キャンプギア

【ナンガ オーロラライト450DXレビュー】冬も使える最強の3シーズンシュラフ!

【ナンガ オーロラライト450DXレビュー】冬も使える最強の3シーズンシュラフ!

どーも!たろー(@taro__camp)です!

 

色んなキャンプ道具の中でも、最も重要といっても過言ではないのが「シュラフ(寝袋)」です。

外で寝る以上は寒さを凌がなくてはいけません。

適当な安物シュラフでキャンプに行ったら寒すぎて寝れなかった!

なんてことになったら、それまで楽しかったキャンプが一気に嫌な思い出になっちゃいますからね。

キャンプ経験者ほど「一番お金をかけるべきキャンプ道具はシュラフ」と言うくらい、シュラフ選びは大事なんです。

 

たろー
たろー
そして僕が愛用しているのがナンガ オーロラライト450DXという3シーズンシュラフです!

 

シーズン問わず一年中キャンプに行ってる僕ですが、このシュラフ1つか持っていません。

・オーロラライト450DXが気になるけど、使ってる人の感想が知りたい!
・3シーズンシュラフだけど冬キャンプでも使えるの?
・モンベルのダウンハガーと比べてどうなの?

こんな気になるポイントを含めて、「ナンガ オーロラライト450DX」をレビューしていきたいと思います!

ナンガ オーロラライト450DXに決めるまでの葛藤

僕がキャンプを始めたとき、シュラフ選びにかなり迷いました。

僕のシュラフ選びの条件
  1. ちょっと高くても良いものが欲しい
  2. 圧縮してコンパクトに収納できるダウンシュラフが良い
  3. 1つだけでオールシーズン使い回したい

特に③は重要で、高いものを選ぶからこそ1つだけで冬も含めたオールシーズン使えるシュラフを求めていました。

 

シュラフには大きく以下の3つの種類があります。

  • 夏用シュラフ
  • 3シーズンシュラフ(春夏秋)
  • 冬用シュラフ

そこで、僕の中でこんな葛藤が生まれました。

たろー
たろー
一番使える時期が長い3シーズンシュラフが本命だけど、冬もキャンプしたい!でも冬用シュラフも別で買うほどお金をかけたくないし、オールシーズン使えるシュラフってないのかなぁぁぁ!

そして情報をかき集めて悩みに悩んだ結果、

僕が購入したのが「ナンガ オーロラライト450DX」という3シーズンシュラフです。

 

ナンガ オーロラライト450DXの基本スペック

まず、オーロラライト450DXの基本スペックをみてみましょう。

快適使用温度 0℃
下限温度 -5℃
収納サイズ φ14×30cm
総重量 約865g
価格 39,000円(税抜)
※レギュラーサイズ


【快適使用温度】

寒さに対する耐性の低い人が、リラックスした体勢で寒さを感じることなく睡眠できる温度。

【下限温度】
寒さに対する耐性の高い人が、丸まった状態で寒さを感じることなく睡眠できる温度。

たろー
たろー
これだけ見ると、冬キャンプでも使えるのか迷うスペックですよね!

 

ナンガ オーロラライト450DXのメリット・選んだ理由

それでは、僕がオーロラライト450DXを選んだ理由やメリットを詳しく紹介していきます。

3シーズンシュラフの中では一番暖かい

3シーズンシュラフといっても適応できる温度には幅があり、

オーロラライト450DX」は3シーズンシュラフの中では一番暖かい部類のシュラフです。

例えば同じナンガの1つ下のモデルの3シーズンシュラフ「オーロラライト350DX」は、

「快適使用温度:5℃ / 下限温度:0℃」と、オーロラライト450DXよりもそれぞれ5℃ずつ高いため寒さに弱いです。

たろー
たろー
なので冬でも耐えられそうな「オーロラライト450DX」を選びました!

 

オーロラテックスによる高い防水性

ナンガのオーロラライトシリーズは、

生地に「オーロラテックス」という撥水性と透湿性の高い特別な素材を使っているため、高い防水性があります。

防水性を持ったシュラフは珍しいので、これはナンガのシュラフの大きな特徴といえるでしょう。

たろー
たろー
キャンプの朝は結露することも多いし、雨の時でも安心して使えます!

 

噛み込み軽減のYKKファスナーを採用

出展:ナンガ公式HP

シュラフはファスナーを閉める時に生地を噛んでしまうことがよくあり、ストレスを感じたり最悪シュラフを痛めてしまいます。

ナンガのシュラフはYKKの特殊なファスナーを採用していて、噛み込みの発生率を軽減しています。

これは地味に便利なポイントです。

 

出展:ナンガ公式HP

ちなみに蓄光樹脂によってファスナーが暗闇で光るので、暗いなかでもスムーズに開け閉めができます。

 

永久保証

出展:ナンガ公式HP

そしてナンガのシュラフの最大のメリットともいえるのが「永久保証」です。

ナンガのシュラフを購入すれば、無期限かつ修理費用も無料で保証してもらえます。

例えばシュラフの生地が破れて中のダウンが出てきてしまっても、いつまでも無償で直してもらえます。

たろー
たろー
高い買い物なので、この永久保証があるのは安心感が違います!

 

身長に合わせてサイズが選べる

また、ナンガのシュラフは身長に合わせて3つのサイズが選べます。

  • ショート:~165cmまで
  • レギュラー:~178cmまで
  • ロング:~185cmまで

シュラフは身体との隙間が少ない方が暖かくなるので、自分の身長に合ったサイズを選びましょう。

たろー
たろー
僕は身長が182cmあるのでロングを買いました!

 

2019年に改良モデルが発売された

出展:ナンガ公式HP

僕が買ったのは2018年なので改良前のモデルなのですが、

2019年3月にオーロラライトシリーズの改良モデルが発売されました。

改良ポイント
  • 生地の厚さが20dnから15dnへ変更され軽量化
  • ボックスキルト構造にチタンスパッタンリング材を採用し、蓄熱・保温効果UP

改良にあわせてカラーラインナップも変わっています。

2019年改良モデル(カラーも選べます)

改良前モデル

改良前のモデルは今ならかなり安く買えます。機能性は十分なので超おすすめ。

たろー
たろー
僕も改良前のゴールド&ネイビーを愛用しています!このカラーが一番好き!

 

ナンガ オーロラライト450DXのデメリット

公正なレビューにするため、オーロラライト450DXのデメリットも書いておきます。

値段が高い

オーロラライトの値段はレギュラーサイズで39,000円(税抜)という高級シュラフです。

ロングサイズだと1,500円アップで40,500円(税抜)。

数千円で買えるシュラフもあることを考えると、なかなかのお値段ですよね。

 

でも、ナンガのシュラフは質の高いダウンを使っていてとても暖かく、永久保証まであります。決して高い買い物ではないと僕は思います。

先ほども言いましたが、「キャンプ経験者ほど一番お金をかけるべきキャンプ道具はシュラフ」というくらい寝袋は重要な道具です。

少しでも安く買いたい場合は、僕と同じ旧モデルを購入するのがおすすめです。

 

そしてデメリットを書くといいましたが、

オーロラライト450DXのデメリットとして思いつくのは本当にこのくらいしかないです。

たろー
たろー
それくらいハイクオリティで素晴らしいシュラフです!

 

ナンガ オーロラライト450DXは真冬のキャンプでも対応できる?

結局のところ、オーロラライト450DXは冬キャンプでも使えるの?

気になる冬キャンプに使えるかどうかについてです。

 

結論から言うと、オーロラライト450DXは真冬のキャンプでもOKです。

この3シーズンシュラフさえ1つ買ってしまえば、オールシーズンでキャンプを楽しめます。

 

というのも、

僕は実際にオーロラライト450DXだけで冬も含めて毎月キャンプに行っています。

そして、シュラフのせいで寒くて寝れなかったことはない一度もないです。

 

念のために前提を言っておくと、

僕は関東を拠点にキャンプしていて、寒さが-8℃くらいまでのキャンプは経験があります。

朝起きたらコップに残ったお酒やオリーブオイルが凍り付いてるくらいには寒いふもとっぱらのキャンプでも、オーロラライト450DXで問題ありませんでした。

 

ただし大事なことですが、シュラフ以外の部分での防寒対策もしっかりしていますよ。

僕の防寒対策

【他の寝具】
・サーマレストの銀マット

【上半身ウェア】
・モンベルのメリノウールインナーTシャツ(極厚手)
・厚めのシャツ
・ウルトラライトダウン
・フリース

【下半身ウェア】
・モンベルのメリノウールインナータイツ・ソックス(極厚手)
・デニム

ウェアはもちろんですが銀マットはかなり重要で、

-5℃のなか銀マットなしでコット泊したときは、下からの冷気で寒くて寝れなかったことがあります。笑

秋冬キャンプはコット泊でもマットは必要!比較するんじゃなくて両方必須です【失敗談】
秋冬キャンプはコット泊でもマットは必要!比較するものじゃない理由【失敗談】僕の失敗談から、キャンプではコット泊でもマットも必要な理由について解説します。特に寒い秋冬キャンプでは、コットだけだと地面からの冷気を防ぎきれないので断熱材になるマットが必須です。これを買っておけば間違いない、おすすめのコットとマットも紹介しています!...

 

たろー
たろー
僕の経験から、他の防寒対策もしっかりすればオーロラライト450DXは冬キャンプでも対応できます!

 

ナンガ オーロラライト450DXとモンベル ダウンハガー800#2の比較

出展:モンベル公式HP

ナンガの「オーロラライト450DXを検討している方は、

ほぼ同じスペックのモンベルの「ダウンハガー800#2」も比較検討してるんじゃないでしょうか?

実際に僕もそうでした。

この2つを比較して、最終的に僕がオーロラライト450DXを選んだ理由も書いておきます。

 

まずは2つのシュラフの比較表がこちら

オーロラライト450DX ダウンハガー800#2
快適使用温度 0℃ 0℃
下限温度 -5℃ -6℃
収納サイズ φ14×30cm φ16×32cm
総重量 約865g 約765g
価格 39,000円(税抜)
※レギュラーサイズ
32,000円(税抜)
※レギュラーサイズ
カラー 数種類から選べる イエローのみ
特徴 ・防水性あり
・永久保証
・伸縮性あり

モンベルの方がちょっと安いですが、他はそっくりのスペックですね。

 

モンベルのシュラフの特徴は、なんといっても「スーパースパイラルストレッチシステム」による伸縮性です。

寝相が良いとはいえない僕は「この伸縮性があった方が快適に寝れるかも!?」と思って、ナンガとモンベルどちらのシュラフにするか迷いました。

 

最終的にナンガのオーロラライト450DXに決めた理由としては、

  • 防水性
  • 永久保証で安心
  • デザイン(カラー含む)
  • ナンガのブランドイメージが何となく好き

こんな理由でナンガを選びました。

たろー
たろー
どちらも人気で素晴らしいシュラフですが、僕はナンガを選んで大満足してます!

 

【まとめ】ナンガ オーロラライト450DXのレビュー

ナンガのダウンシュラフオーロラライト450DXを愛用している僕が、一年中キャンプで使ってる感想を詳しくレビューしました!

「暖かい・高機能・永久保証」とダメなところのない素晴らしいシュラフで、他の防寒対策と合わせれば冬キャンプにも対応できる最高のシュラフです。

 

心からおすすめできる一生物のシュラフなので、

ちょっと高いけど迷ってる方は思い切って買えば後悔しないはず!

オーロラライト450DXで、ぜひ楽しいキャンプライフを~^^

今回紹介したアイテム

ABOUT ME
アバター
たろー
平成元年生まれのキャンプ大好きブロガー。 【ウッド×ブラック×アイアン】をテーマにおしゃれキャンプを目指してます。 春夏秋冬シーズン問わず、ソロキャンプ、デュオキャンプ、グルキャンなんでも行きます。 このブログでは、 ・キャンプギアの紹介 ・キャンプ場のレビュー ・キャンプの知識 など、キャンプに関する情報を発信していきます! インスタにも力を入れているので、ぜひ覗いてみてください^^
こちらの記事もおすすめ