【ケーバーBK2をカスタム】ハンドル交換とシース交換して黒い塗装を剥がしてみた。

先日、キャンプ用のナイフとして「KA-BAR(ケーバー)のBK2」というナイフを購入しました。

ナイフそのものは良いんだけど、そのままだどなんだか見た目が気に入らない…

ハンドルは滑りやすいし、カイデックスシースは抜きづらくて刃こぼれもしそうで嫌です。

これを自分好みにカスタムしようってことで、ハンドルとシースを交換して黒いコーティングも剥がしてみました。

この記事では、その作業の様子とカスタムした結果をお見せします!

目次

【BK2カスタム】ハンドル交換とシース交換

まず調べてみると、BK2の交換用のハンドルとシースは自作しているツワモノもたくさんいるみたいでした。

ハンドルは木材を切り出して作ったり、シースはレザークラフトで作ったり。

たろー

そんなスキルないし面倒くさそ~!

ということで、僕は早々に自作は諦めて既製品を探すことにしました。笑

色々探しましたが、BK2の既製品のハンドルを日本国内で販売しているのはAmazonで売ってるこれくらいでした。

なおシースはAmazonとかでは既製品が見つからず。

他にも探してみると「eBay」でたくさん出品されているのを見つけたので、ハンドルもシースもそこで気に入ったものを購入しました。

eBayで「bk2 hundle」とか「bk2 theath」って検索すればたくさん出てきます。

たろー

eBayは世界的に超有名な通販サイトで、海外の商品を購入できます!

参考までに僕がeBayで購入したのはこれらです。

注文後、2週間くらいでDHL(国際輸送)で家に届きました。

シースは画像を見て黒だと思って買ったけど濃い茶色のが届きました。

よく見たら説明文にはちゃんとBrownって書いてあった…。

たろー

まぁ仕方ない。気を取り直して、さっそくBK2をカスタムしていきましょう。

純正のハンドルは六角ボルトで留まっていて、外すためには4mmの六角レンチが必要です。

外すとこんな感じに。

ここに購入した木製ハンドルを付けていきます。

ちなみに新しく買ったハンドルはプラスドライバーで留めるタイプだったので、今後の取り外しは少し楽になります。

そしてハンドル交換をした結果がこちら。

シースも付けてみた。

たろー

うん、悪くはないけど、なんか思ったほど良くない。笑

刃の黒いコーティングのせいで微妙な気がします。

やっぱりナイフは刃がシルバーに輝くのがカッコいいでしょ!ということで、コーティングも剥がしていってみます。

【BK2カスタム】黒いコーティングを剥がす

コーティングを剥がすためには塗装はがし剤を使います。

僕はホルツのペイントリムーバーってやつを使いましたが、AmazonのBK2の関連おすすめ商品に↓が出てくるからこれが良いのかもしれない。

コーティングをしっかり覆うように塗装はがし液を付けていきます。

ちなみに作業するときは必ずゴム手袋を着用しましょう。

剥がし液が少し肌に付いたとき、めちゃくちゃヒリヒリしました。絶対に素手でやっちゃダメです。(ちなみにゴム手袋も反応起こして変形してたから、触り過ぎない方が良いと思う。)

たろー

絶対に素手でやっちゃダメなやつです!

しばらく放置してると、ぶちぶちと塗装がはがれてきます。結構気持ち悪い。

歯ブラシで剥がしていきました。

剥がれ切らなかった部分は、もう一度剥がし液をかけて剥がしました。

裏面や側面、細かいねじ穴の部分も頑張って剥がしていきます。

完全に塗装を剥がした結果がこちら。

綺麗に剥がれたけど、だいぶくすんでいますね。磨いて綺麗にしていきたいと思います。

【BK2カスタム】磨いていく

磨くために使った道具はピカールケアとウェス。

本当は革砥とかを使った方が良いんだろうけど、持ってないので家にあるものでやってみました。

ピカールケアをナイフに乗せてウェスでひたすら磨いていきました。

ゴシゴシと磨くこと約10分・・・

ここまで綺麗になりました。

本当は鏡面仕上げになるまでやりたいけど、多分ピカールケアじゃ無理そう。

ピカールだけでももうちょっと磨けると思いますが、今回はこのくらいで良しとします。

たろー

鏡面仕上げのやり方を勉強して、気が向いたらまた磨きたいと思います!

【BK2カスタム】これが完成形

ウッドハンドルを装着したらこうなりました。めちゃくちゃ良い感じ。

最初のこの状態よりかなり好みです。

購入したシースを付けたらこんな感じ。

たろー

シースはやっぱりブラックが良かったなぁ。笑

【まとめ】ケーバーBK2をカスタム ハンドル&シース交換して黒い塗装を剥がしてみた。

ケーバーBK2のカスタムの様子と、その出来栄えをご紹介しました。

個人的にはカスタマイズしてかなり好みのナイフになったので、やって良かったなと思ってます。

今後はこの自分仕様のナイフで、思う存分にバトニングとかしていきたい。

たろー

楽しいのでぜひカスタマイズしてみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる