キャンプギア

【スタンレーランチボックス】キャンプの調味料入れとしての使い方をブログで紹介!

【スタンレー クラシックランチボックス】キャンプの調味料入れとしての使い方をブログで紹介!
たろー
たろー
キャンプで使うカッコよくておしゃれな調味料入れが欲しい!

そんな僕にぴったりだったのが、スタンレーの「クラシックランチボックス

ランチボックスなんていう商品名ですが、これがキャンプの調味料入れに最適です。

キャンプで調味料の収納をどうするか悩んでいたらこれにたどり着き、使ってみたら本当にカッコよくて便利だったので詳しくレビューしていきます!

スタンレー クラシックランチボックスの基本情報

スペック

商品名 クラシックランチボックス 9.4L
ブランド STANLEY(スタンレー)
サイズ 幅330×高さ254×奥行165mm
重量 1.68kg
容量 9.4L
材質 スチール製
カラー ネイビー / グリーン

「STANLEY(スタンレー)」といえばステンレスボトルが有名なブランドですが、このランチボックスも非常に人気が高いアイテムです。

再版されては即完売を繰り返しているほどの人気商品なので、チェックしたときに在庫があればラッキーです。

カラーは僕が使っているネイビーの他にグリーンもあります。

スタンレーの製品ですが保温・保冷機能はありません。

出展:STANLEY

写真の通りランチと水筒を収納できるように作られているので、「ランチボックス」という名前が付いています。

たろー
たろー
日本人には「イカした工具箱」のように見えますが、アメリカではこの形がランチボックスとして普通なのかな?

ちなみに今回紹介する9.4Lの他に、5.2Lのサイズもあります。

外観

こちらがスタンレーのランチボックス

耐久性の高いスチール製で、レトロな雰囲気のデザインが無骨でカッコいいです。

背面はこんな感じ。使い込んでいるので少し傷があります。

側面もいたってシンプルです。

底面にはスタンレーのロゴがあります。滑り止めなどは特に付いていません。

ハンドル部分はポリプロピレン製で持ちやすくなっています。

正面2ヶ所の掛け金でフタを閉める構造です。

掛け金は非常にしっかりしていて、少しの衝撃で外れて開いてしまうようなことはありません。

掛け金を開いてみましょう。

パカンとフタを開けるとこんな感じ。

収納部分がどれくらい広いのかわかりにくいかもしれないですが、

普通のサイズのボックスティッシュが余裕で2つ入ります。だいぶ広々とした容量があるのがわかりますね。

フタ部分には「留め具」と「ボトルの受け」が付いています。

僕は持っていないですが、スタンレーの「クラシック真空管ボトル0.75L」がここにぴったり収納できるように作られています。

たろー
たろー
セットで使うのもカッコいい!

ちなみにこの留め具は外して使うこともできます。

あと地味に便利なポイントがあって、

フタを開けたときにハンドルがちょうど地面に着くように設計されています。

このおかげで中のものを触っているときにガタガタ揺れたり、バランスを崩してひっくり返ることがありません。

スタンレー クラシックランチボックスの調味料入れとしての使い方

僕はこのスタンレーランチボックスを、調味料入れ兼カトラリーの収納ボックスとして使っています。

たろー
たろー
実際にどんな感じで使ってるのかお見せします!

ちょっとゴチャついてて恥ずかしいですが中身はこんな感じです。

収納してるもの
  • 調味料一式(ボトルそのまま)
  • スティックコーヒーを入れた缶
  • ウイスキーの小瓶
  • カトラリー
  • スノピのマグカップ(2つスタッキング)
  • シェラカップ×2
  • 無印の木皿×2
  • キッチンペーパー

見えにくい部分もありますが、上記のものが全て収納できています。もちろんちゃんとフタも閉まります。

高さもあるので調味料ボトルをそのまま収納できるのが非常に便利なポイントです。

たろー
たろー
いちいち容器を詰め替えるの面倒ですからね!

ソロ~2人分までならこうやって食器類も含めて収納可能。

ファミリーだったら食器類は収納を分けた方が良いでしょう。

僕の場合、留め具の部分には水筒ではなくキッチンペーパーを収納しています。

たろー
たろー
ランチボックスという商品名ですが、こんな感じでキャンプの調味料ボックスとしてバッチリです!

スタンレー クラシックランチボックスのおすすめポイント

唯一無二の無骨でカッコいいデザイン

最大のおすすめポイントは、なんといってもその無骨でカッコいいデザインです。

キャンプで使う調味料ボックスって、探してもなかなかカッコいいものやお洒落なものが見つかりません。

そんな中でこのランチボックスには本当に一目惚れしました。

後述の通り多少は使いにくい部分もありますが、唯一無二のデザインで「見た目も大事!」という方には本当におすすめです。

ランチボックスは単なる調味料入れとしてではなく、「魅せる収納」としてキャンプサイトをカッコよく演出してくれます。

同じスタンレーのボトル「グロウラー」も使っていますが、並べてもとてもカッコいいです。

たろー
たろー
グロウラーは保冷力抜群なので氷入れとして使っています!

9.4Lの大容量で色んな収納に使える

ランチボックスは9.4Lの大容量。

こうやって背の高い調味料ボトルもそのまま入れられるのは非常に便利です。

ご覧の通り、ばっちりフタも閉まります。

こんな感じでキャンプ道具の収納ボックスとして使うのももちろんアリですね。

たろー
たろー
コーヒーセットの収納に使ってるなんて方も多いようです!

スタンレー クラシックランチボックスの欠点・注意点

大きくて重い

スチール製なので本体だけで1.68kgとやや重いです。

たろー
たろー
うちの1kgが上限の量りだと当たり前ですがエラーになりました!笑

容量が大きい分だけサイズもあるので、ランチボックスを使うのは車で行くキャンプが前提になります。

ちなみに僕はいつも無印のコンテナに収納してランチボックスを持ち運んでいます。

フタ部分の留め具が少し不便

留め具が固い

フタ部分にある留め具ですが、これが固くて外すのが毎回大変です。

僕はここにキッチンペーパーを収納していますが、留め具のせいで取り出すのがちょっと面倒。ここは不満なポイントです。

ただ本来の使い方である水筒を収納するためには、これくらい強度がないとダメなのかもしれません。

ロールタイプではなくティッシュタイプのキッチンペーパーに変えることで、いちいち留め具を外す必要がなく使いやすくなりそうと考えています。

背の高いものを入れると留め具に当たることが

フタを閉めたときに、留め具がくる部分に背の高いものがあると、留め具に当たってしまってちゃんとフタが閉まらないことがあります。

そのため留め具に当たらないように中の収納を工夫する必要があり、「閉めてみては整理し直す」という面倒がたまに発生します。

留め具を完全に外してしまっても良いのですが、そうなるとフタ部分の空間を有効活用できません。

なので「仕方なし」という感じで留め具を付けた状態で運用しています。

たろー
たろー
この留め具だけが残念ポイントです。

そんな使いにくい部分も多少あるランチボックスですが、

やはりこのカッコよさが全てをカバーしてくれるので総合的には大満足の調味料入れです。

【まとめ】スタンレーのクラシックランチボックスをキャンプの調味料入れとして使う!

スタンレーのクラシックランチボックス9.4Lを詳しくレビューしました!

ランチボックスという名前ですが、キャンプでの調味料入れとしてぴったりです。

「カッコよくておしゃれな調味料ボックスが欲しい!」という場合は、これ以上ない最高のアイテム。

調味料のボトルをそのまま収納できる容量もあって本当におすすめです。

たろー
たろー
キャンプの調味料入れはこれで決まり~!
最高におしゃれで実用的なキャンプ用品おすすめ15選【インスタ映えもばっちり】
最高におしゃれで実用的なキャンプ用品おすすめ15選【インスタ映えもばっちり】 そんなあなたのために、おしゃれキャンパー御用達のおすすめキャンプ道具をまとめて紹介します。 僕も実際におしゃれキャンプを楽...
ABOUT ME
アバター
たろー
平成元年生まれのキャンパー キャンプギアが大好き。 このブログでは、キャンプギアのレビューを中心にキャンプに関する情報を発信しています。 YouTube・SNSでもキャンプ情報を発信中。 おかげさまでInstagramのフォロワーは1万2千人を突破! レビュー依頼などは、お気軽に「お問い合わせ」かSNSのDMまでどうぞ。
こちらの記事もおすすめ