キャンプギア

【キャンプマニア グリルスタンドMレビュー】使い勝手抜群のアイアンテーブル

【キャンプマニア グリルスタンドMレビュー】使い勝手抜群のアイアンテーブル

どーも!たろー(@taro__camp)です!

 

今回は僕がキャンプに必ず持っていく超お気に入りのテーブルを紹介します。

その名もCAMPMANIAの「グリルスタンド」

本当にめちゃくちゃ便利なアイアン製のローテーブルです。

 

このテーブルが気になってる人はもちろん、

キャンプのテーブル選びに悩んでる方はぜひ参考にしてみてください^^

 

キャンプマニアってどんなブランド?

出展:CAMPMANIA公式サイト

「キャンプマニア(CAMP★MANIA PRODUCTS)」とは、

2013年に岐阜県で誕生したアウトドア系のガレージブランドです。

メイドインジャパンのものづくりにこだわっていて、

王道的なキャンプギアから独創性の強いこだわりのアイテムまで幅広くラインナップしています。

たろー
たろー
今回紹介する「グリルスタンド」と「焚き火ハンガー」が特にキャンパーの間で有名なブランドだよ!

CAMP MANIA
公式サイト

 

キャンプマニア グリルスタンドの特徴・メリット

今回はそんなキャンマニアの人気商品「グリルスタンド」を紹介していきます。

まずはその特徴とメリットを見ていきましょう!

デザインがカッコいい

グリルスタンドは、何よりその無骨でスタイリッシュなデザインがめちゃくちゃカッコいいです。

デザインは好みにもよるとは思いますが、男性なら誰もがこのアイアンテーブルには心をくすぐられるのでは?

設営が超簡単

出展:CAMPMANIA公式サイト

グリルスタンドは両方の足を開くだけで設営できて超簡単です。

キャンプで使うテーブルって、

  • 足を広げて…
  • 天板を乗っけて…
  • ずれないようにストッパーをかけて…

と、ちょっと大変なことも多いですが、

グリルスタンドは5秒もあれば設営できちゃいます!

スキレットやダッチオーブンを気にせずそのまま置ける

グリルスタンドはアイアン製で、耐熱性が高いので火にかけたスキレットやダッチオーブンを鍋敷き不要でそのままドカッと置くことができます

細かい気を使わなくて良いので、これは本当に便利ですよ!

S・M・Lの3サイズ展開

キャンプマニアのグリルスタンドはS・M・Lの3サイズが展開されています。

用途によってサイズを選べるのも便利ですね。

Sサイズ

出展:CAMPMANIA公式サイト

使用時サイズ 305×455×200(mm)
収納時サイズ 305×455×48(mm)
重さ 3.7kg
耐荷重量 30kg
価格 4,500円(税別)

Sサイズを見る 

 

Mサイズ

出展:CAMPMANIA公式サイト

使用時サイズ 456×606×249(mm)
収納時サイズ 456×606×48(mm)
重さ 5.5kg
耐荷重量 30kg
価格 5,500円(税別)

Mサイズを見る 

 

Lサイズ

出展:CAMPMANIA公式サイト

使用時サイズ 507×700×265(mm)
収納時サイズ 507×700×50(mm)
重さ 6.8kg
耐荷重量 30kg
価格 6,500円(税別)

Lサイズを見る 

 

3サイズの比較表はこちら。

S M L
使用時サイズ 305×455×200(mm) 456×606×249(mm) 507×700×265(mm)
収納時サイズ 305×455×48(mm) 456×606×48(mm) 507×700×50(mm)
重さ 3.7kg 5.5kg 6.8kg
耐荷重量 30kg 30kg 30kg
価格 4,500円(税別) 5,500円(税別) 6,500円(税別)

 

たろー
たろー
僕はMサイズを愛用しています!大きすぎず小さすぎない、絶妙なサイズ感ですよ!一番人気のサイズもMサイズです!

 

キャンプマニア グリルスタンドのデメリット

公正なレビューにするため、実際に使ってみてわかった「ここはちょっと…」というポイントもあえて書いておきます。

重い

アイアン製のテーブルなので仕方ないですが、Mサイズで5.5kgと結構な重量があります。

この重さだと車で行くオートキャンプでの利用が前提になりますね。

キャプテンスタッグのトートバッグMがジャストサイズなので、僕はこれに他の道具と一緒に収納して持っていっています。

 

脚のストッパーがない

グリススタンドには脚のストッパーがなく、持ち上げたときにプラプラと動いてしまいます。

もちろん地面に置いたときは動かないように設計されていますが、設営や運搬時には手を挟んでしまわないように注意が必要です。

 

錆びやすいから注意

グリルスタンドはアイアン製なので、ちょっと錆びやすいです。

水や食べこぼしが付着した状態で放置すると錆びてしまう場合があるので、撤収時はちゃんと拭いてあげましょう。

僕は使ったら毎回固く絞った雑巾で拭いていますが、今のところ気になる錆は全く出ていません。

 

キャンプマニア グリルスタンドの使用感レビュー

グリルスタンドのメリットとデメリットがわかったところで、僕の使い方をもうちょっと詳しく紹介します!

ソロキャンプでは不動のメインテーブル!

僕はソロキャンプをよくするのですが、グリルスタンドはソロスタイルの不動のメインテーブルとして愛用しています!

グリルスタンドのMサイズは1人用には必要十分なサイズ感。

僕は自分のサイトを「ウッド・ブラック・アイアン」でまとめているので、このグリルスタンドはベストマッチです。

僕はスキレットでキャンプ料理をすることが多いので、火からあげたスキレットをそのままドカッと置くことができるのはやっぱり超便利!

たろー
たろー
この便利さは僕のキャンプ仲間もめちゃくちゃ羨ましがってました!ソロキャンプでは今後も他のテーブル使うことないんじゃないかってくらい気に入ってます!

 

ローチェアと相性が抜群

僕がキャンプで愛用しているチェアは「カーミットチェア」というローチェアなのですが、

グリルスタンドはローテーブルなのでローチェアとの相性が抜群です。

最近はロースタイルのキャンプが流行っていて、まさにうってつけのテーブルですね!

 

グループキャンプでは焚き火用のテーブルに!

2人以上のグループキャンプでは、グリルスタンドMはメインテーブルとしてはちょっと小さいです。

そこで僕はグループキャンプでは別のメインテーブルを準備して、グリルスタンドは焚き火場用のテーブルとして大活躍しています!

焚き火の近くに置いてもアイアンテーブルなら火の粉を気にする必要なんてありません。

もちろんここでも、焚き火調理したダッチオーブンをそのままドカッと置けますよ!

ちなみに上の写真に映ってる焚き火ハンガーも同じCAMPMANIAの商品です^^

たろー
たろー
グリルスタンドはソロでもグルキャンでも大活躍です!本当に心からおすすめ!

 

【まとめ】キャンプマニア グリルスタンドのレビュー

僕も愛用しているキャンプマニアのグリルスタンドについてレビューしました!

デザイン良し、設営は超簡単、熱に強いという最高のローテーブルです。

もしグリルスタンドが気になっていたら、僕は自信を持っておすすめしますよ!

 

キャンプマニアの製品はAmazonや楽天では売ってないので、公式サイトから購入しました^^

CAMP MANIA
公式サイト

ABOUT ME
アバター
たろー
平成元年生まれのキャンプ大好きブロガー。 【ウッド×ブラック×アイアン】をテーマにおしゃれキャンプを目指してます。 春夏秋冬シーズン問わず、ソロキャンプ、デュオキャンプ、グルキャンなんでも行きます。 このブログでは、 ・キャンプギアの紹介 ・キャンプ場のレビュー ・キャンプの知識 など、キャンプに関する情報を発信していきます!(たまーに違うことも?) インスタにも力を入れているので、ぜひ覗いてみてください^^