キャンプギア

【ピコグリル398レビュー】ソロキャンプに最高の焚き火台である理由

【ピコグリル398レビュー】ソロキャンプに最高の焚き火台である理由

どーも!たろー(@taro__camp)です!

 

キャンプの一番の楽しみといえば「焚き火」。

焚き火に必要な道具といえば「焚き火台」

 

今回は超人気の焚き火台ピコグリル398を詳しくレビューします。

たろー
たろー
僕もソロキャンプで超愛用してる焚き火台です!

・ピコグリルってよく聞くけど、実際のところどうなの?
・ピコグリルのメリット・デメリットが知りたい!
・ピコグリルのコピー商品ってどうなの?

こんな疑問にお答えしていくので、ぜひ読んでみてください^^

ピコグリル398の基本情報

商品名 ピコグリル398
メーカー STC社(スイス)
素材 ステンレス鋼
収納寸法 33.5 x 23.5 x 1.3 cm
重さ 本体:442g / 専用袋:47g
価格 12,800円(税込)

ピコグリルはスイスのメーカー「STC社」が作っている焚火台です。

通常サイズの「ピコグリル398」と大きいサイズの「ピコグリル760」がありますが、
一般的にピコグリルといえば「ピコグリル398」のことです。

ちなみに398という数字の由来は、元々のピコグリルの重さが398gだったから。

改良後に少し重くなって442gになったけど、名前に398という数字だけ残ったそうです。

 

ピコグリル398の付属品

ピコグリル398の付属品は下記のとおりです。

  • ピコグリル本体(天板+フレーム)
  • 専用スピット(串形五徳)×2本
  • 専用ケース

専用ケースに収納すればA4サイズのクリアファイルに入るくらいコンパクトで、
重さもケースも含めても500g以下という超軽量です。

たろー
たろー
この「コンパクト&軽量」というのがピコグリルの大きな特徴です!

 

ピコグリル398の外観

ピコグリル398を組み立てるとこんな感じです。

無駄なデザインを排したシンプルさがありながら、機能性も高めた美しいデザインになっています。

たろー
たろー
僕のは使いこんでるので、だいぶ汚れちゃってますが!笑

 

ピコグリル398の良いところ

超コンパクト&超軽量

繰り返しになりますが、
ピコグリルの一番のメリットは「超コンパクト&超軽量」なところです。

専用ケースに収納したときのサイズは「33.5 x 23.5 x 1.3 cm」と、普通の焚火台からは考えられないほどのコンパクトさ。

実際に持てば、特にその薄さに驚くはず。

バックパックのノートパソコンを入れるポケットとかにスッと収納できちゃいます。

たろー
たろー
重さも500g以下なので、僕はピコグリルをほとんど荷物として認識していません!

 

組み立てが超簡単

ピコグリル組み立てが超簡単です。

フレームを開いて、そこに天板を乗せる。たったこれだけです。

普通の焚火台は重かったりカチャカチャ組み立てたりと設営が面倒なこともありますが、ピコグリルなら一瞬で設営できるのでとっても楽です。

 

燃焼効率が良い

ピコグリル燃焼効率も考え抜いてデザインされています。

空気が通り抜けやすい作りになっているので、火に酸素が上手く供給されて薪が良く燃えます。

◆燃焼効率
薪を燃やした時に薪が持つエネルギーがどれだけ熱に変換されるかの効率のこと。燃焼効率が高いと薪がよく燃えるので、より簡単に焚き火を楽しめます。

たろー
たろー
燃焼効率が良すぎて逆に薪をいじくる楽しみが少ないって意見があるほど、ピコグリルは燃焼効率が良いんですよ!

 

大きい薪もそのまま乗せられる

ピコグリルはコンパクトな作りながらも、組み立て時の天板の横幅は38.5cmもあります。

このおかげで、一般的にキャンプ場で売られているような大きなサイズの薪も割らずにそのまま乗せられます。

小さい焚き火台の宿命として薪をのこぎりとかで半分に切らないといけない場合も多いですが、ピコグリルならそんな面倒な作業は不要です。

たろー
たろー
これは使っていて意外と大きなメリットだと感じます!

 

焚き火調理にも使える

ピコグリルは専用のスピットが2本付属していて、これを五徳にして焚き火調理も可能です。

オプション不要なところが嬉しいですね。

耐荷重は公表されていませんが、ピコグリルはしっかりとした作りをしているので、普通のクッカーで調理する分には全くグラつく心配はありません。

ちなみにこのスピット、五徳としてはもちろん、BBQの串として肉とかを直接刺して使うこともできます。

たろー
たろー
僕はそこまでワイルドな使い方はしたことありませんが!笑

100均の焼網がシンデレラフィットするので、それを使って焚き火調理を楽しんでる人も多いです!

 

総じてソロキャンプには最高の焚火台

総じて、ピコグリルソロキャンプでは最高の焚火台です。

ソロキャンプをする人には手放しでおすすめできて、僕もソロのときはピコグリルを超愛用しています。

  • 軽量コンパクトで
  • デザインも良くて
  • 設営も簡単で
  • 焚き火調理もできる

まさにソロキャンプの理想の焚火台です。

 

ピコグリル398の悪いところ

歪みが出やすい

ピコグリルに大きな不満はないのですが、

天板がちょっと歪みやすいかなというのが、数少ないマイナスに感じるポイントです。

ピコグリルは天板に4ヶ所あるツメをフレームに引っかけて組み立てるのですが、使っているうちに歪みが出てきて、4ヶ所全てがちゃんと引っかからなくなってきます。

ただ、こういった歪みは薪を燃やして高熱になる焚き火台の宿命なので、ピコグリルに限った話ではないですけどね。

たろー
たろー
ちゃんとツメが引っかからなくても問題なく使えるので、全然大丈夫ですよ!

 

複数人のキャンプではちょっと小さい

ピコグリルは複数人キャンプになるとちょっと小さいです。

2人ならピコグリル1台でも焚き火を楽しめますが、3人以上になるともう小さすぎるなっていう印象。

これはそもそもピコグリルのコンセプトが違うので仕方ないことです。

 

僕の場合は使い分けとして、複数人でのキャンプでは「スノーピークの焚火台L」を愛用しています。

スノーピークの焚火台はS/M/Lのサイズがありますが、どれを選んでも重いことに変わりはないので大は小を兼ねるLサイズを迷わず選びました。

たろー
たろー
こうやって大小2つの焚き火台を持っていると、使い分けができて超便利ですよ!
スノーピーク焚き火台とユニフレームファイアグリルで死ぬほど悩んで僕がスノピを選んだ理由
スノーピーク焚き火台とユニフレームファイアグリルで死ぬほど悩んで僕がスノピを選んだ理由焚き火台選びで「スノーピークの焚き火台」と「ユニフレームのファイアグリル」で悩んでいる方も多いんじゃないでしょうか?僕もそれで悩みに悩んだ結果、スノピの焚き火台を買いました。悩んだ理由とスノピに決めた理由をお話しするので、参考にしてみてください^^...

 

ピコグリル398の偽物・コピー品に注意

ピコグリルはその人気の高さゆえ、コピー商品が大量に出回っています。

本家のピコグリルよりもかなり安い価格で販売されているので、思わず欲しくなりがちです。

たろー
たろー
僕の考えとして、こういう偽物は絶対に買わないで欲しいと思います!

理由は3つ。

  1. ピコグリルは著作権法で保護されている
  2. コピー商品は粗悪品が多い
  3. 消費者は本物にお金を払わないと、良い商品が生み出されなくなる

1.ピコグリルは著作権法で保護されている

ピコグリルの正規販売代理店「WANDERLUST EQUIPMENT」の商品ページに、こういう注意書きがあります。

Picogrillシリーズの商品は、Bruno Wanzenriedによって2011年に創作された応用美術の著作物であり、著作権法21条及び不正競争防止法第2条1項1号又は2により保護されております。模倣や複製は一切許可しておりませんので、類似品にご注意下さい。

引用:WANDERLUST EQUIPMENT

つまり、ピコグリルのコピー商品は違法商品です。

たろー
たろー
当然ながら違法商品は買ってはいけませんね!

 

2.コピー商品は粗悪品が多い

コピー商品のレビューを見るとすぐにわかりますが、初期不良が多かったりすぐに壊れるなどの粗悪品が多いようです。

高評価のレビューも自作自演っぽい内容が多くて信用ならないですね。

いくら安いからといって、すぐに使えなくなってしまっては安物買いの銭失いになってしまうので気をつけましょう。

 

3.消費者は本物にお金を払わないと、良い商品が生み出されなくなる

こういった違法なコピー商品が売れてしまうと、本家の商品を生み出した優良なメーカーにちゃんとお金が流れません。

優良メーカーはその商品をゼロから生み出すために、
金型費用、試作費用、デザイン料、人件費などの莫大な開発コストをかけています。

そんな中でそれを丸パクリしただけの安い違法商品が売れてしまうと、優良メーカーは開発資金が回収できなくなり、次の新しい優れた商品を開発できなくなります。

そうなると、次第に粗悪なパクリ商品しか残らない世の中になっていってしまいます。

つまりは目先の安さだけに釣られるのではなく、
「本質的な価値にお金を払う」っていうのがとても大事なことです。

たろー
たろー
だからピコグリルに興味がある人は本物のピコグリルを選びましょう!

 

ピコグリル398はどこで買うのがお得?

では、ピコグリルはどこで買うのが一番お得なのでしょうか。

ピコグリル398は定価12,800円(税込)と少しお高めの焚火台で、定価以下で安く買えるところはありません。

最安値の定価で買えるのは、
正規代理店の「WANDERLUST EQUIPMENT」の通販サイトです。

たろー
たろー
僕もここから購入しました!

ただし人気の焚火台なので、在庫切れになっている場合が多いです。

いかに良い焚き火台なのかってことがわかりますね…。

 

ピコグリルはAmazonでも販売されていますが、正規代理店よりやや高いです。

 

欠品中ですぐに欲しい場合は、少し高くてもAmazonで買うのも全然アリだと思います。

ちょっと高く買っても満足できるくらいピコグリルはおすすめです。

 

「やっぱり定価で買いたい!」という場合は、
WANDERLUST EQUIPMENT」で入荷するタイミングを待つのが良いでしょう。

 

【まとめ】ピコグリル398は最高のソロキャンプ焚火台

大人気の焚火台「ピコグリル398」を使用者の目線からレビューしました!

ソロキャンプにはとにかく最高の焚火台です。

これからもガンガン愛用して、もう使えないくらいボロボロになったら新しくまた買おうと思うくらいのお気に入りアイテム。

ソロキャンプをする人なら間違いのない焚火台なので、ピコグリルが気になるあなたはぜひ購入してみてください!

きっと満足するはずですよ~^^

ABOUT ME
アバター
たろー
ギア大好きな物量MAXキャンパー。 テーマは【ウッド×ブラック×アイアン】 シーズン問わずソロキャンプ、グルキャン、なんでもします。 キャンプが好きすぎてYouTube・ブログ・インスタ・Twitterでキャンプの情報発信してます。 チャンネル登録やSNSのフォローも、下記のリンクからお気軽にどーぞ!
こちらの記事もおすすめ