キャンプギア

アウトドアワゴンはクイックキャンプが最高!定番コールマンより優れる5つの理由!

アウトドアワゴンはクイックキャンプが最高!定番コールマンより優れる5つの理由!

荷物の多いキャンプで活躍するのがアウトドアワゴン。

特に駐車場から設営場所まで少し歩くキャンプ場の場合は、ワゴンがあると超快適になります。

そして僕が超おすすめするアウトドアワゴンが、

QUICKCAMPの「ワイドホイールアウトドアワゴンです。

定番のアウトドアワゴンといえばコールマンが有名ですが、

そちらとの比較も交えながらおすすめポイントを紹介していきます!

クイックキャンプ「ワイドホイールアウトドアワゴン」の基本情報

スペック

商品名 ワイドホイール アウトドアワゴン QC-CW90
ブランド QUICKCAMP
本体サイズ 約幅107cm×奥行49cm×高さ58cm
ハンドル高さ:88-110cm
荷台サイズ 約幅89cm×43cm×32cm
収納サイズ 約幅42cm×奥行23×高さ77cm
収納容量 約120リットル
重量 約11kg
耐荷重 100kg
素材 生地:ポリエステル
フレーム:スチール
ホイール:ポリエチレン(中央部分にラバーカバー付き)
付属品 収納カバー、底敷き、ラバーバンド
カラーバリエーション サンド、ブラック、カーキ
価格(税込) 9,960円

「QUICKCAMP」はeSPORTSが手掛けるプライベートブランド。

岐阜県に本社を持つ日本国内のアウトドアブランドです。

QUICKCAMPはコスパの高いキャンプ用品をたくさん発売していて、このアウトドアワゴンも人気商品のひとつです。

耐荷重は100kgあって必要十分。

サイズもアウトドアワゴンとして申し分ないです。

たろー
たろー
必要なスペックをしっかり満たして価格は1万円以下!コスパが高いアイテムです!

使い方

まず、こちらが収納状態。収納時もしっかり自立します。

さらに収納状態でも走行が可能。ちょっと動かしたいときに便利です。

収納カバーのポケットに底敷きを収納できるようになっています。

では、広げていきましょう。

カバーを外して固定用バンドを外します。

まずは全体を大まかにガバっと開いてから、

荷台の真ん中を押し下げて完全に開きます。

動きで見せるとこんな感じです。

本体を開いたら底敷きを敷きます。

あとはハンドルを伸ばせば完了!

いつでも使える状態になります。

なお、ハンドルは3段階に伸縮可能です。

使わないときはハンドルを本体に固定できるので、プラプラする心配はありません。

ちなみに荷物が多い場合に固定できるゴム紐が付いています。

たろー
たろー
収納は逆の手順をやるだけです!とても簡単に使えますよ!

クイックキャンプ「ワイドホイールアウトドアワゴン」5つのおすすめ理由

僕がQUICKCAMPのアウトドアワゴンをおすすめする理由は、大きくこちらの5つ。

おすすめ理由
  1. デザインとカラーバリエーションがカッコいい
  2. ハンドルがO字で握りやすい
  3. タイヤが大きくて悪路でも使いやすい
  4. 生地がヘタってもスペアカバーだけ購入できる
  5. 180日間の製品保証があって安心
たろー
たろー
それぞれ詳しく紹介していきます!

1.デザインとカラーバリエーションがカッコいい

カラー
  1. サンド
  2. ブラック
  3. カーキ

上記の3カラーがあり、どれもカッコいいラインナップです。

たろー
たろー
特に男性にはたまらないカラーばかりですね!

さらにジッパーやマジックテープの部分まで本体カラーに合わせてあるこだわりっぷり。

写真だとちょっと伝えにくいですが、要するに細かい部分までカラーが統一されてるってことです。

こういう細部までこだわった製品はとても好感が持てます。

こちらが僕が愛用しているブラックの全体観。

アウトドアワゴンってなぜか微妙なデザインの物が多いですが、QUICKCAMPのワゴンはズバ抜けてカッコいいです。

ワゴンなんて運べれば良いかもしれないですが、デザインが好きな道具を使うとやっぱりテンションが上がりますね。

キャンプサイトに置きっぱなしにしても映えます。

カッコいいからこそ置きっぱなしにできて、キャンプ中も道具の収納場所として使えるのでおすすめです。

2.ハンドルがO字で握りやすい

出典:Amazon

定番のコールマンのアウトドアワゴンはハンドルの形状が「T字」です。

これだと指の間にハンドルを引っかける感じになって、重いものを運ぶと手が痛くなってしまいます。

対してQUICKCAMPのワゴンは、

ハンドルが形状が「O字」になっていて握りやすいのが特徴。

無駄な力を使うことなくワゴンを引けるので手が痛くなりにくいです。

たろー
たろー
これはかなり重要な違いですよ!

3.タイヤが大きくて悪路でも使いやすい

直径21cm・幅8.5cmの大型ホイールを搭載しています。

先ほどのコールマンの写真のタイヤと比べてもらえば、そのサイズの違いが分かります。

この頑丈なホイールのおかげで、

こんな段差がある岩場の悪路でも持ち上げることなく運搬できます。

さらにタイヤの中央部分にはラバーが付いていて、荷物に衝撃が伝わりにくい工夫がされています。

このラバーのおかげで室内で使っても床を傷つけにくいメリットもあります。

たろー
たろー
アウトドアワゴンのタイヤはとても重要なパーツです!

4.生地がヘタってもスペアカバーだけ購入できる

カバーは取り外し可能になっています。

さらに万が一破れたりヘタってきてもスペアカバーのみ購入して交換が可能です。

普通は生地がダメになったら全体を買い替える必要があるので、交換して長く使えるのはとても嬉しいですね。

5.180日間の製品保証があって安心

QUICKCAMPの製品は全商品に180日間の製品保証があります。

製品の品質に自信があるからこそできることで、メーカーへの信頼感が持てます。

しかもアウトドアワゴンはヘビーに使うアイテムなので、なおさらこの製品保証は嬉しいところ。

クイックキャンプ「ワイドホイールアウトドアワゴン」の欠点・注意点

タイヤのストッパーがない

出典:Amazon

コールマンのアウトドアワゴンのタイヤには、このようにストッパーが付いています。

対してQUICKCAMPのワゴンのタイヤにはストッパーが付いていません。

この点は比較するとデメリットと言えるでしょう。

ただし僕はアウトドアワゴンを使っていてストッパーが欲しいと思ったことは一度もありません。

そんな傾斜がある場所に設営することもほとんどないですからね。

たろー
たろー
逆に言うとデメリットはこれくらい!総じて本当におすすめのアウトドアワゴンですよ!

【まとめ】クイックキャンプ「ワイドホイールアウトドアワゴン」をレビュー

QUICKCAMPの「ワイドホイールアウトドアワゴン」を詳しくレビューしました!

類似製品がたくさんあるなか、デザインと機能性ともに本当に素晴らしいおすすめのアイテムです。

ちなみにアウトドアワゴンってキャンプで活躍するのはもちろんですけど、

BBQをするときや日常でちょっと荷物を運びたい時とかにも地味にあると便利なんですよね。

そういう意味でも、キャンパーなら一家に一台アウトドアワゴンを持つことをおすすめします!

たろー
たろー
QUICKCAMP製なら間違いないです!
無骨でカッコいいおすすめの男前キャンプギア21選
無骨でカッコいいおすすめの男前キャンプギア21選無骨でカッコいいおすすめの男前キャンプギアをまとめて紹介します!カッコよさはもちろん実用性にもこだわった道具ばかりを厳選しました。せっかくならカッコよく決めてキャンプを楽しんじゃいましょう!...
最高におしゃれで実用的なキャンプ用品おすすめ15選【インスタ映えもばっちり】
最高におしゃれで実用的なキャンプ用品おすすめ15選【インスタ映えもばっちり】 そんなあなたのために、おしゃれキャンパー御用達のおすすめキャンプ道具をまとめて紹介します。 僕も実際におしゃれキャンプを楽...
ABOUT ME
アバター
たろー
平成元年生まれのキャンパー キャンプギアが大好き。 このブログでは、キャンプギアのレビューを中心にキャンプに関する情報を発信しています。 YouTube・SNSでもキャンプ情報を発信中。 おかげさまでInstagramのフォロワーは1万2千人を突破! レビュー依頼などは、お気軽に「お問い合わせ」かSNSのDMまでどうぞ。
こちらの記事もおすすめ