ピコグリルにぴったりの焚き火シートを見つけたので使用感をレビュー!【CARBABYスパッタシート】

ピコグリルは便利な焚き火台ですが、焚き火シートが付いていません。

キャンプで焚き火をするなら、地面や芝の自然環境を守るために「焚き火シート(スパッタシート)」を下に敷くのがマナーです。

ピコグリル398用の焚き火シートを探している方のために、

僕が実際に使って良かったおすすめの焚き火シートを詳しく紹介します!

追記

その後、ブラックでカッコいい焚き火シートも見つけました。

ベージュよりもブラックが好きならこちらも超おすすめです!

目次

【ピコグリル用の焚き火シート】僕が購入した商品はCARBABY

CARBABYの焚き火シート
出典:Amazon
ブランドCARBABY
サイズ98cm×61cm
素材耐炎ガラス繊維(シリコンコーティング)
耐熱温度1,500℃

ピコグリル398用の焚き火シートを色々と探していて、たくさんある中からAmazonで見つけて僕が最終的に選んだのがこちら。

CARBABY」という聞き慣れない中華ブランドの焚き火シートです。

このCARBABYの他の商品も見てみると、焚き火台などコスパの高いキャンプ用品を色々と出してるみたいですね。

レビュー数も多くて評価も高いのですが、近年のAmazonに溢れてるサクラレビュー満載の質の悪い中華製品かと疑い、レビューの内容もしっかり確認しました。

すると本当になかなか品質が高そうだったので、こちらの購入を決定。

たろー

価格は1,880円と超リーズナブルでした!

【ピコグリル用の焚き火シート】CARBABYを実際に使ってみた

CARBABYの焚き火シートの収納ケース

こちらの収納ケースに入っています。

2千円以下の商品としてはなかなかしっかりとした質感です。

CARBABYの焚き火シートを収納ケースから出す

ベージュの焚き火シートが折りたたんで収納されています。

CARBABYの焚き火シートを開いた様子

シートのサイズは98cm×61cm。

四隅にハトメが付いているのでペグダウンもできます。
(強風時の焚き火は十分に注意してください。)

CARBABYの焚き火シートにピコグリルを乗せる

ピコグリル398を乗せたサイズ感がこちら。

前後左右ともにちょうど良い余白があって、今回僕が理想としていたサイズ感です。

CARBABYの焚き火シートにピコグリルと薪を乗せる

というのも、ピコグリルの他にこうやって薪や焚き火道具も並べて収めたかったんですよね。

たろー

これはかなり使いやすそう!

CARBABYの焚き火シートの生地の質感

生地は耐炎のガラス繊維で、とてもなめらかな手触り。

他のガラス繊維の焚き火シートは「素手で触るとチクチクする」といったレビューもたくさん見られましたが、このCARBABYのシートはチクチクを全く感じません。

Amazonの商品説明にもありますが、繊維がシリコンコーティングされているおかげのようです。

CARBABYの焚き火シートとピコグリルで焚き火

実際に焚火をしてみました。

CARBABYの焚き火シートに熾火が落ちる

耐熱性を確かめるために、シートの上にわざと熾火を落として30秒くらい放置してみることに。

CARBABYの焚き火シートの熾火の跡

熾火のカスは残っていますが、特にダメージはありません。

耐熱性もちゃんとしていそうです。

ロスコウールブランケットでお座敷スタイルの焚き火

そのまま明るいうちから焚き火を楽しんで、

キャンプの夜に焚火

夜もがっつり焚き火を続けました。

CARBABYの焚き火シートを1日使った後の様子

そして翌朝も焚き火をして、丸一日使った後の様子がこちら。(薪は3束燃やしました。)

CARBABYの焚き火シートを1日使った様子

焚火台をどかしてみます。

そして気になる焚き火の地面への影響はというと、

CARBABYの焚き火シートを使った後の地面の様子

この通り、焦げ付きなどなく地面へのダメージは見られませんでした。
(右の色が濃いのはシート裏が結露で濡れていた影響。)

焚き火シートとしての役割をしっかりと果たしてくれていますね。

CARBABYの焚き火シートの使用後

使用後に焚き火シートのカスを払った様子です。

CARBABYの焚き火シートの使用後

焦げ付きや煤汚れはありますが、穴が開いたりせず焚き火シートとして実用性は十分と言えるでしょう。

CARBABYの焚き火シートの使用後の裏面

使用後の裏面です。

汚れているのは土汚れなので、かなり綺麗なもんです。

CARBABYの焚き火シートをピコグリルのケースに収納

ちなみに使った後は元のケースにしまっても良いのですが、こうやってピコグリルのケースに一緒に収納することもできて便利です。

たろー

少し厚みは出ちゃいますけどね!

【ピコグリル用の焚き火シート】CARBABYのまとめ

ピコグリル用の焚き火シートとして、

Amazonで見つけた「CARBABY」というブランドのシートを使ってみました。

かなり吟味して選んだ甲斐あって、ピコグリルにサイズ感がぴったりで、実用性も十分で大正解だったと思います。

しかも2千円以下で買えてコスパも抜群。

たろー

ピコグリルに使う焚き火シートを探しているなら、これを選べば間違いないですよ!

ベージュよりもブラックが好きなら、ZEN Campsの焚き火シートも超おすすめです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる