きちぎれるでしょう。

なのでリールを伸ばす際は両手を使う必要があります。

片手でマグリール側を押さえて、もう片方の手でグッと力を入れてマグネットを外します。

たろー

まずこれがいちいち面倒!

いざリールを伸ばしてスマホを使うと、リールにスマホが少し引っ張られるので操作しにくいです。

ROOT CO.のiPhoneケースにマグリールを付けて手に持つ

あとは、どこにも吊るさないときにマグリールを付けっぱなしにすると、普通に邪魔だし重いです。

そのため、マグリールはどこかに吊るす際に毎回付け外しすることになります。

ROOT CO.のiPhoneケースをバックパックに吊るす
出典:ROOT CO.

まぁそもそものマグリールの用途として、登山などでの落下防止という目的が強いでしょう。

なので、この辺りの使い勝手に不満を言っても仕方ないのかもしれませんね。

たろー

なんにせよ、キャンプにおいては機能的な便利さは特に期待しない方が良いってことです!

2つのiPhoneケースを使い分けることにしました

ROOT CO.のiPhoneケース

なんだかディスが強くなってしまいましたが、見た目は本当にカッコよくて気に入ってます

決して悪いケースじゃないし、買ってよかったと思います。

スマホまでもキャンプギア化できる唯一無二のケースなのは間違いなし。

ただしデカくて重いのは、やはり普段使いでは気になるところです。

たろー

そこでスマホケースを2つ使い分けることにしました!

ROOT CO.のiPhoneケースとspigenのiPhoneケース
spigenのiPhoneケース

普段使い用には安くてカッコいいSpigenのiPhoneケースを購入しました。

シンプルかつ薄いのでスマホの操作性を損なわなくて良い感じです。

たろー

キャンプに行く時はROOT CO.の方が気分が上がるので、うまく使い分けていきます!

【iPhone機種別】ROOT CO.のiPhoneケース商品リンク

最後に、各iPhoneに対応したケースの商品リンクをまとめておきます。

紹介したタイプ以外もまとめたので、ぜひチェックしてみてください。

たろー

該当するモデルをタップしたら開きます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる