【レビュー】ルーメナー2が評判通り最高のLEDランタンだった件

Amazonブラックフライデー開催中!

超人気のLEDランタン「ルーメナー2」を今さらながら購入しました。

今まではLEDランタンに1万円以上出すのはなぁと思ってましたが、これ最高です。

たろー

本当にもっと早く買っておけば良かった!
全キャンパーに今すぐ買うことをおすすめしたい!

ルーメナー2のなにがそんなに良いのか、

実際に使った感想や、その明るさについても詳しくレビューしていきます!

目次

ルーメナー2の基本情報

ルーメナー2

スペック

サイズ129×75×22.7mm
重量280g
LEDタイプCREE Venture J Series 48ea
LED色温度3色切り替え
5700K~4500K~3000K
明るさ100~1500ルーメン
バッテリー容量リチウムポリマー 10000mAh
使用時間約8時間~100時間
充電時間約5時間(5V 2.1A充電器で)
入力/出力電圧DC5V 2.4A/DC5V 2.4A
防水防塵規格IP67
付属品・専用ポーチ
・カラビナ
・マグネットフック
・充電用micro USBケーブル
・取扱説明書
参考価格¥13,000(税込)前後

ルーメナーシリーズは、クラウドファンディングの「Makuake」で話題を呼んで一躍有名になったLEDランタン。

最大光量が非常に明るいことでも有名なシリーズですね。

他にも「ルーメナー7」や「ルーメナープラス」といった商品もありますが、なかでもこの「ルーメナー2」が断トツで売れている人気モデルです。

たろー

洗練されたデザインと防水防塵仕様なのがキャンプに最適!

カラーバリエーション

ルーメナー2のカラーバリエーション
出典:Amazon

カラーは上記の5種類から選べます。

どれもカッコよくて迷ってしまいますね。

たろー

僕はメタルブラックを選びました!

ルーメナー2の外観をチェック

まずはルーメナー2の外観を見ていきましょう。

ルーメナー2のパッケージ

こちらがパッケージです。

ルーメナー2のパッケージ

デザインに関する色んな賞を受賞しているんですね。

ルーメナー2のパッケージの化粧箱

内箱もしっかりしていてこだわりを感じます。

ルーメナー2の収納ポーチ

こちらが専用ポーチ。

少しギラギラ感があって、個人的にはもう少しマットなデザインの方が好みでした。

ルーメナー2の収納ポーチの中身

専用ポーチはルーメナー2本体と付属品を全てまとめて収納できます。

ルーメナー2の付属品

こちらが内容物です。

内容物
  • ルーメナー2本体
  • 専用ポーチ
  • マグネットフック
  • カラビナ
  • 充電用micro USBケーブル
  • 取扱説明書
ルーメナー2の本体

ルーメナー2の本体。

美しいデザインです。

ルーメナー2とiPhone SE

iPhone SEと並べてみました。

スマホとほぼ同じサイズ感でコンパクトです。

ルーメナー2のLED面

LED面はこんな感じ。

ルーメナー2の電源ボタン

右上に電源ボタンが付いています。

操作はこのボタンだけで色んな機能を切り替えられます。

ルーメナー2の充電端子

カバーを開けると充電端子があります。

本体充電用のmicro USBと、スマホなどへの給電用のUSB Type-Aを搭載。

ルーメナー2の三脚穴

下部には三脚に装着できるネジ穴が付いています。

ルーメナー2の内蔵ループを立てる

背面のリングは片側が90度立ち上がるようになっていて、ループとして使えます。

しっかり重みもあり、無段階で90度まで角度調節が可能です。

ルーメナー2をカラビナで吊るす

このループに付属のカラビナを装着する使い方もできます。

ルーメナー2にマグネットフックを装着

背面のLUMENAロゴ部分にはマグネットが内蔵されていて、付属のマグネットフックはここに装着できます。

ルーメナー2のマグネットフックの動き

このフック部分も可動式で、無段階で180度の調整が可能。

ルーメナー2を手に持つ

以上が外観です。

たろー

考え抜かれた機能性の高さを感じますね!

ルーメナー2の色温度と明るさを検証

ルーメナー2のLED面

3つの色温度に切り替え可能

ルーメナー2のLEDには3つの色温度があります

3つのLED色温度
  1. 昼光色(5700K)
  2. 昼白色(4500K)
  3. 電球色(3000K)

電源ボタンを約2秒間長押しすることで、色温度の切り替えが可能です。

カメラの設定を固定して色の違いを比較してみました。

ルーメナー2の昼光色・昼白色・電球色を比較
それぞれ最大光量の1500ルーメン
たろー

はっきりと色の違いがあって使い分けしやすいです!

4段階の明るさ調節が可能

これらの各色温度で、ボタンを押すごとに、

  • 100ルーメン
  • 500ルーメン
  • 1000ルーメン
  • 1500ルーメン

上記の4段階で明るさ調節が可能です。

たろー

またカメラの設定は固定して、それぞれの明るさを検証してみました!

昼光色の各段階の明るさ

ルーメナー2の昼光色の明るさ比較

昼白色の各段階の明るさ

ルーメナー2の昼白色の明るさ比較
ルーメナー2の昼白色の明るさ比較

電球色の各段階の明るさ

ルーメナー2の電球色の明るさ比較
ルーメナー2の電球色の明るさ比較

明るさも各段階ではっきりと違いがあって使いやすいです。

最大光量の1500ルーメンは明るすぎて眩しいくらいなので、常用するのは1000ルーメンまでという印象を受けました。

たろー

ソロキャンプなら500ルーメンまでで充分です!

緊急SOS信号モードも搭載

なお、電源ボタンを約5秒間長押しすると「緊急SOS信号モード」の光り方をします。

ルーメナー2の緊急SOS信号モード

これがモールス信号で「SOS」を表す光のパターンになっています。

たろー

万が一ですが、山で遭難したときなどにあると心強い機能ですね!

ルーメナー2のおすすめポイント

これ1台で充分すぎるほど明るい

ルーメナー2でソロキャンプを照らす

紹介した通り、ルーメナー2は本当に明るいです。

写真はソロテントですが、ある程度大きなテントやタープでもこれひとつで充分な光量があります。

しかも広く拡散する感じで光を発するので、1台で広範囲を照らせるのも使い勝手が抜群です。

たろー

ルーメナー2があればランタンをいくつも置く必要がありません!

洗練されたデザインと高い質感

ルーメナー2

ルーメナー2はデザインや質感も素晴らしいです。

洗練されたスタイリッシュな見た目だけど、アウトドアの雰囲気も損なわない絶妙なデザイン。

ルーメナー2を手に持つ

そして手に持った瞬間に感動しました。

なめらかで吸い付くような手触りと、手にずっしりとくる適度な重量感がプロダクトとしての質の高さを感じさせます。
(良い意味です。決して重すぎるわけじゃないです。)

たろー

まるでApple製品かのような質感の高さもルーメナー2の魅力です!

充電式のLEDランタンはやっぱり便利

僕は今まで「たねほおずき」や「ジェントスのLEDランタン」といった電池式のLEDランタンしか持っていませんでした。

電池式だと、電池残量を気にしたり予備の電池を持っておいたり、心配事が多いんですよね。

ルーメナー2を充電する

対してルーメナー2は充電式です。

最大光量でも8時間持つので、キャンプに行く前にしっかり充電しておけば、1泊のキャンプなら余裕で持ちます。

やっぱり充電式のLEDランタンはめちゃくちゃ便利ですね。

たろー

電池残量の心配が少なくなって精神的にすごく楽!

ルーメナー2は充電中でもライトが点く

なお、ルーメナー2は充電中でもライトとして使用可能です。

色んな使い方ができて超便利

そして、ルーメナー2は色んな使い方ができるのが本当に便利です。

使い方のバリエーションはこんなにあります。

ルーメナー2の使い方バリエーション
  1. 本体のループを立てて吊るす
  2. 本体のループを立ててスタンドにする
  3. 付属のマグネットフックで吊るす
  4. 付属のマグネットフックで挟む
  5. 付属のカラビナで吊るす
  6. 三脚に装着する
たろー

付属のマグネットフックとカラビナが超実用的です!

1.本体のループを立てて吊るす

ルーメナー2の内蔵ループを立てる
ルーメナー2をハンガーに吊るす

本体の内蔵ループを立てればランタンハンガーなどに吊るせます。

ルーメナー2を角度を付けてハンガーに吊るす

ループの角度を調節すれば、照らす方向を微調整することも可能です。

ルーメナー2を角度を付けてハンガーに吊るす

さらにループの内側はギザギザになっていて、横方向の微調整も可能になっています。

本体のループを立ててスタンドにする

ルーメナー2をスタンドで使う

内蔵ループはスタンドにもなるので、テーブルなどに置いて使うこともできます。

付属のマグネットフックで吊るす

ルーメナー2に磁石ハンガーを付ける
ルーメナー2を磁石ハンガーで吊るす

付属のマグネットフックを装着すれば、テントのランタンループなどに吊るせます。

ちなみにこのフックも角度を調整することが可能です。

付属のマグネットフックで挟む

ルーメナー2を磁石ハンガーでテントに挟む

さらに、マグネットフックを使えば、ランタンループがない箇所でもテントやタープに直接挟めばどこにでも設置できます。

上の写真は綿100%のやや厚めのパップテントに挟んでいますが、ばっちりホールドできています。

ソロキャンプをルーメナーで照らす

ループに吊るすよりもプラプラせず見た目がスッキリするので、この使い方は非常に便利だと感じました。

付属のカラビナで吊るす

ルーメナー2と付属のカラビナ

付属のカラビナも使い方の幅を広げてくれます。

思いつきでやってみたら超便利だった使い方を紹介します。

ルーメナー2をカラビナでパンツに吊るす

まず、カラビナは常にパンツのベルトループに付けておきます。

そして、トイレに行くときにテントからルーメナーを外してカラビナに装着すれば、ハンズフリーで夜道を照らせます。

そして戻ってきたらまたマグネットでテントにルーメナーを装着。

ソロキャンプならではの使い方ですが、ルーメナー2だけで全てをスマートに運用できて、これが本当に便利でした。

たろー

一緒にいたソロキャン仲間もこの使い方を羨ましがってました!笑

三脚に装着する

ルーメナー2の三脚穴
ルーメナー2をゴリラポッドに装着

ルーメナー2は三脚にも装着できます。

これなら、もはやどこにでもランタンを設置できるようになります。

キャンプの写真や動画を撮影したいときのライトとしても活躍しますよ。

自宅での撮影用ライトとしても活躍

これはやらない人には関係ないですが、自宅での撮影用ライトとしても最高です。

ルーメナー2を撮影用ライトとして使う

僕はよく部屋でブログ用の物撮りをしますが、ルーメナー2を三脚に装着すれば補助ライトとしての使い勝手が抜群です。

充電式だから手軽にササっと使えるし、色温度や明るさを調節できるのも便利。

たろー

キャンプにも撮影にも使えて最高じゃんと思って買ったら、本当にその通りでした!

安心の防水防塵仕様

ルーメナー2の防水性能

ルーメナー2はIP67の防水防塵仕様なので、アウトドアでも安心して使えます。

IP67とは

水深が1m、30分以内の一時的浸水に対して防水できます。
※この基準は塩分が無い常温のきれいな水質の淡水で測定したものです。(真水)

たろー

つまり、雨に濡れたり水が掛かっても全く問題ないってこと!

ルーメナー2の充電端子のカバー

充電端子のカバーがしっかり閉まっていないと防水性能を発揮できないので、そこだけ注意です。

モバイルバッテリーにもなる

ルーメナー2のモバイルバッテリー機能

ルーメナー2はモバイルバッテリー機能も搭載しています。

10000mAHの大容量でスマホなどを充電することが可能。

徒歩キャンプなど、できるだけ荷物を減らしたい場合は重宝しますね。

たろー

個人的にはモバイルバッテリーは別で常に持ち歩いているので、あまり使いませんが…!

ルーメナー2はスマホ給電中でもライトが点く

ちなみにスマホに給電中でもランタンとして使えます。

たろー

このコンパクトボディにここまでの機能が詰め込まれてるルーメナー2すごすぎ!

ルーメナー2の欠点・注意点

明るさが無段階調節ではない

ルーメナー2を点灯

強いて言うならの不満点ですが、ルーメナー2の明るさは4段階調節で無段階調節ができません。

100~1500ルーメンの間で無段階調節できたら理想的でした。

ただ、撮影ライトとして使う際にその方が少し便利なだけで、キャンプにおいては4段階調節でも全く不満はありません

たろー

本当に強いて言うならなので、まず気にならないと思います!

充電端子がmicro USB

ルーメナー2はmicro USB

ルーメナー2の充電端子はmicro USB。

ガジェット好きとしては、充電端子はUSB Type-Cが良かったです。

最近の新しいガジェットはどんどんType-C規格になっているので、それらと充電ケーブルを使い回せた方が便利なんですよね。

たろー

ガジェット好きじゃなければ気にならないであろうデメリットです!

価格が高い

ルーメナー2

唯一にして最大の欠点はやはり価格が高いことでしょう。笑

たろー

LEDランタンに1万3千円かぁ

僕も最初はこう思ってました。

前から気になってはいたけど、やっぱり価格で躊躇しますよね。

でも実際に使ってみたら、もっと早く買っておけば良かったと後悔しているほど最高でした。

本当に超便利だし、質感が高くて所有してる満足度も非常に高いです。

たろー

これがまさに「迷う理由が値段なら買え、買う理由が値段ならやめとけ」ってやつですね!

【まとめ】ルーメナー2をレビュー!

ルーメナー2

ルーメナー2を詳しくレビューしました!

改めておすすめポイントをまとめると、

おすすめポイント
  • 1台で充分すぎるほど明るい
  • 洗練されたデザインと高い質感
  • 充電式のLEDランタンはやっぱり便利
  • 色んな使い方ができて超便利
  • 自宅での撮影用ライトとしても活躍
  • 安心の防水防塵仕様
  • モバイルバッテリーにもなる

とにかく超便利で本当に感動しました。

こりゃ売れるわけだって感じで、繰り返しますがもっと早く買っておけば良かったです。

価格は高めですが絶対にその価値があるので、迷ってる方は自信をもっておすすめしますよ。

たろー

僕も今後のメインランタンがルーメナー2に確定しました!

Amazonブラックフライデー開催中!

期間:2021年11月16日(金)9:00~12月2日(木)23:59

Amazonブラックフライデーでおすすめのキャンプ用品まとめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる