キャンプで氷の保存・持ち運びにはスタンレーグロウラーが最適!実際の使用感をブログでレビュー!

キャンプで氷の持ち運び方法について考えていたところ、最高の方法にたどり着きました。

それはスタンレーの保冷ボトル「クラシック真空グロウラー」に保存して持っていくこと。

これが衝撃的な便利さで、もっと早く買えばよかったと後悔するほど感動しました。

キャンプの氷の持ち運び用途として、グロウラーの使い勝手を詳しくレビューします!

目次

キャンプで氷の保存・持ち運びをどうする問題

キャンプでよくある悩みのひとつが、氷をどうやって持っていくか?

特に夏場のキャンプでは、ロックアイスを持っていってキンキンに冷えたドリンクを飲みたいですよね。

クーラーボックスに入れるのが普通だけど…

クーラーボックスにロックアイスを入れる

氷の持ち運び方法で真っ先に思いつくのはクーラーボックスに入れること。

氷が保冷剤代わりにもなって一石二鳥で、もちろんこれも正解です。

ただし氷をクーラーボックスに入れる運用にはいくつかのデメリットもあります。

氷をクーラーに入れるデメリット
  1. 保冷剤代わりにすると氷を使った分だけ保冷力が弱まる
  2. 保冷剤も別に入れるとクーラーの容量が圧迫される
  3. 氷は頻繁に使うからクーラーを開ける回数が増えて冷気が逃げる

特に③は重要で、クーラーボックスの保冷力が弱まる最大の要因は開け閉めで冷気が逃げることです。

クーラーの保冷力を長く保つためには、開ける回数を極力減らして冷気を逃がさないようにするというのは、ベテランキャンパーの間では常識ともいえます。

たろー

なので僕はクーラーボックスに氷を入れたくありません!

便利なのはスタンレーの保冷ボトル

スタンレーグロウラーとイエティクーラーボックス

そこで僕がたどり着いた氷の運用方法が、スタンレーの保冷ボトルに入れることです。

インスタで他のキャンパーさんがやってるのを見て知ったのがきっかけで、真似してみたら便利すぎて感動しました。

たろー

このスタンレーの保冷ボトルを詳しく紹介します!

スタンレー クラシック真空グロウラーの基本情報

スタンレーグロウラーとキャンプ場

スペック

商品名クラシック真空グロウラー
ブランドSTANLEY(スタンレー)
容量1.9L(1Lモデルもあり)
サイズ幅165×高さ294×本体径125mm
重量990g
材質本体(胴部・内びん):ステンレス鋼
蓋:ステンレス鋼・ポリプロピレン
パッキン:シリコーン
保冷力目安10度以下/24時間

2019年にスタンレーのブランドロゴデザインがリニューアルされました。
当記事で紹介しているグロウラーはリニューアル前のロゴデザインです。

正式名称は「クラシック真空グロウラー」。

本場のアメリカでは量り売りビールの持ち帰り容器としても使われるらしい。

サイズは1Lと1.9Lがありますが、氷を入れる目的なら絶対に1.9Lがおすすめです。

日本向けにはグリーンとロイヤルブルーのみ

並行輸入品ならブラックも購入可能なよう

外観・特徴

まずは外観を見ていきましょう。

スタンレーグロウラーの外観

正面にはスタンレーのロゴ。

いかにもスタンレーらしい無骨なデザインでカッコいいです。

スタンレーグロウラーの背面

背面には特にロゴなどなくシンプルです。

スタンレーグロウラーのハンドル

大きなハンドルが特徴的。

ボトル自体も重量があって中身を入れるとかなり重くなるので、この大きいハンドルは使い勝手が良いです。

スタンレーグロウラーの底面

底面は特に滑り止めなどは付いていません。

スタンレーグロウラーのロック機構

このロック機構とかなりしっかりしたパッキンのおかげで、強力に密閉できる構造になっています。

スタンレーグロウラーを開けた様子

ロックを外して蓋を開きます。

スタンレーグロウラーの中

写真だと見にくいですが中はこんな感じ。

真空二重構造になっていて抜群の保冷力があります。

スタンレー クラシック真空グロウラーのおすすめポイント

真夏でも2泊3日は余裕で氷が長持ちする保冷力

スタンレーグロウラーの中のロックアイス

グロウラーを使ってまず驚いたのが、想像以上に保冷力がすごいです。

ロックアイスを満タンに入れて結局全く使わずに帰ってきたことがあるのですが、

家に着いてグロウラーを開けてみると氷がほぼ溶けずに残っていました。(秋の過ごしやすい気温の時期だったと記憶。)

体感だと10%も溶けておらず、全く開けなかったらそれほどの保冷力があります。

また夏場のキャンプで使っても2日目に余裕で氷が残ってます。

真夏でも2泊3日くらいなら余裕で耐えられる保冷力があって信頼感が抜群です。

たろー

氷の保存方法としてこれがベストという結論になりました!

口が広くてロックアイスも簡単に出し入れできる

スタンレーグロウラーの口はロックアイスを入れられるくらい広い

グロウラーは普通の保冷ボトルよりも口が広いので、大きめのロックアイスも簡単に出し入れできます。

口の狭いボトルだと家庭で作った小さい氷じゃないと入らないので、ロックアイスが入るのは便利なポイント。

たろー

ハイボールとかロックアイスで飲んだ方が美味しいですからね!

置いておくだけでカッコいい

スタンレーグロウラーをキャンプサイトに置く

グロウラーデザインもカッコいいので、キャンプサイトに並べておくだけで絵になります。

スタンレーグロウラーとフュアーハンドランタン

氷入れとして便利なだけじゃなくて、スタンレーらしい無骨なカッコよさも使っていて満足しています。

もちろん水筒としても使える

スタンレーグロウラーと他のキャンプ道具

グロウラーはもちろん水筒としても使えます。

さらにその密閉性の高さから炭酸が抜けにくい特徴も。

ハイボール用の炭酸水やコーラの持ち運びにもぴったりですね。

たろー

ちなみに水筒としての用途の場合は1Lサイズもおすすめです!

スタンレー クラシック真空グロウラーの欠点

やや重い

スタンレーグロウラーの重さ

グロウラーはボトル本体だけで重量が実測値981gとやや重めです。

オートキャンプなら問題ないですが、徒歩キャンプやツーリングには使いにくいのは欠点。

氷を取るときは逆さにするから水が垂れる

スタンレーグロウラーから氷を取り出す

これはボトルという構造上仕方ないですが、

氷を取り出すときは逆さまにする必要があるので、溶け出した水が一緒に垂れます。

大きな欠点というわけではありませんが、強いて言うならこれも欠点ですかね。

たろー

ただ、総じてとても使いやすい保冷ボトルですよ!

【まとめ】キャンプで氷の長持ち保存・持ち運びにはスタンレー グロウラーが最適!

スタンレーグロウラーをテーブルに置く

スタンレーの「クラシック真空グロウラー」を詳しくレビューしました!

キャンプの氷の持ち運び方法に悩んでいたら、このグロウラーに入れて持っていくのは超おすすめです。

実際に僕も使ってみてその便利さに感動し、今では絶対に手放せないキャンプ道具の1つになりました。

たろー

ぜひ買って試してみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる