ナンガのオーロラライトとUDD BAGの違いを比較!どっちがおすすめ?

ナンガのオーロラライトとUDD BAGの違いを比較!どっちがおすすめ?
Amazon・楽天でブラックフライデー開催中!

【Amazon】2022年11月25日(金)0:00~12月1日(木)23:59
Amazonブラックフライデーでおすすめのキャンプ用品まとめ【必見!】

【楽天】2022年11月22日(火)20:00~11月27日(日)01:59
楽天ブラックフライデーでおすすめのキャンプ用品まとめ【必見!】

ナンガのダウンシュラフのハイエンドモデルには、「オーロラライト」「UDD BAG」というシリーズが存在します。

この違いは地味にわかりにくくて、どっちを選べば良いのか迷う人も少なくないはず。

この記事では2つのシリーズの違いについて詳しく比較して解説していきます。

たろー

後半ではどちらがおすすめかも紹介しますよ!

ちなみに「オーロラとオーロラライトのシリーズの違い」も別で書いているので、気になる方はそちらもチェックしてみてください。

目次

ナンガのオーロラライトとUDD BAGの違いを比較

防水に対するアプローチが違う

ダウンが濡れると保温性能が落ちてしまい、最悪の場合は傷んでダメになってしまいます。

そのため雨や結露といった水分は大敵なので、状況によっては「シュラフカバー」を付けて防水対策が必要になります。

そんななか、オーロラライトとUDDは共に水濡れに対して強いというメリットを持つシュラフです。

基本的にシュラフカバーを別で用意する必要なくガシガシ使えます。

ただし、防水に対するアプローチが大きく異なります

ここが両シリーズ最大の違いで、どちらを選ぶかの重要なポイントになります。

たろー

それぞれの防水のアプローチを説明します!

オーロラライトは生地が防水加工

出典:NANGA

ナンガの「オーロラ」と名が付くシュラフは、「オーロラテックス」という防水加工を施したナイロン生地が採用されています。

オーロラテックスとは

多孔質ポリウレタン防水コーティング加工を施したナイロン生地。防水性を高めると蒸気透湿性が低下するという問題を高レベルで解決した素材。2レイヤ地で20,000mm・透湿性6,000g/m2/24hrs、という高レベルの防水透湿性能を持っています。
引用元:NANGA

つまり生地の段階で水をシャットアウトして、シュラフの内部に水を侵入させずダウンを水濡れから守ります。

一般的に防水の生地は透湿性が低くて蒸れやすいというデメリットが生じます。

しかし、ナンガのオーロラテックスは高い技術によって透湿性にも優れた素材となっているのが特徴です

UDD BAGはダウンに撥水加工

出典:NANGA

対して、UDD BAGは羽毛に超撥水加工が施されています

UDDとは

DXの羽毛に超撥水加工を施した高品質で高機能なダウンで、フィルパワーは770FP。羽毛と撥水剤の樹脂を分子レベルで結合し、細かな粒子の壁を作ることで水の侵入を防ぐ。「湿気を通すが、水を吸わない」最適なダウンです。
引用元:NANGA

水に濡れちゃダメならダウンそのものに撥水性を持たせてしまえ!

こういう発想ですね。

ちなみにUDDとは「Ultra Dry Down」の略で、この超撥水ダウンのことを指しています。

理解を深めるために、ナンガのダウンの種類の紹介をします。(一部のみ)

DX(オーロラライトに採用)

スパニッシュダックダウン90-10% (760FP)

UDD(UDD BAGに採用)

スパニッシュダックダウン90-10% (770FP) 超撥水加工

こんな感じで、「DX」というクラスのダウンに撥水加工を施したのが「UDD」です。

撥水加工によってFP(フィルパワー)も10だけ高くなっていますが、これは誤差の範囲内。

たろー

フィルパワーっていうのはダウンの膨張力のことです!この数値が高いほどダウンがすぐに膨らんで暖かくなります!

防水加工と撥水加工はどっちが良いの?

では、結局のところ、

  • オーロラライトの「生地の防水加工」
  • UDD BAGの「ダウンの撥水加工」

これはどちらが優れているのでしょうか?

基本的に水濡れへの耐性としては「防水>撥水」なので、オーロラライトの方が優れていると言えます。

ただし、それぞれにメリット・デメリットがあるので確認しておきましょう。

オーロラライト
生地の防水加工
UDD BAG
ダウンの撥水加工
メリット・水濡れへの耐性が高い
・シュラフカバーはほぼ不要
・透湿性に優れる
・生地がしなやか
デメリット・透湿性はUDDに劣る
・生地が少しゴワつく
・撥水は防水に劣る
・シュラフカバーが欲しい場合も

こんな感じです。

やはり、防水性能がより優れてシュラフカバー要らずのオーロラライトの方が使い勝手が良いでしょう。

デメリットの透湿性や生地のゴワつきというのもUDDに比べたらという話です。

たろー

実際に僕はオーロラライト450DXを使っていますが、全く気にならず快適に使えていますよ!

各シリーズのラインナップについて

もう少し違いを確認するために、各シリーズのラインナップを表にしました。

対応温度がだいたい同じクラスのモデルを横並びにしています。

オーロラライトシリーズUDD BAGシリーズ
オーロラライト900DX
冬用シュラフ
対応温度:-10℃/-19℃
重量:1,400g
収納サイズ:φ21×41cm
価格:¥69,300(税込)
UDD BAG 1000DX(廃番)
冬用シュラフ
対応温度:-9℃/-16℃
重量:1,450g
収納サイズ:φ21×41cm
価格:¥77,000(税込)
オーロラライト750DX
冬用シュラフ
対応温度:-8℃/-16℃
重量:1,280g
収納サイズ:φ19×31cm
価格:¥63,800(税込)
UDD BAG 810DX
冬用シュラフ
対応温度:-7℃/-13℃
重量:1,260g
収納サイズ:φ19×31cm
価格:¥66,000(税込)
オーロラライト600DX
冬用シュラフ
対応温度:-4℃/-11℃
重量:1,100g
収納サイズ:φ17×31cm
価格:¥58,300(税込)
UDD BAG 630DX
冬用シュラフ
対応温度:-5℃/-10℃
重量:1,045g
収納サイズ:φ17×31cm
価格:¥57,200(税込)
オーロラライト450DX
3シーズンシュラフ
対応温度:0℃/-5℃
重量:865g
収納サイズ:φ14×30cm
価格:¥45,100(税込)
UDD BAG 450DX
3シーズンシュラフ
対応温度:1℃/-4℃
重量:825g
収納サイズ:φ14×30cm
価格:¥46,200(税込)
オーロラライト350DX
3シーズンシュラフ
対応温度:5℃/0℃
重量:730g
収納サイズ:φ13×25cm
価格:¥38,500(税込)
UDD BAG 380DX
3シーズンシュラフ
対応温度:3℃/-2℃
重量:680g
収納サイズ:φ13×25cm
価格:¥39,050(税込)
比較対象モデルなしUDD BAG 280DX(廃番)
夏用シュラフ
対応温度:8℃/4℃
重量:550g
収納サイズ:φ13×20cm
価格:¥34,100(税込)
比較対象モデルなしUDD BAG 180DX(廃番)
夏用シュラフ
対応温度:11℃/7℃
重量:450g
収納サイズ:φ12×20cm
価格:¥29,700(税込)

どちらも豊富なラインナップがありますね。

同クラスで比べると重量や収納サイズなどもほとんど同じです。

たろー

夏用シュラフがあるのはUDDだけでしたが廃番になったようです!

UDD BAGの方がやや高い

同クラスのモデルで比べるとUDDの方が少しだけ高いです。

ダウンの撥水加工というのそれだけ難しい技術なのだろうと推測できます。

ただし「オーロラライト600DX」と「UDD BAG 630DX」の比較だけ、なぜか価格に逆転現象が起きています。

カラーラインナップが違う

オーロラライトとUDD BAGでカラーラインナップも違います

まずはUDD BAGから見てみましょう。

UDD BAGのカラーラインナップ

出典:NANGA

UDD BAGシリーズは上記の3カラーのラインナップ。

オーロラライトのカラーラインナップ

オリジナルモデルのカラー

出典:NANGA

ナンガのオリジナルモデルのオーロラライトは上記の4カラーのラインナップ。

さかいや別注モデルのカラー

出典:Amazon

オーロラライトには「さかいや別注モデル」も存在します。

僕はこのモデルの「ゴールド×ネイビー」のカラーを愛用していて、本当にカッコよくて超お気に入り。

さかいや別注モデルはオリジナルモデルよりかなり安く買えるので非常におすすめです。
(後述の3tenや山渓の別注モデルよりは若干高い。)

さかいや別注モデルは2019年改良前のオーロラライトです。

オーロラライト2019年改良ポイント
  • 生地の厚さが20dnから15dnへ変更され軽量化
  • チタンスパッタリング材採用で蓄熱・保温効果UP(600DX以上のモデルのみ)
たろー

改良前のモデルでも充分におすすめです!

3ten別注モデルのカラー

山渓別注モデルのカラー

厳密にはオーロラライトではなくオーロラというモデルになりますが、「3ten別注モデル」や「山渓別注モデル」といった別注モデルも存在します。

こちらもカラーがカッコいいうえに、これらの別注モデルはオーロラながらDXをダウンを採用していて価格も安いので、ナンガのシュラフをコスパで選ぶならこれらの別注モデルが超おすすめです。

別注モデルは他にも存在しますが、キリがないためコスパが高いおすすめモデルのみ紹介しています。

たろー

以上がオーロラライトとUDD BAGの違いです!

ナンガのオーロラライトとUDD BAGはどっちがおすすめ?

比較の中でほぼ僕の答えを言ってしまいましたが、結論として、購入するなら絶対にオーロラライトがおすすめです。

  • オーロラテックスによる高い防水性
  • シュラフカバーが完全に不要な利便性
  • カラーや別注モデルが豊富
たろー

大きな理由としてはこんなところですね!
実際にナンガで圧倒的に一番売れているシリーズです!

ちなみに、オールシーズンでキャンプをする場合は、おすすめのモデルは「オーロラライト450DX」か「オーロラライト600DX」です。

450DXと600DXのどちらを選ぶかは下記の記事も参考にしてみてください。

まとめ

ナンガのシュラフの「オーロラライト」と「UDD BAG」のシリーズの違いについて詳しく解説しました。

どちらもナンガのハイエンドシリーズで、水濡れへの耐性に優れた特徴があります。

  • オーロラライト
    オーロラテックスによる生地への防水加工
  • UDD BAG
    ダウンへの撥水加工

このように水濡れ対策へのアプローチが違って、より防水性能が高いオーロラライトがおすすめです。

思い切ってナンガのシュラフを購入するなら、絶大な人気を誇るオーロラライトを選べば間違いありませんよ。

たろー

僕も3年以上オーロラライト450DXを愛用していて大満足です!

Amazonブラックフライデー開催中!

期間:2022年11月25日(金)0:00~12月1日(木)23:59

Amazonブラックフライデーでおすすめのキャンプ用品まとめ

ナンガのオーロラライトとUDD BAGの違いを比較!どっちがおすすめ?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる