ダウンシュラフはナンガとモンベルどっちがおすすめ?徹底比較した結論【オーロラライトvsダウンハガー】

ダウンシュラフ選びでほぼ間違いなくぶち当たる壁が、「ナンガとモンベルどっちにするか問題」です。

どちらも評判で人気の高いブランドなので、実際に僕もすごく迷いました。

「ナンガ」「モンベル」「イスカ」といえば日本の3大シュラフメーカーです。

この中でイスカは優等生だけどこれといった特徴がなく、ナンガ・モンベルに比べて選ぶ理由が薄い印象があります。

そのため、ナンガかモンベルのどちらかで迷っている人が多いはず。

もちろんどちらの寝袋も世界的に評価が高くて、どっちを選んでも間違いないブランドといえます。

ですが、あえて言いたい僕の結論はこうです。

  • ダウンシュラフはモンベルよりもナンガがおすすめ
  • 特にナンガの「オーロラライトシリーズ」が最高
  • コスパならモンベルの「バロウバッグシリーズ」もあり(化繊シュラフ)

ナンガとモンベルのシュラフを徹底的に比較して、僕がこう結論づけた理由を紹介していきます。

たろー

僕は実際にナンガのダウンシュラフを愛用しています!

目次

ナンガとモンベルのダウンシュラフの人気シリーズを比較

出典:NANGA

まず、ナンガとモンベルのダウンシュラフの違いを比較するにあたって、

どちらのブランドも複数シリーズをラインナップしているので、全てを一元的に比較するのは難しいです。

そのため、スペック・価格ともに似ている以下のシリーズを基準として比較していきます。

  • ナンガ
    :オーロラライトシリーズ
  • モンベル
    :シームレスダウンハガー800シリーズ
たろー

どちらも各ブランドで最も人気のシリーズです!

まずは理解を深めるために、上記2シリーズの商品ラインナップと各スペックの比較表を作りました。

各ブランドでライバルとなるスペックのモデルを横並びにしています。

ナンガ
オーロラライトシリーズ
※ダウン:760FP
モンベル
シームレスダウンハガー800シリーズ
※ダウン:800FP
オーロラライト900DX
冬用シュラフ
対応温度:-10℃/-19℃
重量:1,400g
収納サイズ:φ21×41cm
価格:¥66,000(税込)
シームレスダウンハガー800 EXP.
冬用シュラフ
対応温度:-12℃/-20℃
重量:1,364g
収納サイズ:φ20×40cm
価格:¥72,600(税込)
オーロラライト750DX
冬用シュラフ
対応温度:-8℃/-16℃
重量:1,200g
収納サイズ:φ19×31cm
価格:¥60,500(税込)
シームレスダウンハガー800 #0
冬用シュラフ
対応温度:-6℃/-13℃
重量:1,027g
収納サイズ:φ18×36cm
価格:¥55,000(税込)
オーロラライト600DX
冬用シュラフ
対応温度:-4℃/-11℃
重量:1,050g
収納サイズ:φ17×31cm
価格:¥55,000(税込)
シームレスダウンハガー800 #1
冬用シュラフ
対応温度:-3℃/-10℃
重量:893g
収納サイズ:φ16×32cm
価格:¥49,500(税込)
オーロラライト450DX
3シーズンシュラフ
対応温度:0℃/-5℃
重量:865g
収納サイズ:φ14×30cm
価格:¥42,900(税込)
シームレスダウンハガー800 #2
3シーズンシュラフ
対応温度:0℃/-5℃
重量:703g
収納サイズ:φ15×30cm
価格:¥41,800(税込)
オーロラライト350DX
3シーズンシュラフ
対応温度:5℃/0℃
重量:750g
収納サイズ:φ13×25cm
価格:¥37,400(税込)
シームレスダウンハガー800 #3
3シーズンシュラフ
対応温度:4℃/-1℃
重量:555g
収納サイズ:φ13×26cm
価格:¥33,000(税込)
比較対象モデルなしシームレスダウンハガー800 #5
夏用シュラフ
対応温度:8℃/3℃
重量:462g
収納サイズ:φ12×24cm
価格:¥28,600(税込)
比較対象モデルなしシームレスダウンハガー800 #7
夏用シュラフ
対応温度:11℃/7℃
重量:412g
収納サイズ:φ12×24cm
価格:¥26,400(税込)
たろー

ラインナップ的にもライバルシリーズなのがわかりますね!

このスペック比較表からは読み取れない部分も含めて、ナンガとモンベル各ブランドのダウンシュラフの違いや特徴を説明していきます。

ナンガのダウンシュラフの特徴

出典:NANGA

ナンガのダウンシュラフの特徴は以下の3つです。

ナンガの特徴
  1. 永久保証がある
  2. オーロラテックスによる高い防水性
  3. カラーが選べる

永久保証がある

出典:NANGA

ナンガのシュラフには、なんと「永久保証」があります。

購入後は期間を限定せずに修理してもらえる最高のアフターケアです。

シュラフはアウトドアで使う物なので、不意になにかに引っかけて破れたりしてしまうことがあるかもしれません。

万が一そんなことがあっても、永久保証のあるナンガなら安心して使うことができます。

高価なダウンシュラフなので、なおらさ永久保証があるのは大きな魅力ですね。

オーロラテックスによる高い防水性

出典:NANGA

ナンガの「オーロラ」と名が付くシリーズの生地は、「オーロラテックス」による高い防水性があります。

ダウンは水に濡れると保温性能が落ちてしまい、最悪の場合ダメになってしまうので、雨や結露といった水が大敵です。

そのため一般的なシュラフの場合は、状況によっては別途「シュラフカバー」を付けて防水対策が必要になります。

それに対してナンガのシュラフは、元から防水性が備わっているので、水濡れを心配すことなく超快適にキャンプを楽しめます。

ちなみにモンベルの「シームレスダウンハガー800シリーズ」も撥水加工はされていますが、オーロラテックスの優れた防水性能には及びません。

また、ナンガには同じく防水性に優れた「UDD BAG」というシリーズもありますが、より防水力に優れたオーロラライトシリーズが一番おすすめです。

カラーが選べる

出典:NANGA

ナンガのシュラフは1つのモデルに対して複数のカラーを選べます

上記は「オーロラライトシリーズ」のカラーラインナップです。

さらにカラーが異なる旧モデルが今でも併売されているので、自分の好みに合ったカラーを選ぶことができます。

僕もそうですが、キャンプギアはカラーにもこだわる人が多いので非常に嬉しいポイントですね。

モンベルのダウンシュラフの特徴

出典:モンベル

続いて、モンベルのダウンシュラフの特徴は以下の4つです。

ナンガの特徴
  1. 生地に伸縮性があって動きやすい
  2. シームレス構造という新たな試み
  3. ナンガより少し軽量
  4. カラーは1モデルにつき1色のみ

生地に伸縮性があって動きやすい

出典:モンベル

モンベルのシュラフの最大の特徴は、

特許取得済みの「スーパースパイラルストレッチシステム」が採用されていること。

生地に伸縮性がありシュラフの中でも快適に身動きが取れます。

その伸びっぷりは「シュラフの中であぐらをかける」という謳い文句だから驚きです。

寝相が悪い人なんかには嬉しい特徴ですね。

シームレス構造という新たな試み

出典:モンベル

モンベルのダウンハガーは長年愛されてきたダウンシュラフの名品ですが、

2021年の春に「シームレスダウンハガー」としてリニューアルを果たしました。

その名の通り、生地に縫い目がほとんどないシームレス構造になったことによりメリットが生まれました。

シームレスダウンハガーの特徴
  • ダウンの隔壁排除により広い気室を確保できて暖かい
  • 縫い目からの冷気の侵入を軽減
  • 特殊な糸がシュラフ全体にダウンを均一に保持

これもモンベルは特許出願中で、業界でも注目されている技術です。

なお、シームレス構造で暖かくなったという謳い文句ですが、同モデルのリニューアル前後でスペック上の対応温度はほぼ変わっていません。

ナンガより少し軽量

先ほどのスペック比較表を見ればわかりますが、ナンガの同スペック商品と比べるとモンベルの方が若干軽量です。

パッキングがシビアな徒歩キャンプだと、この若干の違いが重要になる場合もあるかもしれません。

ただしナンガも充分に軽量なダウンシュラフなので、そこまで大きなメリットではないでしょう。

カラーは1モデルにつき1色が基本

出典:モンベル

モンベルのシュラフは基本的に1モデルにつき1カラーです。

稀に2カラーある場合もありますが、基本的には決まったカラーしか選べません

しかもお世辞にも「カッコいい」とか「おしゃれ」とは言えないカラーで、なんというかモンベルらしいカラーです。(個人的な好みもありますが…)

道具はカラーにもこだわりたい人は、それだけで敬遠してしまうこともあるのでは。

【補足】価格が安いというメリットは弱まった

なお、モンベルのダウンハガーシリーズは、

以前はナンガと比べて「価格が安い」というメリットもありました。

しかしシームレス構造へのリニューアルに伴って値上がりして、価格差はメリットと呼べるほどではなくなりました。

一番売れ筋の「ダウンハガー800 #2」のクラスで比べるとこんな感じです。

モデル名参考価格
ナンガ
オーロラライト450DX
¥42,900(税込)
モンベル
シームレスダウンハガー800 #2
¥41,800(税込)
モンベル
ダウンハガー800 #2
¥35,200(税込)
※廃番

価格差は誤差の範囲内になった印象ですね。

シームレス構造の実力のほどはわかりませんが、スペック上の対応温度が変わったわけではないので、「安い」という明確な武器がなくなったのは痛いのでは?と個人的に感じるところです。

たろー

ナンガとモンベルの特徴がわかったところで、どっちがおすすめなのか結論です!

【結論】ダウンシュラフはモンベルよりもナンガがおすすめ

ナンガの「オーロラライトシリーズ」が最高

以上の両ブランドの特徴を踏まえて、

総合的に考えてダウンシュラフは絶対にナンガをおすすめします。

まず、「防水性が高い」というのがシュラフの実用においては圧倒的なアドバンテージです。

シュラフが水に濡れるのをいちいち気にせずキャンプができると、本当に快適になります。

ちなみに、モンベルでも上位モデルの「ドライシームレスダウンハガー900シリーズ」ならGORE-TEXを採用しています。

これなら優れた防水性がありますが、価格も2万円近く跳ね上がります。

ナンガのオーロラライトシリーズは、防水シュラフとしてコスパの面でも非常に優れているということですね。

あとは、やっぱり「永久保証」というのが最高です。

高い買い物なうえにアウトドアでガシガシ使う道具なので、永久保証があるのは超安心です。

モンベルの「伸縮性」は僕も魅力に感じましたが、実際にナンガを使ってみて窮屈に感じたことは全くないので、ここは重視しなくて良かったと思います。

たろー

ナンガのオーロラライトシリーズの中でもおすすめモデルを紹介しますよ!

バランスの優れた「オーロラライト450DX」が超おすすめ

出典:Amazon

オーロラライトシリーズの中でも特におすすめは「オーロラライト450DX」です

価格と性能のバランスに優れていて、僕もこれを3年以上愛用しています。

スペック的には3シーズンモデルですが、他の防寒対策もしっかりすれば冬キャンプでも使えるポテンシャルがあります

なお、オーロラライトシリーズは2019年に新モデルとしてリニューアルされました。

改良ポイント
  • 生地の厚さが20dnから15dnへ変更され軽量化
  • チタンスパッタリング材採用で蓄熱・保温効果UP(600DX以上のモデルのみ)
  • カラーラインナップが変更

新モデルはこちら

ちなみに、旧モデルも「さかいや別注モデル」として今も在庫が流通しています。

僕が使っているのが旧モデルの「ゴールド×ネイビー」のカラーで、個人的にはこのカラーが一番カッコいいと思ってます。

旧モデルは新モデルよりも安く買えて機能性も充分なので、むしろ旧モデルの方がおすすめです。

オーロラライト450DXのレビューはこちら

上位モデルの「オーロラライト600DX」もおすすめ

出典:Amazon

冬もキャンプにガンガン行く人は、上位モデルの「オーロラライト600DX」もおすすめです。

スペック的にも4シーズン対応なので、冬でも安心して使えます。

価格が450DXより1万円以上高くなり、春夏秋はオーバースペック感があるので、そこをどう考えるかでしょう。

バランス重視なら450DX、冬キャンプ重視なら600DXがおすすめといった感じです。

600DXも旧モデルが併売中

450DXと600DXで迷う場合は「450DXと600DXはどっちがおすすめ?」の記事も参考にしてみてください!

コスパならモンベルの「バロウバッグシリーズ」という選択肢もあり

ここまでダウンシュラフを前提に話をしましたが、

ナンガにしろモンベルにしろダウンシュラフはやっぱり高い!

そんな場合は、モンベルの化繊シュラフ「バロウバッグシリーズ」もおすすめです。

出典:Amazon

化学繊維であるバロウバッグはオーロラライトやダウンハガーの半額以下で購入できて、コスパで考えると素晴らしいです。

化繊シュラフのデメリット
  • 収納サイズが大きい
  • 重い

こういったデメリットを許容できるなら、化繊シュラフも決して悪くありません。

コスパで化繊シュラフを選ぶなら、モンベルの「バロウバッグシリーズ」が人気でメーカーとしても間違いないです。

たろー

ちなみにナンガには化繊シュラフがありません!

3シーズンの「バロウバッグ #2」か、冬キャンプでも使いやすい「バロウバッグ #1」がおすすめです。

まとめ

ダウンシュラフはナンガとモンベルどっちを選ぶべきか?

そんな永遠のテーマともいえるシュラフ選びの悩みについて、僕の経験から結論をお伝えしました。

結論
  • ダウンシュラフはモンベルよりもナンガがおすすめ
  • 特にナンガの「オーロラライトシリーズ」が最高
  • 理由:防水性があって永久保証まであるから
  • バランスの優れた「オーラライト450DX」が超おすすめ
  • 冬キャンプ重視なら「オーロラライト600DX」もおすすめ
  • コスパならモンベルの「バロウバッグシリーズ」もあり(化繊シュラフ)

キャンプにおいて防寒は「命」にも関わる問題なので、シュラフは最もお金をかけるべきキャンプ道具です。

適当な安物を選ばずに、信頼できるメーカーのシュラフを選びましょう。

ナンガとモンベルはどちらも間違いないメーカーですが、特にナンガの「オーロラライトシリーズ」が最高ですよ。

たろー

最高のシュラフで最高のキャンプを楽しみましょう!

おすすめしたシュラフ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる