【ユニフレーム 山フライパン深型レビュー】最高の万能クッカー、蓋も必須です!

キャンプのクッカーって、種類が多いのでどれを買おうかとても迷いますよね。

僕も色んなクッカーを調べては買って試してみました。

そんな僕が今でもキャンプで超愛用している、

ユニフレームの山フライパン 17cm 深型について詳しくレビューします!

たろー

これひとつで何役にもなるから、めちゃくちゃ便利なんです!

  • 山フライパンを実際に使ってる人の感想を知りたい!
  • 通常サイズと深型があるけど、どっちがおすすめ?
  • スタッキングができるかも知りたいなぁ!

こんな方はぜひ参考にしてみてください!

目次

ユニフレーム山フライパンは通常サイズと深型どっちがおすすめ?

まず、ユニフレームの山フライパンは2種類あります。

最初にその違いを紹介しておきます。

山フライパン 17cm

山フライパン 17cm 深型

名前の通り深さが違うのですが、どちらも人気なので迷う方も多いのではないでしょうか。

通常サイズが40mm、深型が65mmで、深さに25mm(2.5cm)の違いがあります。

結論から言うと、僕は絶対に深型をおすすめします!

この25mmの差はクッカーの利便性としてかなり大きいと思うんですよね。

たろー

詳しくはこのあと解説していくよ!

ユニフレーム山フライパン17cm深型の基本情報

スペック

メーカーユニフレーム
商品名山フライパン 17cm 深型
サイズ収納時:約φ170×65mm
材質本体:アルミニウム・フッ素樹脂加工
ハンドル:ステンレス鋼
重量約205g
満水容量約1.3L
付属品収納ケース
定価2,900円(税込)

商品の仕様はこんな感じ。

フッ素樹脂加工されていて、焦げ付きにくく洗いやすいのが特徴です。

山に持って行くのが前提の商品だけあって、205gとかなり軽量なのもポイントですね。

たろー

山フライパンって名前だけど僕は山登りはしません。キャンプでも普通に使えるのでご安心ください!笑

外観

では、外観を見ていきましょう。

使い込んでてピカピカではないので、そこはご愛嬌。笑
もちろん新品はもっとピカピカですよ!

ユニフレームらしい、シンプルで美しいデザインですね。

よくある安物のクッカーよりも、ちゃんとした製品って感じが伝わってきます。

ハンドルは折りたたみ式のステンレス製で、持ちやすさもバッチリ。

ハンドルはピタッと収納できて、とてもコンパクトになります。

付属の収納ポーチに入れるとこんな感じです。

ユニフレーム山フライパン17cm深型のおすすめポイント

【フライパンになる】深さで炒め物が飛び出さない

山フライパンって名前だけにフライパンとして大活躍します。

深型であるメリットはここでもあって、深さがあるおかげで炒め物が飛び出しにくいです。

たろー

他のクッカーに比べて調理がしやすいのなんのって!ぜひ使ってみて欲しいです!

【鍋にもなる】深さがあるからこそ

深さがあるから、なんと鍋にもなっちゃいます。

フライパンって名前なのに鍋にもなるのが、この深型の真骨頂です。

1人か2人くらいだったらジャストサイズの鍋として活躍します。

たろー

僕は冬のソロキャンプのとき、山フライパン深型で炒め物してからそのまま鍋をするのが恒例です!

【炊飯もできる】

もちろん炊飯もできちゃいます。

フッ素樹脂加工のおかげでお米がこびりつきにくいのも嬉しいところ。

たろー

これひとつで何役もの活躍をしてくれます!

フッ素樹脂加工で焦げ付きにくく洗いやすい

山フライパンが人気の理由は、このフッ素樹脂加工です。

焦げ付きにくくて洗いやすいのは本当に便利。

キャンプ中はウェットティッシュでサッと拭くだけで汚れが落ちるので、洗い物を減らせます。

たろー

キャンプで一番面倒なのは洗い物ですからね!僕はいつも家に帰ってしっかり洗ってます!

ソロキャンプでもグループキャンプでも活躍

僕はこの山フライパン深型をどんなキャンプにでも持って行きます。

  • ソロキャンプ:フライパン&鍋に。メインのクッカーとして大活躍!
  • グループキャンプ:何にでも使える万能クッカーとして大活躍!

どんなシーンでも使える万能クッカーなので、ひとつ持っておくと超便利です。

たろー

色んなクッカーを使ってきましたが、これは本当におすすめ!

ユニフレーム山フライパン17cm深型は専用の蓋があるとさらに便利

山フライパンには別売りで「山リッドSUS」という専用のリッド(蓋)が売ってます。

これ、単なる蓋のくせに1,500円(税込)もします。笑

たろー

山フライパンを買うなら絶対にこの専用リッドもセットで購入するのをおすすめします!

鍋をするときに蓋があった方が良いのはもちろんだし、

焚き火の近くに山フライパンを置いておくときに、蓋があれば煤が入るのを防げます。

ちなみに山フライパンの付属ポーチは専用リッドも一緒に収納できるのでご安心ください。

さらに細かい話ですが、このリッドの持ち手は外して上下逆にも付けられます。

一手間増えるけど、収納時は逆に付けておくと突起がなくなってスッキリします。

ユニフレーム山フライパン17cm深型のスタッキング

クッカー選びとなると、スタッキング事情が気になる人も多いですよね。

スタッキングとは

食器や調理器具を重ねてコンパクトに収納すること。
できるだけ荷物を減らしたいアウトドアでは重要なポイント。

僕はいつも山フライパン深型に、

同じユニフレームの「ライスクッカーミニDX」をスタッキングしています。

これがライスクッカーミニ。

山フライパンにピッタリとスタッキングできるサイズです。

さらにライスクッカーの蓋を裏返しにして、

山リッドSUSの持ち手も上下逆にして乗せるとピタッとスタッキング完了。

しかもライスクッカーミニをスタッキングしても山フライパンの専用ポーチに収納できちゃいます。

たろー

まるでこれを想定してたかのような収納ポーチのサイズ感!

ユニフレーム山フライパン17cm深型の欠点・注意点

焚き火調理での使用はNG

せっかくのフッ素樹脂加工が痛んでしまうので、焚き火調理はできません。

これはコーティングされているクッカー全般に言えるので、山フライパンに限ったデメリットではありませんけどね。

ただ焚き火をしていると、「ここで山フライパンで調理もできると便利なのになぁ~」と思うことはよくあります。笑

たろー

特殊コーティングと焚き火調理可能は、どちらを選ぶかトレードオフの関係ですね!

OD缶はスタッキングできない

クッカーとなるとOD缶をスタッキングできるか気になる人も多いと思いますが、

山フライパンは深型でも深さが足りなくてOD缶はスタッキングできません。

やはりOD缶のスタッキングはスノーピークのアルミパーソナルクッカーなど、コンボクッカー系の専売特許ですね。

【まとめ】ユニフレーム山フライパン17cm深型をレビュー

僕が愛用しているユニフレームの「山フライパン17cm深型」について詳しくレビューしました!

フライパン・鍋・炊飯と、これひとつで大活躍する万能クッカーです。

ソロキャンプでもグループキャンプでも色んなシーンに使えて持っておいて間違いのない超おすすめクッカーなので、きっと気に入ると思いますよ^^

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる