キャンプギア

【ナンガ オーロラライト450DXレビュー】冬も使える最強の3シーズンシュラフ!

色んなキャンプ道具の中でも、最重要ともいえるのが「シュラフ(寝袋)」です。

外で寝る以上は寒さをから身を守らないといけません。

適当な安物シュラフでキャンプに行ったら寒すぎて寝れなかった!

そんなことになったら、楽しかったキャンプが一気に嫌な思い出に。

キャンプ経験者ほど「一番お金をかけるべきキャンプ道具はシュラフ」と言うくらい、シュラフ選びは非常に大事です。

たろー
たろー
そして僕が愛用しているのがナンガ オーロラライト450DXという3シーズンシュラフです!

冬でもシーズン問わずキャンプに行っている僕ですが、このシュラフ1つしか持っていません。

・オーロラライト450DXが気になるけど、使ってる人の感想が知りたい!
・3シーズンシュラフだけど冬キャンプでも使えるの?
・モンベルのダウンハガーと比べてどうなの?

こんな気になるポイントを含めて、「ナンガ オーロラライト450DX」を詳しくレビューしていきます!

悩みに悩んだシュラフ選び

僕がキャンプを始めるとき、シュラフ選びにかなり迷いました。

僕のシュラフ選びの条件
  1. ちょっと高くても良いものが欲しい
  2. 圧縮してコンパクトに収納できるダウンシュラフが良い
  3. 1つでオールシーズン使い回したい

特に③は重要で、高いものだからこそオールシーズン使えるシュラフを求めていました。

複数買ってシーズンによって使い分けるのは高いし面倒ですからね。

シュラフには大きく以下の3つの種類があります。

  • 夏用シュラフ
  • 3シーズンシュラフ(春夏秋)
  • 冬用シュラフ

そこで、僕の中でこんな葛藤が生まれました。

たろー
たろー
一番長く使える3シーズンシュラフが本命だけど、冬もキャンプしたい!でも冬用シュラフを別で買うほどお金をかけたくないし、オールシーズン使えるシュラフってないのかなぁ?

そして情報をかき集めて悩みに悩んだ結果、

僕が購入したのが「ナンガ オーロラライト450DX」という3シーズンシュラフです。

ナンガ オーロラライト450DXの基本スペック

まず、オーロラライト450DXの基本スペックをみてみましょう。

快適使用温度 0℃
下限温度 -5℃
収納サイズ φ14×30cm
総重量 約865g
価格 39,000円(税抜)
※レギュラーサイズ


【快適使用温度】

寒さに対する耐性の低い人が、リラックスした体勢で寒さを感じることなく睡眠できる温度。

【下限温度】
寒さに対する耐性の高い人が、丸まった状態で寒さを感じることなく睡眠できる温度。

たろー
たろー
これだけ見ると、冬キャンプでも使えるのか迷うスペックですよね!

ナンガ オーロラライト450DXのメリット・選んだ理由

それでは、僕がオーロラライト450DXを選んだ理由やメリットを詳しく紹介していきます。

3シーズンシュラフの中では一番暖かい

3シーズンシュラフといっても適応できる温度には幅があり、

オーロラライト450DX」は3シーズンシュラフの中では最も暖かい部類のシュラフです。

例えば同じナンガの3シーズン下位モデル「オーロラライト350DX」は、

「快適使用温度:5℃ / 下限温度:0℃」と、450DXよりもそれぞれ5℃ずつ高いため寒さに弱いです。

たろー
たろー
なので3シーズンで使いやすく、冬でも耐えられそうな「オーロラライト450DX」を選びました!

オーロラテックスによる高い防水性

ナンガのオーロラライトシリーズは、「オーロラテックス」による高い防水性があります。

オーロラテックス

撥水性と透湿性の高い特別な素材。
外からの水は弾いてくれて中の湿気は外に逃がしてくれる。

防水性を持ったシュラフは珍しいので、これはナンガのシュラフの大きなメリットです。

たろー
たろー
キャンプの朝は結露するし雨の時でも安心して使えます!

噛み込み軽減のYKKファスナーを採用

出展:ナンガ公式HP

シュラフはファスナーを閉めるときに生地を噛んでしまうこともよくあります。

これがあるとストレスだし、最悪の場合はシュラフを痛めてしまいます。

ナンガのシュラフはYKKの特殊ファスナーを採用しているので、噛み込みが発生しにくい作りになっています。

たろー
たろー
これは地味に便利なポイントです!

出展:ナンガ公式HP

ちなみにファスナーは蓄光樹脂によって暗闇で光ります。

暗いなかでもスムーズに開け閉めができるのも嬉しいポイント。

永久保証がある

出展:ナンガ公式HP

そしてナンガのシュラフの最大のメリットともいえるのが「永久保証」です。

ナンガのシュラフを購入すれば、無期限かつ修理費用も無料で保証してもらえます。

シュラフの生地が破れて中のダウンが出てきてしまっても、いつまでも無償で直してもらえます。

たろー
たろー
高い買い物なので、この永久保証があるのは安心感が違います!

身長に合わせてサイズが選べる

また、ナンガのシュラフは身長に合わせて3つのサイズが選べます。

  • ショート:~165cmまで
  • レギュラー:~178cmまで
  • ロング:~185cmまで

シュラフは身体との隙間が少ない方が暖かいので、自分の身長に合ったサイズを選びましょう。

たろー
たろー
僕は身長が182cmあるのでロングを買いました!

2019年に改良モデルが発売された

出展:ナンガ公式HP

僕が買ったのは2018年なので改良前のモデルですが、

2019年3月にオーロラライトシリーズの改良モデルが発売されました。

改良ポイント
  • 生地の厚さが20dnから15dnへ変更され軽量化
  • ボックスキルト構造にチタンスパッタンリング材を採用し、蓄熱・保温効果UP

改良にあわせてカラーラインナップも変わっています。

2019年改良モデル(カラーも選べます)

改良前モデル

改良前のモデルは今なら安く買えます。機能性は十分なのでおすすめです。

たろー
たろー
僕も改良前のゴールド&ネイビーを愛用しています!このカラーが一番好き!

ナンガ オーロラライト450DXのデメリット

公正なレビューにするため、オーロラライト450DXのデメリットも書いておきます。

値段が高い

オーロラライト450DXは39,000円(税抜)もする高級シュラフです。

数千円で買えるシュラフもあることを考えると、なかなかのお値段ですよね。

ただし、物は考えようです。

  • 質の高いダウンでとても暖かい
  • 防水性が高い
  • 永久保証まである

こういったメリットを考えると、僕は決して高い買い物ではなかったと思います。

先ほども言いましたが、

  • 一番お金をかけるべきキャンプ道具はシュラフ

経験者ほどそう言うくらい寝袋は重要なキャンプ道具です。

そのため、寝袋は高くても良いものを使うことをおすすめします。

少しでも安く買いたい場合は僕と同じ旧モデルが売り切れる前にどうぞ。

そしてデメリットを書くと言いましたが、

オーロラライト450DXのデメリットとして思いつくのは本当にこのくらいです。

たろー
たろー
それくらいハイクオリティで素晴らしいシュラフです!

ナンガ オーロラライト450DXは真冬のキャンプでも対応できる?

結局のところ、オーロラライト450DXは冬キャンプでも使えるの?

気になる冬キャンプでも使えるのかどうかについて。

結論から言うと、オーロラライト450DXは真冬のキャンプでも使えます。

これさえ1つ買ってしまえばオールシーズンでキャンプを楽しめます。

というのも、

実際に僕はオーロラライト450DXしか持っていませんが、冬も含めて毎月キャンプに行っています。

そして、シュラフの力不足により寒くて寝れなかったことは一度もありません。

念のために前提を言っておくと、

僕は関東を拠点にキャンプをしていて、寒さ-8℃くらいまでは経験があります。

2月のふもとっぱらキャンプ場でも普通に寝れました。

ただし大事なことですが、シュラフ以外の防寒対策もしっかりしていますよ。

僕の防寒対策

【他の寝具】
・サーマレストの銀マット

【上半身ウェア】
・モンベルのメリノウールインナーTシャツ(極厚手)
・厚めのシャツ
・ウルトラライトダウン
・フリース

【下半身ウェア】
・モンベルのメリノウールインナータイツ・ソックス(極厚手)
・グリップスワニーのデニム

ウェアももちろんですがマットはかなり重要。

冬キャンプでマットなしでコット泊したときは、下からの冷気で寝れなかったことがあります。笑

秋冬キャンプはコット泊でもマットは必要!比較するんじゃなくて両方必須です【失敗談】
秋冬キャンプはコット泊でもマットは必要!比較するものじゃない理由【失敗談】僕の失敗談から、キャンプではコット泊でもマットも必要な理由について解説します。特に寒い秋冬キャンプでは、コットだけだと地面からの冷気を防ぎきれないので断熱材になるマットが必須です。これを買っておけば間違いない、おすすめのコットとマットも紹介しています!...

逆に言うとマットなどの防寒対策もしっかりすれば、オーロラライト450DXで冬キャンプも大丈夫です。

ちなみにストーブなどの暖房器具は使っていません!

あくまで関東圏での経験談を元にしています。
極端に寒い地域や標高が高いキャンプ場で冬キャンプをする場合など、十分にお気を付けください。

ナンガ オーロラライト450DXとモンベル ダウンハガー800#2の比較

出展:モンベル公式HP

ナンガの「オーロラライト450DX」を検討している方は、モンベルの「ダウンハガー800#2」も比較検討してるんじゃないでしょうか?

実際に僕もそうでした。ほぼ同じスペックなので迷いますよね。

この2つを比較して、最終的に僕がオーロラライト450DXを選んだ理由も書いておきます。

ナンガとモンベルのスペック比較

まずは2つのシュラフの比較表がこちら

オーロラライト450DX ダウンハガー800#2
快適使用温度 0℃ 0℃
下限温度 -5℃ -6℃
収納サイズ φ14×30cm φ16×32cm
総重量 約865g 約765g
価格 39,000円(税抜)
※レギュラーサイズ
32,000円(税抜)
※レギュラーサイズ
カラー 数種類から選べる イエローのみ
特徴 ・防水性あり
・永久保証
・伸縮性あり

モンベルの方がちょっと安いですが、本当にそっくりのスペックです。

モンベルのシュラフの大きな特徴は「スーパースパイラルストレッチシステム」による伸縮性。

これは快適そうなので、ナンガとモンベルどちらのシュラフにするかとても迷いました。

僕がナンガを選んだ理由

最終的にナンガのオーロラライト450DXに決めた理由はこんな感じです。

  • 防水性がある
  • 永久保証で安心
  • デザイン(カラー含む)
  • ナンガのブランドイメージが何となく好き

防水性がある

キャンプはいつ雨が降るかわからないし、朝はテント内がすぐに結露します。

防水性があって多少濡れても気を使う必要がないナンガのシュラフは魅力的でした。

永久保証で安心

これが最大のポイントですね。

高い買い物なので永久保証があるのはとても安心できます。

デザイン(カラー含む)

これは個人的な好みですが、ダウンハガー800#2のイエローは好きじゃありませんでした。

やはり見た目も好きな道具を使った方が、キャンプをより楽しめます。

ナンガのブランドイメージが何となく好き

これも感覚的な話で恐縮ですが、なぜかナンガって好きなんですよね。

超高品質な日本のブランドというイメージなので、ナンガのシュラフを使ってみたいと思いました。

たろー
たろー
どちらも人気で素晴らしいシュラフですが、僕はナンガを選んで大満足してます!

【まとめ】ナンガ オーロラライト450DXのレビュー

ナンガのダウンシュラフオーロラライト450DXを詳しくレビューしました!

もう2年以上愛用していて一年中キャンプで使いまくってます。

「暖かい・防水性がある・永久保証」とダメなところのない素晴らしいシュラフ。

他の防寒対策もしっかりすれば冬キャンプにも対応できる最高のシュラフですよ。

ちょっと高いけど迷ってる方は思い切って買っても後悔しないはず。そんな心からおすすめしたいアイテムです。

オーロラライト450DXで、ぜひ楽しいキャンプライフを!

最高におしゃれで実用的なキャンプ用品おすすめ15選【インスタ映えもばっちり】
最高におしゃれで実用的なキャンプ用品おすすめ15選【インスタ映えもばっちり】 そんなあなたのために、おしゃれキャンパー御用達のおすすめキャンプ道具をまとめて紹介します。 僕も実際におしゃれキャンプを楽...
ABOUT ME
アバター
たろー
平成元年生まれのキャンパー キャンプギアが大好き。 このブログでは、キャンプギアのレビューを中心にキャンプに関する情報を発信しています。 YouTube・SNSでもキャンプ情報を発信中。 おかげさまでInstagramのフォロワーは1万2千人を突破! レビュー依頼などは、お気軽に「お問い合わせ」かSNSのDMまでどうぞ。
こちらの記事もおすすめ