キャンプギア

コットの蚊帳はポップアップメッシュシェルターが最強。アルパインデザインとフィールドア両方を愛用中。

コットの蚊帳は「ポップアップメッシュシェルター」が最強。アルパインデザインとフィールドアを2つ持ちの僕が解説。

暑い時期のキャンプはフロアレステントやタープ泊でコット寝するのが快適です。

ただしその場合は、ファスナーで閉め切れる普通のテントと違って虫の侵入を遮断できないので、蚊帳(かや)のようなシェルターを準備する必要があります。

そんな時に超おすすめなのが「ポップアップメッシュシェルター」です。

これがコットと非常に相性抜群の蚊帳で、もちろんコット泊以外でも使えます。

このポップアップメッシュシェルターを長年愛用している僕が、その素晴らしさについて詳しく紹介します!

たろー
たろー
夏キャンプの必須アイテムですよ!

ポップアップメッシュシェルターとは?

出典:Amazon

ポップアップメッシュシェルターといえば、こちらのアルパインデザインの商品が有名です。

でも詳しくは後述しますが、

僕は同じアルパインデザインでもこれとは少し違うタイプと、フィールドアのポップアップシェルターをそれぞれ愛用しています。

たろー
たろー
今回は主にフィールドアのやつを使って説明していきますね!

こちらがフィールドアのポップアップメッシュシェルター。

ラウンド型の収納バッグに入っています。

内容物
  • ポップアップメッシュシェルター本体
  • アルミペグ4本
  • 取扱説明書
たろー
たろー
付属ペグはよくある使い物にならないレベルのやつ。

ポップアップメッシュシェルターのおすすめポイント

使い方は超簡単、一瞬で設営完了

使い方はとにかく超簡単です。

シェルターのバンドを外して放り投げると、

はい、これだけで設営完了です。

ワンタッチでポップアップして一瞬で設営ができます。

こちらが単体での完成形です。

コットの蚊帳として相性抜群

そしてコットとの相性が非常に良いです。

こうやってバンドで上下2ヶ所を括り付けてコットに固定できるようになっていて、

コットに乗せるとこんな感じに。

見事な一体化っぷりで本当にコットに最適です。

あとは中に入ってファスナーを閉めて、
(ファスナーは内側からも閉められます。)

寝るだけです!

これで快適性を保ちつつ、虫も完全にシャットアウトできます。

寝顔がなんかキモかったのでモザイクで自重しました。
あとこれを一人で撮影している姿を想像するのは絶対にやめてください。

ちなみにコットはコスパ最強の「WAQ 2WAY フォールディングコット」が超おすすめです。

【レビュー】WAQ 2WAY フォールディングコットがコスパ最強!ヘリノックスとの違いも比較!【ブログ】コスパ最強のコット「WAQ 2WAY フォールディングコット」を超詳しくレビューします!ヘリノックスのコットワンコンバーチブルも所有しているので、そちらとも実際に比較をします。同じく高コスパで悩みがちなNaturehikeとの比較も!...

地面に直接設置もできる

もちろんコットなしでも使えます

グランドシートの上はもちろん、地面に直接設置しても良いでしょう。

その際は寝心地を良くするためにマットは必須です。

【サーマレスト Zライトソル レビュー】これを選べば間違いなし!キャンプの超定番マット!
【サーマレスト Zライトソル レビュー】これを選べば間違いなし!キャンプの超定番マット!キャンプの定番マット、サーマレストの「Zライトソル」を詳しくレビューします!断熱性とクッション性に優れ、シンプルな銀マットというのが使い勝手抜群です。キャンプで使うマットなら、これを選んでおけば間違いなし。...

ちなみに四隅をペグダウンできるようになっているので地面に固定することもできます。

開放感が最高

シェルターの中からの眺めはこんな感じ。

外見からの想像以上に中から外の景色がはっきり見えますよ。

開放感や通気性が抜群で、夏でも快適にキャンプを楽しめて良いことだらけです。

たろー
たろー
虫から身体を守りつつ自然も近くに感じられて本当に最高です!

高さが低めでタープ泊にも最適

ポップアップメッシュシェルターは、似た用途となるカンガルーテントよりも高さが低めです。

そのため居住空間が狭くなるタープ泊との相性も抜群です。

たろー
たろー
僕はよくタープ泊をするので、もう絶対に手放せません!
タープ泊の魅力や注意点、虫対策や冬に必要な装備など超詳しく解説します!キャンプのタープ泊についてどこよりも詳しく紹介します。タープ泊の魅力や注意点、虫対策や冬の防寒対策、タープ泊におすすめのタープや他のキャンプ道具など。これを読めばあなたもすぐにタープ泊デビュー!...
【ムササビウイング レビュー】ソロキャンプのタープ泊におすすめの最高タープ【テンマクデザイン】
【ムササビウイング レビュー】ソロキャンプのタープ泊におすすめの最高タープ【テンマクデザイン】僕はいくつかタープを持っていますが、その中でも一番のお気に入りタープを紹介します。 その名もテンマクデザインの「ムササビウイング」...

また、サーカスTCのような蚊帳が必要なフロアレステントとの相性もばっちりです。

とても軽量

重量は約1kgと軽量です。

このように軽々と持ち上げて運ぶことができます。

当然ながら開いた後も重量は変わらないので、

設営後にちょっと場所を変えたいなんて時もササっと移動させられます。

ポップアップメッシュシェルターの欠点・注意点

収納サイズが大きい

厚みは薄いですが全体的な収納サイズはちょっと大きめ。

ヘリノックスのコットと比較するとやや場所を取ってしまうのがわかりますね。

ただしオートキャンプなら全く気にならないし、ワンタッチで開く利便性を考えたらこのくらいのサイズは全然許容できます。

コットワンコンバーチブルとコットレッグをレビュー。ヘリノックスの至高のコット。
コットワンコンバーチブルとコットレッグをレビュー。ヘリノックスの至高のコット。ヘリノックスの最強コット「コットワンコンバーチブル」をレビューします!ちょっとお高いハイエンドコットですが満足度は抜群。そのおすすめポイントや注意点、活用方法など詳しく紹介しています。...

収納に慣れが必要

収納方法

まずは両端を閉じて合わせます。

次に全体を横にして立てます。

上部を内側に丸め込む感じで収納します。
(ここが最初はワケがわからないし伝えにくい。)

ラウンド形状が3つ重なる感じになるので、それぞれ大きさを同じに整えて、
(ここも説明が難しい。)

あとは収納袋に入れれば完了。

慣れれば15秒くらいで撤収できるほど簡単です。

ただ、最初は多分困惑すると思います。

それでも適当にやってるとなんやかんやで収納できるのでご安心を。笑

ちなみにフィールドアの商品は収納袋の裏に収納動画のQRコードが付いていて親切です。

たろー
たろー
いざわからなくなっても大丈夫!

おすすめのポップアップメッシュシェルター

ポップアップメッシュシェルターの便利さがわかったところで、おすすめの商品を紹介します。

Alpine Design ポップアップメッシュシェルター

出典:Amazon

使用サイズ 約203×63×65(h)cm
収納サイズ 約φ60cm×4cm
価格(税込) 4,389円

まず冒頭でも軽く紹介した、

アルパインデザインのポップアップメッシュシェルターです。

これが一番有名な商品だと思います。

実は僕も一番最初にこれを買ったのですが、致命的な欠点があったため手放しました。

それは「サイズが小さくて身長が高いと身体が収まらない」こと。

スペック上は長さ約203cmですが実用ではもっと狭いです。

というのも、

自慢じゃないですが僕は身長が182cmあります。(※自慢です。)

もう手放してしまったので写真がないのですが、

このシェルターで足を伸ばして寝ると、頭と足の先がメッシュにピタッとついて、そこから余裕で虫に刺される状態になりました。笑

丸まって寝ればいけないこともないけど、せっかく開放的なメッシュシェルターを使ってるのにそれじゃ本末転倒ですね。

そして僕ほど身長がある場合のみの注意かというとそうでもなく、Amazonレビューなどを見ると身長170cmを超えるともう危ないようです。

逆に小柄な方ならこれを選ぶのが正解

他の商品よりも一回り小さくてスッキリしたデザインなので収まりが良いです。

2カラーあります
たろー
たろー
ある程度の身長がある方は、次に紹介する2つのどちらかを絶対におすすめします!

Alpine Design ポップアップシェルターテントⅡ

使用サイズ(インナー) 約236×78×80(h)cm
収納サイズ 約φ68cm×10cm
(テント部分なしならもっと薄くできる)
価格(税込) 10,989円

サイズ問題を解決すべく僕が買い替えたのが、このポップアップシェルターテントⅡです。

先ほどのポップアップメッシュシェルターよりも一回り大きくて、僕の身長でも余裕を持って寝れて快適です。

たろー
たろー
買い替えて大正解でした!

出典:Amazon

実はこの商品、本当はポップアップ式のテントなのでフライシートも付属します。

でも僕はインナーメッシュだけを使って蚊帳として活用しています。

欠点は価格が1万円ちょっとで高いこと。インナーだけしか使わないならなおさらですね。

でも僕が買った当初はサイズが大きいメッシュシェルターがこれしかなかったので、悩む余地はなく迷わず購入しました。

FIELDOOR ポップアップメッシュテント

使用サイズ 約230×70×70(h)cm
収納サイズ 約φ70cm×4cm
価格(税込) 5,170円

その後に新しく発売されたのが、フィールドアのポップアップメッシュテントです。

高身長にも対応できるサイズでコスパも高い優れモノ。

デュオキャンプ用のサブとして、僕はこちらも購入しました。

細かい使用感などはこの記事で紹介した通りです。

たろー
たろー
身長170cm以上の人で今から買うならこれが一番おすすめです!

【おまけ】アルパインデザインとフィールドアを比較

せっかく複数のメッシュシェルターを持っているので、この2つを少し比較してみます。

まずは横から見た感じ。

アルパインデザインの方が少し高さも低くて全体的にシュッとしています。

ただし単体で使う分にはそこまで気になる差ではないでしょう。

フィールドアは底が若干反っている感じもありますが、

コットに括り付ければ問題なしです。

アルパインデザインはかなり使い込んでいてフィールドアはほぼ新品なので、その違いもあると思います。

この角度から比べてみても、やはりアルパインデザインの方が一回り小さい感じはありますね。

それから細かい違いとして、

アルパインデザインはファスナーが両サイドに付いているので、どちら側からでも出入りができます。

まぁ設営したらだいたい正面は決まるものなので、これは特に活躍していません。

あとはアルパインデザインは内側にスマホとかを収納できるポケットがあります。

これはちょっとだけ便利なポイントです。

たろー
たろー
ざっとこんな感じの違いです!

細かい部分でアルパインデザインの方が良いところもありますが、

今から買うならやはりコスパの面でフィールドアがおすすめです。

なんたって2倍の価格差がありますからね。

【まとめ】コットの蚊帳は「ポップアップメッシュシェルター」が最強

虫が出る季節のコット寝にぴったりの「ポップアップメッシュシェルター」について、愛用者の立場から詳しくご紹介しました。

フロアレステントやタープ泊など、シェルターが必要なキャンプスタイルでは大活躍間違いなしのアイテムです。

軽量なうえに設営が超簡単なので、とても気軽に持って行けてとにかく最高。

たろー
たろー
コットで使う蚊帳を探しているなら絶対におすすめですよ!
【レビュー】WAQ 2WAY フォールディングコットがコスパ最強!ヘリノックスとの違いも比較!【ブログ】コスパ最強のコット「WAQ 2WAY フォールディングコット」を超詳しくレビューします!ヘリノックスのコットワンコンバーチブルも所有しているので、そちらとも実際に比較をします。同じく高コスパで悩みがちなNaturehikeとの比較も!...
タープ泊の魅力や注意点、虫対策や冬に必要な装備など超詳しく解説します!キャンプのタープ泊についてどこよりも詳しく紹介します。タープ泊の魅力や注意点、虫対策や冬の防寒対策、タープ泊におすすめのタープや他のキャンプ道具など。これを読めばあなたもすぐにタープ泊デビュー!...
最高におしゃれで実用的なキャンプ用品おすすめ15選【インスタ映えもばっちり】
最高におしゃれで実用的なキャンプ用品おすすめ15選【インスタ映えもばっちり】 そんなあなたのために、おしゃれキャンパー御用達のおすすめキャンプ道具をまとめて紹介します。 僕も実際におしゃれキャンプを楽...
無骨でカッコいいおすすめの男前キャンプギア21選
無骨でカッコいいおすすめの男前キャンプギア21選無骨でカッコいいおすすめの男前キャンプギアをまとめて紹介します!カッコよさはもちろん実用性にもこだわった道具ばかりを厳選しました。せっかくならカッコよく決めてキャンプを楽しんじゃいましょう!...
ABOUT ME
アバター
たろー
平成元年生まれのキャンパー キャンプギアが大好き。 このブログでは、キャンプギアのレビューを中心にキャンプに関する情報を発信しています。 YouTube・SNSでもキャンプ情報を発信中。 おかげさまでInstagramのフォロワーは1万2千人を突破! レビュー依頼などは、お気軽に「お問い合わせ」かSNSのDMまでどうぞ。
こちらの記事もおすすめ