【サーマレスト Zライトソル レビュー】これを選べば間違いなし!キャンプの超定番マット!

地味だけどキャンプに必須ともいえる道具がマットです。

そして超定番のマットと言えば、サーマレストの「Zライトソル

たろー

よく見る黄色いあれです!

キャンプで使うマットなら、これを選んでおけば絶対に間違いがないやつ。

それくらいキャンパーからの人気が高く使い勝手抜群です。

実際に僕もこの「Zライトソル」を愛用しているので、詳しくレビューしていきます!

目次

サーマレスト Zライトソルの基本情報

サーマレストZライトソル

スペック

商品名Zライトソル
ブランドTHERMAREST(サーマレスト)
サイズ51×183cm
厚さ2cm
収納サイズ51×13×14cm
重量410g
材質架橋ポリエチレン
R値2.0
価格6,200円+税

THERMARESTの「Zライトソル」は超定番のアウトドアマット。

「Zライト」というスタンダードバージョンもあり、「Zライトソル」はそれにアルミ蒸着を施したモデルで断熱性が20%向上しています。

断熱性を表すR値は「2.0」で、春夏秋の3シーズン向けマットです。

たろー

僕は冬キャンプでも余裕で使えていますよ!(関東圏)

カラー

サーマレストZライトソルのカラーバリエーション

裏面のレモンカラーが特徴的ですが、新たにブルーもラインナップされたようです。

ちなみにレモンカラーのみショートサイズもあります。

ただしショートは130cmとかなり短いので、キャンプで使うにはレギュラーサイズ一択かと。

使い方

Zライトソルは銀の面と黄色の面があります。

これは裏表で使い分けができるのは意外と知られていないかもしれません。

サーマレストZライトソルの銀の面

アルミ蒸着の銀色の面を上にすると、より断熱性が高まります。

寒いときはこちらの面を上にすることで体温を逃がさず温かく寝れます。

サーマレストZライトソルの黄色の面

逆に暑いときはアルミ面を下にすることで、保温効果を下げらます。

サーマレスト Zライトソルのおすすめポイント

断熱性がすごい

キャンプにおいてマットの重要性ってわかりにくいのですが、実際にあるのとないのでは寒さに雲泥の差があります。

屋外で寝るときに寒さを感じる一番の原因は、地面からの冷気。

マットはこの冷気をシャットアウトする役割を果たし、Zライトソルはこの断熱性がすごいです。

タープ泊でコットを置く

実際に僕のキャンプでの経験として、

「コットがあるから大丈夫だろう」と考えてマットなしで寝ようとしたら、寒くて寝れなかったことがあります。

サーマレストZライトソルをコットに乗せる

どうしても寒かったのでコットの上にZライトソルを敷いたところ、さっきまでの寒さが嘘だったかのように快眠できました。

このように、たとえコットがあったとしても、マットはとても必要性の高いキャンプ道具です。

なかでもこのZライトソルは断熱性がとても高く、持っておけば安心のマットです。

たろー

キャンプするならマットは絶対に持っておかないとダメですよ!

多少荒れた地面でも寝心地が良い

サーマレストZライトソルの厚み

Zライトソル厚みがあってクッション性が高いので、地面の上でも寝心地がとても快適です。

この凸凹のエンボス加工が、クッション性と断熱性を高める効果を発揮します。

僕は今はコット泊がメインですが、以前はテントのフロアにそのままZライトソルを敷いて寝ていました。

多少石が転がっている地面の上でも凹凸を感じにくく、寝心地は快適そのものです。

やっぱりシンプルな銀マットは一番使いやすい

マットにはZライトソルのような銀マットの他に、

エアーマットやインフレーターマットなど、膨らませて空気の層を作ることで断熱するタイプのマットもあります。

エアーマットも使ったことがありますが、結局はシンプルな銀マットが一番使いやすいです。

銀マットのメリット
  • 設営・撤収が一瞬
  • パンクのリスクがない

設営・撤収が一瞬

サーマレストZライトソルを開くGIF

Zライトソルのような銀マットは開くだけでOKなので、一瞬で設営が完了します。

撤収するときもパッと折りたたむだけ。

対してエアーマットは使うときに空気を入れて膨らませ、使い終わったら空気を抜くという面倒な作業が必要です。

パンクのリスクがない

また、エアーマットは何かの拍子に穴が開いてしまったら、空気を注入できず使い物にならなくなります。

使ってるうちに劣化してくるし、運搬時に気付かないうちに尖ったものが当たって穴が開いてしまうリスクもゼロではありません。

サーマレストZライトソルをコットに乗せる

対して銀マットなら、もし少し破れたり穴が開いてしまってもマットとしての役割はちゃんと果たせます。

この辺りの信頼感の高さも、僕が銀マットをおすすめする理由です。

小さくたためて軽量

サーマレストZライトソルを畳んだ状態

Zライトソルは蛇腹状に折りたためるので小さくまとまります。

さらに重量は410gと超軽量なので、持ち運びに困りません。

カリマープレデター45にサーマレストZライトソルをパッキング

こんな感じでザックにパッキングすることもできます。

徒歩キャンパーが黄色い何かをザックに括り付けてるのをよく見ると思いますが、それがまさにこのZライトソルです。

たろー

本当に使ってるキャンパーが多い人気アイテムです!

サーマレスト Zライトソルの欠点・注意点

エアーマットに比べるとかさばる

Zライトソルのような銀マットは、圧縮してコンパクトに収納できるエアーマットに比べると、やはりかさばります。

パッキングを極限までコンパクトにしたいならエアーマットが良い場合もあるでしょう。

ただ先ほど説明したように、銀マットは設営が一瞬でできて、破れて使えなくなるリスクがない安心感があります。

たろー

普通のキャンプで使う場合は銀マットが最強です!

折りたたみ時の留め具がない

サーマレストZライトソルには留め具がない

Zライトソルは留め具などが付属しないので、折りたたんでもバラバラと開いてきてしまいます。

ここはちょっと不便に感じるポイントです。

サーマレストZライトソルをバンドで留める

そこで僕はこのように、Amazonで見つけて買ったバンドを使ってまとめています。

このバンドは他の用途にも色々と使えるので便利ですよ。

専用の収納ケースもあります

【まとめ】サーマレスト Zライトソルをレビュー

サーマレストZライトソル

キャンプの超定番マット、サーマレストの「Zライトソル」を詳しくレビューしました!

Zライトソルのまとめ
  • 断熱性がすごい
  • クッション性が高くて寝心地が良い
  • シンプルな銀マットは使いやすい

とても使い勝手が良く、キャンパーから大人気なのもうなずけます。

価格も高めですが、キャンプで使うマットなら「Zライトソル」を選んでおけば間違いないと断言できる、超おすすめのアイテムです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる