キャンプギア

カリマーSFプレデターパトロール45をレビュー!最高にカッコよくてモールシステムがキャンプに便利なバックパック!

カリマーSFのプレデターパトロール45というバックパックをご存じでしょうか。

抜群のデザインで収納力や機能性も最高。

  • 無骨でカッコいいデザイン
  • 45Lの大容量
  • オプションの拡張ポーチで自由にカスタマイズ
  • モールシステムで道具を引っ掛けられる
たろー
たろー
これ以上ないくらいキャンプに最適なバックパックです!

今回はこのプレデターパトロールを2年近く愛用してわかったことや、おすすめポイントなどを詳しくレビューしていきます。

カリマーSFプレデターパトロール45の基本情報

スペック

商品名 Predetor PATROL 45
ブランド名 Karrimor SF
容量 45L
サイズ 45×34×25cm
重量 2.1kg
素材 KS100e
(1000デニールナイロン布地をシリコンコーティング)

「カリマーSF」とは、登山用ウェアで有名な「カリマー」の特別モデルです。

〈Karrimor SF〉とは、イギリスの軍隊や警察の特殊部隊のために開発された、タフネスを最大限まで高めた特別仕様モデル。
SFとはSpecial Force(特殊能力)のこと。
ミリタリーという過酷な状況での使用を前提としているため、
機能やデザインは実用性を重視。
しかしながら、機能美ともいえるルックスを兼ね備えているのが、〈Karrimor SF〉の魅力です。
引用:カリマーSF

たろー
たろー
軍隊でも使われている本格派!

ミリタリーなデザインがとてもカッコよくて、耐久性が非常に高い造りになっています。

モールシステムで道具を引っ掛けたり、オプションでポーチの拡張ができるのも大きな特徴。

またカラーも豊富で、オリーブ・コヨーテ・ブラック・マルチカモがあります。

外観

まずは外観を見ていきましょう。

全体感がこちら。非常にカッコいいですね。

重要な収納部から見ていきます。

蓋の上部にポケットが付いています。

広さもあってすぐに取り出したい小物の収納に便利です。

ここにレインウェアを入れておくのも良いですね。

蓋の裏側にもメッシュポケットが付いています。

僕はここに歯ブラシセットとかを収納しています。

ちなみに蓋の裏側にタグが付いています。

ミリタリー感があって地味にカッコいいポイント。

メインの収納がこちら。

写真だと伝わりづらいですが45Lの容量があってとても広いです。

背面部にはポケットもあります。

ポケットの外側にはベルトが付いていて、ここに荷物の固定も可能です。

なお背中に当たる部分には補強板が入っていて型崩れしないようになっています。

収納部はドローコードで絞って閉める仕様。

荷物の取り出し口はここのみです。

収納口はベルトでさらにコンプレッションできます。

このベルトにブランケットなどを挟むという使い方もできて、

蓋を上からかぶせればこんなパッキングも可能。

カッコいいし便利な機能です。

続いてこちらが大きな特徴でもあるモールシステム。

ここにカラビナでキャンプ道具を引っ掛けたり、

こういった別売りのオプションのポーチがあるので、

本体のモールとポーチ裏のモールを編み込むようにして取り付ければ、

収納を拡張することができます。(オプションは後で詳しく紹介します。)

両サイドにもモールシステムが付いています。

下部のサイドポケットはボトルなどの収納に便利です。

補助ベルトも付いているので長さのあるものも収納できます。

また、サイドジッパーを閉めることでザック全体をコンプレッションすることも可能。

荷物が少ないときに便利な機能です。

なおこのサイドジッパーに取り付けて拡張できるサイドポーチもあります。(これも後ほど紹介します。)

ジッパーは全てYKK製なので、噛んだりするストレスが少ないのも嬉しいポイントです。

背中部分と肩紐にはクッションが付いていてフィット感を高めます。

肩紐の長さはもちろんベルト調節が可能だし、

肩紐の上部もベルトで調節可能で、体格に合わせてよりフィットさせられます。

もちろん腰ベルトもあります。

ただしペラペラでフィット感は良くないので、ここは期待しない方が良い部分です。

ちなみに蓋の後部などにも調整ベルトが付いていて、あらゆる箇所の微調節ができるのはとても便利です。

また下部に伸びるベルトの長さを調節すれば、こうやってマットなどを括り付けることも可能です。

バックパックキャンパーがよくやってる、あのカッコいいパッキングですね。

あとは前と後ろの同じくらいの高さに持ち手が付いています。

これが地味に便利で、荷物を入れて重くなっても持ち上げやすいです。

カリマーSFプレデターパトロール45のおすすめポイント

デザインが無骨でカッコいい

プレデター45はミリタリーなデザインがとにかくカッコいいです。

無骨っていう言葉はこのザックのためにあるんじゃないかっていうくらい、無骨な雰囲気を漂わせています。

こうやってキャンプ道具を色々と引っ掛けたり括り付けると、小慣れた雰囲気でとても良い感じ。

テントの後方にさりげなく吊り下げていますが、

こんな感じの男前キャンプスタイルに馴染んで絶妙にマッチしますね。

頑丈な造り

カリマーSFのバックパックに使われる生地は耐久性が非常に高いです。

一般的なバックパックは繊維の太さが420デニール程度なのに対し、

カリマーSFは1000デニールのナイロン布地にシリコンコーティングを施した、「引き裂き強度」と「折り曲げ耐久性」に非常に優れた生地を使用しています。

地面に置いたバックパックを少し引きずったりしても心配がないので、アウトドアシーンでは非常に重宝します。

たくさん入る容量

プレデター45は名前の通り45Lの容量があるので、荷物をたくさん収納できます

厳選したソロキャンプの道具の収納には充分な容量です。

僕はバックパックには着替えを収納することが多いですが、冬キャンプの防寒具をあれこれと詰め込んでも全然余裕があります。

モールシステムが便利

「外観」の項目でも紹介した通りモールシステムが非常に便利です。

たろー
たろー
上の写真はちょっとやり過ぎですが、買った当初にワクワクして色々付けてみたの図です!笑

カラビナでキャンプ道具を引っ掛けたり、マットなどを括り付けることが可能です。

モールシステムを上手く活用することで、45Lの容量以上に荷物を持ち運ぶことができます。

オプションのポーチで拡張が可能

プレデターシリーズはオプションで拡張ができるのも大きな特徴です。

オプションのポーチがたくさんあり、モールシステムに取り付けたりサイドジッパーに接続することで収納の拡張ができます。

たろー
たろー
後ほど「カスタマイズについて」の項目で詳しく紹介します!

カリマーSFプレデターパトロール45の欠点・注意点

腰で背負えず重い

僕は元々は徒歩キャンプに使うバックパックが欲しくてこのプレデター45を買いました。

容量があってデザインもカッコいいものを探していたら、これに辿り着いた感じです。

でも実際に徒歩キャンプで使ってみてわかったのですが、

たろー
たろー
めちゃくちゃ重くて肩が痛い…

 

一般的な登山用のバックパックは、

パッキング時の重心バランスやフィット感、さらには腰ベルトの造りが計算されていて、

「腰で背負う」ことで重い荷物でも背負いやすいように考えられています。

対してこのプレデター45は腰ベルトがペラペラで、背負うと全重量が肩に乗って「肩で背負う」状態になります。

ザックそのものも約2.1kgと重いうえに、

たくさん詰め込むと上の写真のように重心が後ろに偏るため、肩が引っ張られるような格好になります。

たろー
たろー
重いパッキングをして長時間背負っていると肩が死にます!笑

なので率直に言って徒歩キャンプ用のバックパックとしてはあまりおすすめしません。

徒歩キャンプ用なら素直に登山用バックパックが良いです。

かなり道具を減らせるなら徒歩キャンプも行けますが、体感だと20kgを超えたら厳しいです。

たろー
たろー
僕は車キャンプがメインになったので、短時間だけ背負う分には全く問題ないです!

底の荷物を取り出しにくい

メイン収納部をオープンできるのが上部だけのため、荷物を詰め込むと奥にしまったものを取り出しにくいです。

登山用のバックパックでよくあるように、背中部分がガバっと開くということはできません。

パッキングがシビアでパズルのように詰め込む必要がある場合は、ここも注意した方が良いでしょう。

防水性は弱い

多少の撥水性はありますが、防水性が強くはないので雨に濡れると普通に浸み込んでしまいます。

メイン収納部を閉じる部分だけやや防水性のある素材が使われていますが過信は禁物。

雨の場合はレインカバーを用意することをおすすめします。

カリマーSFプレデターパトロール45のカスタムについて

カリマーSFにはいくつかのバックパックがありますが、

このプレデター45のみオプションで収納を拡張することができます。

好きなオプションを組み合わせて自分好みにカスタマイズが可能です。

たろー
たろー
オプションの種類をざっと紹介します!

オプションのポーチの種類

1.Small Utility Pouch(スモールユーティリティーポーチ)

シンプルな小型ポーチ。

フロントでもサイドでも好きな位置に取り付けられます。

2.Large Utility Pouch(ラージユーティリティーポーチ)

大型のポーチ。収納量の広いポケットが欲しい場合はこれ。

サイズ的にフロントにのみ付けられます。外側がさらにモールシステムになっています。

3.Omni Pouch(オムニポーチ)

中型のポーチ。見た目がすっきりしていておすすめ。

サイズ的にフロントにのみ付けられます。バックルで閉じるタイプ。

4.Smoke Grenade Pouch(スモークグレネードポーチ)

超小型のポーチ。スマホなど小物の収納に便利。

フロントでもサイドでも好きな位置に取り付けられます。

5.IA Medical Pouch(IAメディカルポーチ)

小型のメディカルポーチ。

中は仕切りで分かれていて救急セットの収納に便利です。

6.PLCE Side Pockets pair(PLCEサイドポケット ペア)

収納を大幅に拡張できるサイドポケットの2つセットです。

大きな道具を収納したい場合はこれ。

7.Ammo Omni Side Pocket(アモ オムニ サイドポケット)

収納を複数増やせるサイドポケット。

上部は小ポケット2つ、下部は大ポケット1つに分かれています。

8.Double Omni Side Pocket(ダブル オムニ サイドポケット)

収納を複数増やせるサイドポケット。

上下に大きいポケットが1つずつ付いています。

9.Molle panel(モールパネル)

サイドの全面をモールにできるオプションです。

いくつか買ったけど今はオムニポーチのみ使用

徒歩キャンプのためにプレデター45を買った当初、僕は下の3つのオプションも一緒に購入しました。

オムニポケットでフロントの収納を拡張し、荷物量に応じて2種類のポケットを使い分けようと考えました。

実際に徒歩キャンプをしたときの写真がこちら。

この時はオムニポーチとにアモオムニサイドポケットを付けています。

徒歩キャンプをするなら実際に上記のオプションの選択は正解だったと思います。

ただスタイルが変わって車でしかキャンプに行かなくなったので、サイドポケット系は活用するシーンがなくなり全て手放してしまいました。

最終的にはオムニポケットのみ現役として残って、サイドには燃料ボトルなどを収納しています。

サイドポケットがない方がすっきりとした縦長のデザインで個人的に好みです。

たろー
たろー
車キャンプならこのスタイルはとてもおすすめ!

【まとめ】カリマーSFプレデターパトロール45をレビュー

カリマーSFのバックパックプレデターパトロール45を詳しくレビューしました!

無骨なデザインがカッコよく、耐久性が高く、容量も大きく、モールシステムが非常に便利。

どこを取ってもキャンプに最適なバックパックです。

はっきり言って徒歩キャンプにはちょっと重いですが、

「車キャンプでもバックパックはカッコよくいきたい!」っていう人には本当におすすめです!

最高におしゃれで実用的なキャンプ用品おすすめ15選【インスタ映えもばっちり】
最高におしゃれで実用的なキャンプ用品おすすめ15選【インスタ映えもばっちり】 そんなあなたのために、おしゃれキャンパー御用達のおすすめキャンプ道具をまとめて紹介します。 僕も実際におしゃれキャンプを楽...
ABOUT ME
アバター
たろー
平成元年生まれのキャンパー キャンプギアが大好き。 このブログでは、キャンプギアのレビューを中心にキャンプに関する情報を発信しています。 YouTube・SNSでもキャンプ情報を発信中。 おかげさまでInstagramのフォロワーは1万2千人を突破! レビュー依頼などは、お気軽に「お問い合わせ」かSNSのDMまでどうぞ。
こちらの記事もおすすめ